猫好き日韓夫婦の生活・周りの人々について書いてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不審者(?)に侵入されそうになるの巻
その事件(?)は昨日の夕方のこと。



普段ほとんど鳴ることのない我が家の玄関のチャイムが「ピンポォ~ン」と鳴りました。



家は基本的にいきなりの来客はありません。



いきなりの来客...というとアポ無し訪問が多いことで有名な韓国のシオモニ(姑)か!?と普通は思うのでしょうが



私のシオモニであるにゃん太郎(夫)母は以前、夜いきなり来て



風呂上りの真っ裸の私とにゃ子(娘)をそれはそれは驚かし、にゃ子を15分以上ギャン泣きさせる&その日の夜、夜泣きさせる(にゃ子は夜泣きしない子だった)、という事件を起こして以来



急に来られると困ります!!!と私が激怒したので(普通嫁はシオモニに怒らないけど(笑))



電話か携帯メッセージで連絡してから来ます。



なのでにゃん太郎母の訪問でもないし、宅配を頼んだ覚えもないし、



これは...下の階の人がとうとう家に苦情を言いに来たか!?と恐る恐る「どちらさまですか?」と言いながらインターホンのモニターを押して見たところ。。。



モニターに写っていたのは80歳位のよぼよぼの小刻みに揺れているおじいいさん



そして歯がほとんどないのか金さん銀さんの金さんのように歯をもぐもぐしている



色も浅黒く、服装もなんだからよろよろ。髪もぐしゃぐしゃの浮浪者のような雰囲気



しかも私の数回にわたる「どちらさまですか?」に全く反応しない



一瞬にして恐怖で私は固まりました。



そして色々な考えが頭の中を巡ります。



これは下の住人(下の階の住人及びマンションの住人とはエレベーター等で会ったら挨拶するので)では...ないぞ!!!



そしてどう見ても宅配のおじさんでもない!!!!(揺れてるし)



これは噂に聞く留守宅を狙った泥棒か?



しかしこのおじいさんはどうやってマンションのエントランス(カードキーがないと入って来られない)を入って来られたのか!?



そしてなぜたくさんある家の中、この日本人の娘っ子(←もうおばさんだけど...気分は)の家を選んで来たのか!?




などなど...体は恐怖で動きませんが頭の中は忙しく動きます。



恐怖に怯えながらも、一応インターホンには出たし留守じゃないってわかったから



帰ってくれるかなと少し楽観的な考えも持ち始めた頃、



なんとおじいさん、あんなに揺れているのに玄関のドアのノブをがしがしと動かして開けようとして来た!



そして玄関の電子ロックのボタンを押し始めた!



...もうこれは泥棒以外の何者でもない!!!!!!どうする私!!!



それまでは微妙に固まってましたが、手と足が震えて来ました。



でもこのまま開けられたらそれも怖い!ととりあえずドアガードをしたのですが



そのドアガードの音におじいさんが反応。さらにドアをがしがしやってくるのです。



もう、ドアを隔てた向こう側に不審者がいると思ったら怖くて怖くて。



なんとかリビングの壁にあるインターホンの前に立ちおじいさんの様子を観察。



しかし普通に立ってることはできず、インターホンの前をうろうろ、行ったり来たりしてました。



そしてあ、そうだ、こんな時こそマンションの警備員さんに頼めばいいんだ!と思い
(韓国のマンションは警備員がいる。その警備員もおじいさんに近いおじさんだけど。)



確か以前、にゃん太郎がこのインターホンを使って家の中から警備員さんと話してたなと思い



どう操作したらいいかよくわからなかったけど、一応押して見たところ警備員さんとの通話に成功。



状況を話したところ、すぐ来てくれるとのこと。



2分位して警備員さん「おじいさん、何をしてるんですか!?」と登場。



ドア越しでしか状況が分からなかったのですがおじいさん「いや...○○2号室が...」と言いながら



警備員さんを避けて階段を使って上の方に登っている模様。



しかし我が家はマンションの最上階の家。



階段を上がってもその上には家はありません。あるのは屋上だけ。



これは怪しい。怪しすぎる!警備員さんに何かあったらどうしよう?と思いながら聞き耳を立てていると



「おじいさん、とりあえず降りてきてください」という警備員さんの声が。



そして降りてきたおじいさんとしばらく話をしている。



どんな話をしているのか全てはわからなかったのですが
(ドア越しだし、おじいさんの会話だし、にゃ子が隣でずっと「誰?誰?」と聞いてきたので。)



「○○2号室なら下ですよー。」という会話の後、下の階に二人で下りていく足音、そして下の階の住人とおじいさんと警備員さんとが話す声が数分位した後、静かに。



あれ?結局何だったの!?不審者ではなくやはり下の階に用があったの!?そして警備員さんは帰ったの?と思いながら



びっくりしたねーとにゃ子と話をしてたところ、警備室から連絡が。



「下の階の家、○○2号室に○○を貼りに来たおじいさんでした。ちょっとぼけているおじいさんのしたことですからご理解ください。」



...もうね。一気に崩れたね。



不審者じゃなくて結果オーライなんだろうけど本当、寿命縮んだっつーの。



あのおじいさん、怪しさ満点だっつーの。



...韓国に住んでると面白いこともあるけど、しなくていい恐怖体験するわ。。。(市場で犬の肉とか揺れる歩道橋とか)






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。



スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

gomosuke2

Author:gomosuke2
ごもすけ(日本人・女)…78年7月生まれ。
にゃん太郎(韓国人・男)…77年1月生まれ。
2002年知り合い、2007年2月結婚しました。
ソウルの端っこ、金浦空港の近くに住んでます。
暇さえあれば空港内をうろうろしてる夫婦です。
2010年8月7日、にゃ子(娘)が産まれました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー
最近の記事
国際結婚&猫ブログランキング

ぽちっと一発 (●`・ω・)⊃ 応援の猫パンチお願いします。

月別アーカイブ

最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。