猫好き日韓夫婦の生活・周りの人々について書いてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒すぎるので。
12月に入って急に寒くなって来ました。。。


ヒートテック一枚だけでは耐えられないので


昨日からヒートテック二枚重ね生活を始めました。


それでも寒い。。


家から幼稚園まで歩いて15分。。


行きはなんとかなるけど、帰りは家に着く前に顔が凍り始めます。


size_size_20141113_090716.jpg
(にゃ子(娘)もこんなもこもこの格好。)


にゃ子はこんなもっこもこだし、歩いている時間も私の半分なので


1月の極寒の日々も大丈夫かなとは思うけど


問題は私。。。


ヒートテック三枚重ね、ヒートテックレギンス2枚重ねも視野に入れつつ


この冬を乗り越えたいです。




話は変わって。


にゃ子、先月からキッズベリーダンスというのに週2回通い始めました。


運動大好き、踊るの大好きなにゃ子なので


何かさせてあげたいなあと思っていたのと


冬は幼稚園の後、公園で遊んだりできなくなるので


公園で遊ぶかわりにここで楽しんでもらおうとダンス教室に申し込みました。
(本当はバレエがよかったのですが、バレエは行ける曜日、時間の教室が生徒さんがいっぱいだったので待機中。)


size_size_20141112_190313.jpg
(ベリーダンスの衣装を着てやる気満々のにゃ子。)


11月から通っていて1カ月経ったのですが


「今日はベリーダンスの教室あるの?」と毎日聞いてくるほど


ベリーダンスの教室が楽しくて仕方がないようで。


それと思っていたより運動になるみたいで


前からかなり体力あるほうでしたが


以前はある程度の距離を歩くと疲れて「抱っこしてえ~」となっていたのが


あまり言ってこなくなってきました。
(その代わり「ぎゅうして~」と言ってきてくれるので信号待ちしてる時などにハグしたり。親ばかですがこれが可愛くて。。)


あ、でもベリーダンスの教室が17時からと遅めなので


家に帰ってくる時間が18時半前になるのが唯一大変と言ったら大変なんですが。(寒いし)


でもにゃ子の喜ぶ顔が見たいので、しばらくはダンス教室に頑張って通いたいと思います。





おまけ。


タイトル 「兄さん。」


先週の土曜日、ある交番の前を歩いていたら


にゃ子がやたら興奮しながら交番の建物の方を指さすので見てみたら


交番の横にこんな看板&ブランコが。


size_size_20141129_145614.jpg


この、誰もが立ち止まらずにはいられない、ものすごいインパクト。


しかも、この看板の左上には


size_20141129_145614.jpg


「형아만 믿어 兄さんを信じろ(直訳:兄さんだけ信じて)」の文字が。


先月の市民農園の白菜に引き続きまたまたずっこけさせられた光景でした。。


韓国の市民農園での光景。
ブログには書いてませんでしたが


今年もソウル市が運営している市民農園を借りています。


春から夏にかけてはじゃがいも、なす、トマト、唐辛子等を育てていましたが


夏の終わりから秋にかけてはなんといってもこれです。


白菜。


もちろんキムチ漬けるためのです。


先週の土曜日、白菜を収穫しに行くと言うので


久しぶりに畑に行ったのですが(にゃん太郎(夫)は毎週末畑に行ってました。)


行ってずっこけました。


だって市民農園全体が白菜畑になっているんですもの。


size_size_20141115_134644.jpg
(本当はこれより広範囲に白菜畑が広がっていたのですが逆光になってしまうためそちらは撮れませんでした)


韓国は今まさにキムジャンといってキムチ作りの真っ最中なので


私達の周りの畑の白菜のほとんどが既に収穫済みでしたが。。。


それにしても市民農園が白菜で埋め尽くされているのを見て


韓国人のキムチに対する情熱を改めて感じたね。


大根とか他の野菜も結構あるのかなと思ってた私はまだまだ甘かったね。


この日はにゃん太郎母も畑にやってきて収穫を手伝ってくれ、
(この白菜+10個くらい更にお店で白菜を購入してキムチを漬けるそうな)


shuukaku.jpg


にゃ子(娘)も立派な働き手となり頑張ってくれました。


あ、私ですか。もちろん私はいつものように写真を撮るだけです。


あ、今回は白菜を縛っていたテープを回収するという仕事はしたんだった。


おわり。


さつまいも事件。
私は、住んでいるアパートのエレベーターで


同じアパートに住む住人に会ったら基本的に挨拶をするようにしています。


今日も途中の階から、飼い犬を連れたおばさんが一人、エレベーターに乗ってきたので


「あにょはせよー」と挨拶しました。


するとおばさんが一言。


「...さつまいも、買いませんか?」


え?でしょ。


もちろん、私の驚きは心の中にはしまっておけないので


韓国語でももちろん「え?」と聞きましたが。。


その私の問いに対し、おばさんはまたも「さつまいも、買いませんか?」と。


そのおばさんの誘いに犬を見ているふりをしながら、目線をはずし苦笑いで応える私。


するとおばさんは「家にさつまいもが一箱もあるんだけど...」とぶつぶつと私に聞こえるように独り言を始めたのです。


...韓国に来て電車の中でよもぎを売りつけられそうになったりしたことがありましたが


まさか同じアパートの住人にさつまいもを買わないかと交渉されるとは。


さつまいもありすぎて困っているなら


同じアパートの住人なんだし、「お譲りしましょうか。」ならまだわかる。


それを売りつけるって!!!


あ、別に頭に来たとかそんなんじゃなくて、おっもしろいな~韓国のおばさん!!!と改めて思っただけです。


今日はそのさつまいも事件を思い出すだけでニヤニヤ。楽しく過ごせました。


楽しかった日本と乱気流。
ソウルに戻って来ましたー。


1カ月以上家を離れてたからかキッチン用品の場所とか一瞬考えなければわからなくなってたわー。


老いなのか...それとも家を空けすぎてたのか...。




日本ね...とぉっっっっても楽しかったです。


田舎生活も満喫し


size_size_20140818_105634.jpg


おいしい食べ物も堪能し


size_size_20140803_121141.jpg



size_size_20140808_144715.jpg


友達にも会い、


姪っ子甥っ子とも遊び...


にゃん太郎(夫)には悪いですが満喫させてもらいました。


にゃん太郎はもし私がにゃ子(娘)と二人だけで大丈夫なら年末&正月も日本へ行っていいと言ってくれ


そうなると実に8年ぶりの年末年始inじゃぱん!!!


今までにゃん太郎なしで、にゃ子と二人だけで飛行機というのは何回かやっているので


じゃあ正月に日本行きますわと韓国に戻る前から意気揚々の私でしたが...


今回、韓国に戻ってくる時のフライトで乱気流による揺れ(しかもかなり長いこと続いた)にダウンし、


機内食を食するのはおろか、にゃ子のお世話も全くできず(というか横を見たら絶対即マーライオン)の状態で


離陸後約40分後から着陸時まで常に嘔吐用の紙袋を抱えての時間を過ごしたせいで
(なんとか吐かずに済みました。)


日本行き...若干躊躇しだしてます。。。


でもたぶん行っちゃうんだろうけど。。


しかし、我が夫にゃん太郎、あんな揺れてる飛行機の中でにゃ子の食事のヘルプ&


にゃ子が残した食事までにも手をつけてたけど、ある意味尊敬したね。


機内本の間違い探しなんかもにゃ子と一緒にしてたし。。。


というかにゃ子も酔いに強いのか??


にゃん太郎に似てて困っちゃうわあお母さん、的な部分多々あるにゃ子だけど(野性的なとことか、好奇心旺盛過ぎるとことか)


この点に関してはどんどんお父さんに似ていってほしいわあ。。





おまけ。


タイトル 「入りますよー。」


size_size_20140817_112448.jpg


夏野菜の中に居座るぽてと。



日本行って来ます。
明日から1ヶ月ほど日本行ってきます。


私はもちろんですけど、にゃ子(娘)が日本行きをそれはそれは楽しみにしています。


おばあちゃん、おじいちゃん、大好きな皆がいる日本ですからねえ。


そうそう、実家の猫、ぽてとに会うのも楽しみにしていて


「にゃ子、ぽーちゃんなでなでしてあげるんだあ~優しくしてあげるんだあ~」と言ってます。


そうそう、今日幼稚園のお友達の何人かがにゃ子がしばらく日本に行っちゃうということで


泣きながらハグしてくれたと先生から聞きました。


子供達、可愛過ぎる。。。そしてピュアだわ。


にゃ子のお友達の一人は夜、寝る前にどうしてもにゃ子と話をしたいと言って電話までかけてきてくれたし。


にゃ子、いいお友達に恵まれてよかったなあとしみじみ。。


幼稚園のお友達&先生にしばらく会えない分、日本での生活を満喫させてあげたいです。



護身術教室に行って来ました。
多文化家族支援センター(国際結婚の家庭をサポートしてくれるところ)で


護身術を受けてきました。


行った感想...思っていたよりずっとずっと面白かった。


護身術についてあまりよくわかっていなかったので


支援センターについたら合気道 護身術と、でかでかと書かれた垂れ幕が飾られていて


え?私、合気道すんのかい!?と一瞬焦りましたが


女性向けの護身術教室なのでそんなに派手な動きはなく
(最後の方は後ろからナイフ等で襲われた場合を想定しての動き(この動きは授業内容にはなかったけど、受講生から、こういう場合はどう対処したらいいか質問が出たので先生が教えてくれた)だったので相手を床に倒すような派手な動きだったけど)


なるほどなるほど~と関心するような動きが多かったのでとてもためになりました。
(5分休憩を挟んだものの2時間みっちりやった。技の数は10個くらい教えてもらいました。)


まあ、でも合気道と言っても韓国の合気道なので日本でいうそれとは違うみたいでしたけどね。
(今日教えてくれた韓国人の先生も日本と韓国の合気道は違うという話をしてました。そして合気道のルーツは韓国にある的な余計な話も熱弁してました。たぶん私ともう一人の日本人に一言言っておきたかったんだろうけど(教室が始まる前にその日本の方と久しぶりに会ったのもあってきゃあきゃあ日本語で話してたのがカンに触ったか?)、先生の自己紹介の後、5分位これ系の話で。。他の東南アジア系の女性達は口ぽっか~んですよ。話すのも早いし予備知識ないと何言ってるかわからなかったのではと。まあ、でも韓国では合気道教室には行ってはならぬという教訓を得られたのでよしとしよう。※先生個人はいい人で教室の後も親切に私の質問に答えてくれました。)


あ、話がそれたわ。


とにかく護身術のごの字をわかったようなわかってないような、ちらりとしか把握できてない状況ですが


このせっかく習った技達を試し披露したくてうずうずしてます。


あ、もちろん試す相手は、我が夫にゃん太郎です。


いざという時に自分の身を守れたらというのが教室に行った理由の1つですが


にゃん太郎にかけるために護身術教室に行ったというのも結構メインの理由です。


そしてにゃん太郎もそれをわかっています。
(今度支援センターの護身術の教室行くんだ~と言ったら俺に技をかける気だなとすぐ見抜かれた)


書いている今もどんどん忘れそうなので


早くにゃん太郎に技をかけ、日々試し練習し、少しでも身につけたいです。



病院通いの1カ月。
あー、やっと更新できるわ。また1カ月ブログ更新できないかと思ったわ。。


この1カ月何してたかというと


ほぼ毎日病院通ってました。


5月12日からですね、にゃ子の耳鼻科通院が始まり
(4月からにゃ子の鼻づまりが続いていたので一応どんな状態なのか見てもらおうと軽い気持ちで通い始めたのです。)


その後5月31日(土)まで、日曜日の休診日以外


毎日毎日幼稚園に行く前に朝、耳鼻科に寄り


鼻の中の消毒やら赤外線治療的なもの(?)を受けました。


そして3週間もかけての通院がやっと終わった5月31日の翌日、6月1日から


にゃ子、まさかの発熱。


6月1日が日曜日だったのでその日は病院へは行かなかったのですが、


翌日の6月2日からはまた病院通いの日々。
(幸い、月、水、木、土の4回の通院だけで済みましたが。。)


日曜の休診日と、先週の火曜日、金曜日以外本当に毎日病院行ってました。。。


あまりにも病院に行ってたものだから


にゃ子、今日から幼稚園に行けるというのに、


「お母さん、今日どこ行くの?病院?」って聞いてきましたからね。
(幸い、にゃ子は病院行くの好きなので、その点はよかったです。病院嫌いな子だったら大変だったろうなあ。。)


ああそうそう、今回はにゃん太郎(夫)もにゃ子とほぼ同時期扁桃腺でダウンしてました。


というかまだ彼は本調子ではないです。


なぜならにゃん太郎、ヤツは病気の時は安静に過ごすということができないからです。


にゃん太郎が喉の痛み&熱、だるさ等の症状を訴え、病院に行ったのは5月31日土曜日の朝なんですけど、
(滅多に風邪をひかない&病院に行かないので病院行ってくると言った時はさすがにしんどいのだなと思いました。)


あの人、その5月31日の夜10時頃、


自転車に乗ってEマート(大型スーパー)に行き、


自分の身長位ある観葉植物を購入し、自宅まで持ち帰った男ですからね。
(しかも自転車の荷台にその大型観葉植物を載せて、自転車を押して歩いて帰って来た。しかも家に帰って来たのは12時前。)


そして次の日は市民農園に行き、サンチュの収穫&大根の種まきをした男ですからね。


それで先週、にゃん太郎はずっと体調悪し、でも動きたし状態でちょこちょこ動いて


案の定、にゃ子より治りが遅かったんです。
(ピークの時の症状そのものはにゃ子の方がずっとぐったりしてたけど)


なのでこれに懲りて、少しはこの週末安静に過ごすかなと思ったんですけど


彼の俺はやるぜモードが一旦入ると扁桃腺もその他のもの諸々、何も見えなくなるようで


一昨日土曜日の夜はというと、いつものごとく彼は夜9時頃いつもの大型スーパーへと旅立ち、


今度は大型観葉植物を入れるための特大の鉢を買って帰って来ました。。(もちろん自転車で)


しかも鉢をものすごく重そうに持ち上げてリビングの方に来るので大丈夫かなと思いながら見てたら


鉢の中から、まさかのスイカ(←にゃん太郎の大好物。スーパーで一緒に買ったらしい。。)が出てくるサプライズ付きだったという。。。


この風邪、普段滅多に風邪をひかないにゃん太郎もかかってしまったものなので


にゃ子と常に一緒の私はもれなくこの症状をもらいましたが


病気にかかったら必要以上に安静にするタイプなので


今回はなんとかひどくならず気力で乗り越えることができました。


というか4月の膀胱炎があまりにもしんどすぎたので


これくらいならなんとか動けると思えたのがよかったみたいです。


普段は気力で乗り越えようと思っても乗り越えられなかったんですけどね。


あの膀胱炎がまさかこんなところに役に立つとは。。



韓国語の授業を嫌がる娘。
最近ちょっと困っていることがあります。


それはにゃ子(娘)が多文化家族支援センター(国際結婚の家庭を支援してくれるところ)で受けている


韓国語の授業に行くのを嫌がること。。


通常、2時半に幼稚園が終わるのですが


韓国語の授業が3時からなので授業がある日は2時にはにゃ子を幼稚園に迎えに行き、


バス&地下鉄を乗り継いで教室まで行かなければなりません。


バスも別に時刻表があるわけではなく、すぐ来る日もあれば延々15分近く待つ日もあったりで


とにかく早め早めに行動しなければならないのですが


ここ1カ月位、にゃ子を幼稚園から連れ出すのに10分から15分はかかるのです。


幼稚園の玄関まで先生と出てきたにゃ子に靴を履かせ、連れてくだけの作業にその時間です。。


靴を履くなんてものの1分もあればできるので


残りの時間はひたすらにゃ子への言い聞かせの時間です。


最近、幼稚園の友達と仲良くなってから


週に1、2回位、幼稚園の後お友達と遊んだり、時には一緒に晩御飯を食べたりと過ごしているのですが


にゃ子は毎日毎日お友達と遊べる&遊びたいと思っているのと、


韓国語の先生が怖いとのことで(←これがたぶん一番の理由)行きたがらないのです。。


韓国語の授業が始まって1カ月は教室にあるおもちゃで遊べる楽しさの方が勝って先生どうのこうのまで目が行ってなかったらしく。。
(安室奈美恵と後藤真希を足して2で割ったようなそれはそれはきれいな若い女の先生なんだけど(しかもナチュラル美人)、アンニュイ&ちょっと冷たい感じ&子供慣れしてない感じでお姉さんと言えば優しいというイメージしかなかったにゃ子は戸惑っている。しかし先生が怖いからにゃ子が授業を嫌がっているとはとてもじゃないけど先生本人には言えない。。。にゃ子曰く「目の中が怖いのぉ」らしい(笑))


お友達と遊ぶの、そりゃ楽しいよねえ...


韓国語の先生、実はお母さんもちょっと苦手なのよぉと心の中では思いつつも


せっかく申し込んでやっと3月から受けられることになって受けている授業だし、


にゃ子も行ったら行ったで授業の後半は楽しそうにしているので
(本当は先生とにゃ子1対1で遊ばなきゃいけないのですが、にゃ子がお母さんも入るのぉと必死な顔でお願いしてくるので私も教室に一緒に入ってます。)


私自身もにゃ子がこんなに嫌がっているなら思い切ってやめよう!と思ったこともありましたが


そのうち先生にも慣れ、授業の初めから楽しく遊べるかな...という気持ちも捨てきれず、やめずに通う日々です。
(前は別れ際の挨拶もできませんでした。今はさようなら~と挨拶できるし、先生の前でウサギの真似して帰ったりと、後半はいつも通りのにゃ子が出せるようになってきてたり。。)


あー、でも本当に言えるものなら言いたい。


先生(それと先生のやり方)が怖くて授業の前半こんなにぐずぐずなのです。。


本当はとっても愛嬌のある、明るくてとってもいい子なんですよと。。。


なんか...書いているうちに、先生もにゃ子も私も皆授業楽しめてないじゃないということを改めて思ったね。


何かのきっかけで授業の雰囲気がよくなればいいけどねー。。


ああ、悩みます。


変わってほしい。
さっきニュース見てびっくり。。



ソウルの地下鉄で追突事故。



旅客船沈没事故から2週間ちょっとしか経ってないこのタイミングで?



これで韓国の人も自分の国、自分達一人一人のいい加減さに、いい加減危機感を持ってくれるでしょうか...



そして現実的に、具体的に行動を起こしてくれるでしょうか...



韓国の人はね、何かを始めるって時の実行力はとってもあるんですよ。



ちょっと違うかもしれないですけど、地下鉄の乗車マナー。



日韓ワールドカップが開かれた2002年頃なんて



冗談ではなく整列乗車??それなんですか?状態で



地下鉄のドアが開いたら混んでいるいないも関係なく、



老若男女我先に、本能のまま人にぶつかりながら乗り込むなんて当たり前のことでした。



でもワールドカップが自分の国で開催されるということで韓国の政府、地下鉄もこのままでは韓国が世界に恥をさらすと思ったんでしょうね。



整列乗車を乗客に理解させるためホームにそれはわかりやす~く足跡マークをつけ
(しかも前後ろ三人分位。そこまでしないとホームでは並んで待っているということが理解できないから)



その後~現在はホームや電車内のモニターで電車内でのマナーをわかりやすい映像で常に流してきた成果もあって



今ではそんな風に我先にと乗り込んでくる人はかなり少ないです。
(おばさんとかでたまーに見る位。)



ついでにいうとソウルの地下鉄の多くはホームドアっていうんですかね?



線路と電車の間がガラスのドアで仕切られていて、転落等の心配もないし安心して利用できるのです。



転落事故が話題になった時に安全管理のためにすぐに設置され始め、



その設置率は日本と比べ物にならない率(私が見ている分にはほぼ100%設置されてる)、



そしてホームの下から天井までと完全にホームと線路を分離しているタイプが多いのもいい所だと思います。



あと、最近いいなと思うのは優先席意外にも1つの車両につき、7人分(たぶん)の席が



優先席用に使えるシートになっていて、それもいい所です。



あ、ソウルの地下鉄について語っていたら話が反れてしまった。。



というわけ(?)で何か始める!とか何か改善の必要がある!と思った時の韓国人の実行力&スピードは



日本とは比にならないほどです...が。



それは韓国人のこれ位なら大丈夫精神、何か問題が出たらその時はその時精神があっての



実行力&スピードでもあるというね、そもそもの問題にぶち当たっちゃうんですけど。。。



でもね、韓国、ここ最近ものすごく発展してるらしいじゃないですか。



「先進国」らしいじゃないですか。
(私が今まで接してきた韓国の人達は旅客船の事故以前も自分達の国を先進国とは言わず後進国と言ってたけど。というか先進国と言った人を見たことない。)



中身も、もうちょっとやれるんじゃないかなあと思うんですよ。この一連の事故をきっかけに。



とりあえず、交通機関の安全管理は必須&まずできることではないかと。



バス、タクシーの暴走運転の取り締まり、運転士への教育強化とか。



今みたいに道でバスが故障して立ち往生しているとか



乗客がまだ座ってないのに急発進するとか



乗用車とのカーチェイスとか



普通じゃありませんからっ!!



せめてその辺からでも頑張っておくれ。。。



道端にゴミ捨てないとか痰吐かないとかその他諸々も同時に、もれなくやってほしいのは山々だけどね。。。




韓国の旅客船沈没
韓国の旅客船沈没事故...。



水曜日の朝9時半頃にこの船が遭難、救助要請を出したという速報をネイバーのニュースを見た時は



まさかここまでの大惨事になるとは思っていませんでした。



でも、あの日は確かに朝からずっと霧が濃く、(そしてPM2.5の濃度もかなり高く)



100メートル先が薄っすら白んで見えるほどで。



にゃ子(娘)がその日、仁川の植物園にバス遠足に行ったのですが



娘を送って少ししてから空港鉄道に乗った時、



いつもなら電車の中からよく見える漢江(ソウル市内を流れる大きな川。空港鉄道は途中、この川の上を通ります)も全く見えず



漢江沿いの道路を走る車も電車の中からは近くを走っている車のライトがかろうじてわかるくらいに見えるくらいで



あまりにも視界が悪く、いつもと違う異様な天候だったので



バス遠足に行かせたもののその光景を見た時は心配で心配でたまらなくなったほどでした。



ソウルの西の方と、仁川、そしてその南の海の方が同じ状態だったのかはよくわからないのですが



もし同じだったとしたらこの旅客船の乗客の家族のうち誰かは私と同じように不安を感じつつも送り出したことと思います。



そして自分の大切な家族、友達が事故にあってしまって...。



しかもその悪天候だけが原因でこのような大惨事になってしまったわけでもなく...。



家族や友達を失った方々、事故に遭われた方々、



本来ならもっと生きられたのに生きられなかった方々の気持ちを思うと



本当に胸が痛いです。



プロフィール

gomosuke2

Author:gomosuke2
ごもすけ(日本人・女)…78年7月生まれ。
にゃん太郎(韓国人・男)…77年1月生まれ。
2002年知り合い、2007年2月結婚しました。
ソウルの端っこ、金浦空港の近くに住んでます。
暇さえあれば空港内をうろうろしてる夫婦です。
2010年8月7日、にゃ子(娘)が産まれました。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリー
最近の記事
国際結婚&猫ブログランキング

ぽちっと一発 (●`・ω・)⊃ 応援の猫パンチお願いします。

月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。