猫好き日韓夫婦の生活・周りの人々について書いてます。
モラン市場(犬肉市場)から救出されたわんこ、サラン。
月曜日、ブログを通して知り合ったYさんと梨泰院で会ってきました。



このYさんは都内在住の方ですが、20年ほど前から韓国と日本を行ったりきたりしている韓国通듰뜎



そして更には動物関連のとてもお忙しいお仕事の合間に韓国・日本において



犬猫の保護活動undefinedをされている方です。



年に数回は韓国を訪れてらっしゃるこのYさん、



今回は韓国で運命的な出会いをしたワンちゃんのサラン(愛)ちゃんを日本に連れて帰るために



日曜日に韓国にいらっしゃったとのことでした。



P091026002.jpg
(この子がそのサランちゃん。携帯のカメラで撮ったため、画質悪いです...。)



お口のところが受け口(Yさん談)で大人しくてとっても可愛いわんこちゃんです。



こんな大人しくて利口で可愛いサランちゃんですが



この子、実はあの犬肉市場としても有名なモラン市場



「食べてもよし、飼ってもよし」



と、お店の人に言われながら売られていたわんこなんです。



しかもお店の人はまだまだ小さな小さな子犬だったサランちゃんの



前足だけをむんずと掴み、持ち上げながらそんな話をしたそうです。



この話を聞いた時に私はもう悲しくて悲しくて...。



Yさんにお目にかかって10分も経っていませんでしたが



目の前にいるこのサランちゃんがそんな扱いを受けていて、



そしてそんな子達が今までたくさんいて、これからもいるんだと思うと涙が溢れてしまいました。



このモラン市場は先ほども書きましたが普通の市場の他に犬肉売り場がありますが
(加工された肉も並んでいるし、もちろん生きていてこれから食べられる犬も陳列されている)



その他に犬や猫などをペットとして売っているコーナーもあるそうです。



サランちゃんはその犬肉専門ではないスペースで売られていたみたいですけど
(犬は4万ウォンか5万ウォン、猫は5千位の値段。市内のペットショップに比べたら破格の値段。)



お店の人の動物に対するこの態度...。



市場のペット売り場の人全てがそうじゃないだろうと願いたいですが



少なからずこの市場には動物=商品、ただの物という考えしか持っていない人達が存在するのです。



あ...書いていてものすごくへこんでしまった...。



で、このサランちゃんとYさんがモラン市場で出会ったのが去年の12月。



Yさんはその間、サランちゃんをソウルの知り合いの家に預け日本に連れて帰る準備(検疫手続き等)を着々と進め



今回やっと一緒に帰れることになり
(Yさんは預けている間もサランちゃんに会いに何回もソウルに来ていたそうです。)



昨日、Yさんとサランちゃんは日本へと飛び立ちました。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



サランちゃんはこれからもYさんの、そして家族や周りの愛情をいっぱい受けて



今まで以上に幸せな生活を送っていくことでしょう。



サランちゃん、いつまでも元気に長生きするんだよ~。



sarang.jpg
      (Yさんの隣で大人しく座るサランちゃん。一応バイリンガルです。)






おまけ。



タイトル 「二匹のサラン。」



Yさんがサランちゃんを預けていたKさんは



サランちゃんが日本に行ってしまうのが寂しいみたいでこの子と一緒に暮らし始めたそうです。



P091026007.jpg
(白ポメのサランちゃん。私と目を合わせてくれない...。)



P091026009.jpg
(甘えん坊でずっとKさんの椅子の下にいた。)



sarang2.jpg
(Kさんの膝に乗せてもらえてご満悦の白ポメサラン。そしてそれを見つめるサランちゃん。)







 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




スポンサーサイト
この記事へのコメント
967. れい   URL  2009/10/29 18:18 [ 編集 ]
モラン市場...私も知ったときはショックで複雑で悲しくなりました(; ;)
じわじわ殺した方が美味しくなるそうで、棒で殴り続けたり、ロープでゆっくり絞め殺したりすると聞き...(>_<)

それで生活してる貧しい人達も沢山いるから、簡単にはなくならないだろうと...

牛や豚や魚も食べてる自分が、犬だけ擁護するのもどうかと思いますが、やりきれない思いです。。。

サランちゃんはいい人に出会えて、本当に良かったです!!!!!
いつまでも幸せに暮らしてね~(*^ ^*)

2代目のサランちゃんを見て、昔飼ってたポメの事を思い出しました♪

あ、でもワタクシ バリバリの猫派です~!
968. 烏亀MIMI   URL  2009/10/29 20:58 [ 編集 ]
時々おじゃまして読ませていただいてました
烏亀MIMIと申します。

動物好きの烏亀、この記事のタイトルにビックリ。
韓国料理が大好きで2度ほど旅行で行ったこと
がありますが市場で犬が食肉ように売ってるん
ですか? (ネコも?) 犬を食べるというのは
聞いたことあったんですが・・
実際売っているところ見るとかなりショックだと
思います。サランちゃん、いい人に巡り合えて
よかったですね!

烏亀は台湾にお嫁に来たのですが、
韓国と台湾の違いなんかをみつけながら、
フムフム、ここは台湾のほうがいいな、ここは
韓国のほうがいいなと思いながら読ませて
いただいてます。

またときどきおじゃまさせていただきます。



969. ごもすけ   URL  2009/10/29 22:10 [ 編集 ]
>れいさん

私もその方法を初めて聞いた時は驚きで声が出ませんでした。
これって本当に実際、そういう効果があるんでしょうかね。
あ、でもこういった市場ではそういう時間をかけて...という方法は取ってないみたいです。
ま、どちらにしろわんこ達は命を絶たれ続けているわけですが...。

「それで生活している人がいるんだから...」これって色々な場面で韓国の人よく言いますよね...。
でもそれを言ってちゃあ何にも始まらないよっていつも思っちゃいます。( ̄ω ̄)

Yさんは本当に動物を大切に思ってらっしゃる方で、
そんなYさんのところに行くことができたサランちゃんは強運の持ち主だと思います。
私もサランちゃんに「よかったね~」と何回言ってもいい足りないほどでした。

ポメ...可愛いですよね!
私も好きな犬種です。
散歩をしているポメを見るとついにやにやしてしまいます。
970. ごもすけ   URL  2009/10/29 22:29 [ 編集 ]
>烏亀MIMIさん

そうなんです...。
市場に食用の犬が集められ、加工され、売られています。
家の近くの普通の市場にも犬肉がたまに売られています。
スタミナがつくと言って韓国の年配の方に食されているそうです。

猫は犬のように食用肉として売られることはないそうですが、
漢方薬の材料として利用されることがあると聞きました。

家の近くの市場で加工済みの生肉を何回か見たことがありますが、
あれは動物好き、そして犬を食べる慣習の中で育っていなかった者としては
まともに見ることができる光景ではありません。

Yさんはあえてモラン市場に行かれた、動物愛に溢れ精神的に強い方だったから
なんとか耐えられたのでしょうが、私は今回Yさんから話を聞いただけでも
「相当の覚悟をしてでないと絶対行けない...」と思いましたし、ショックでした。

烏亀MIMIさんも同じアジア~な国にお嫁に行かれた方なんですね!
台湾と韓国って似たようなイメージでしたけど違う部分もきっとあるんでしょうね。
私の中で台湾の人は韓国の人よりにこやかというイメージがあります。
物腰が柔らかいというか。
行ったことがないのであくまでもイメージですが...。

またぜひ遊びにきてくださいね。
お待ちしております。
971. SOSのY   URL  2009/10/30 02:58 [ 編集 ]
ごもすけさん、携帯なのに素敵な写真になりましたね!最後の姉妹ショットは完璧!!!思い出の一枚となりました。

あれから、彼は前夜にナーバスになり口数も少なく、『今夜だけはサランと一緒に寝たい。。。』と。
私に慣らすために、いつも私と一緒に寝ていたのに。

動物嫌いだった嫁の変貌振りも、ただただビックリで
『オンニ、ちゃんと育ててね!!!!!』

彼の周りの人も『アンタなら安心かな・・・』

ミアナジマン、私の子ですが・・・まぁトンケ(雑種)がここまで愛されただけでも、ブランド好き韓国人に一石を投じたかな~(と自己満足)

飛行機でも大人しく、ウチのニャンズとも慣れつつ、散歩で犬仲間を作りつつあるサランです。
ただ日本は静か過ぎるかな、街も人も。賑やかな人に会うと喜んでます。バイク音に反応するのは切ないですが。

ごもすけさんの涙は綺麗でしたよ。そんな綺麗な気持ちで、動物と向き合いたいですよね。

次回訪韓は是非とも、猫ウォッチングしたいです。
サランの飛行機の心配もないので、来年早々に里帰りしようと思います。
弟分君に話したら喜んでましたから。

これから寒くなるので可哀想ですよね。そうそう、こちらのノラちゃん達は元気でいてくれ、一番気がかりでミレ(未来)と名付けた子が、初めてじっくり触らせてくれました。後追いされて、これまた切なかったです・・・

皆、幸せには出来ないジレンマばかり。
では又、お会いしたいです。

972. ごもすけ   URL  2009/10/30 19:08 [ 編集 ]
>Yさん

そうですかー、Kさん思ったより元気だなあと思っていたのですが
実は寂しくてしかたなかったのでしょうね。
動物嫌いの方までも変えてしまうなんてやはりわんちゃんの、サランちゃんの力はすごい!ですね。

ははは。一石を投じた、これすごくわかります。
トンケもサランちゃんのように賢いし愛らしい子がたくさんいますもんねー。
サランちゃんの果たした役割ってなかなか大きいかもしれない...。

やはり大人しくて賢いサランちゃん。
飛行機も日本でも大丈夫そうですね。
でも賑やかな街と人が好きって...やはり育った環境に影響されるんだなと思いました(笑)
サランちゃんにはこのままたくましく生きていってほしいです。

ミレちゃんに触れたんですね~。
Yさんにはやはり動物達をひきるける何かがあるのかしら...。うらやましい。

次回はサランちゃんも来られるかもしれないんですね。
Kさん指折り数えて待ってらっしゃるんだろうなあ。
お仕事にプライベートにお忙しいでしょうが、
また近いうちに時間を見つけてぜひ韓国にいらっしゃってくださいね。
お待ちしております。
1198.      2016/10/11 23:57 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

gomosuke2

Author:gomosuke2
ごもすけ(日本人・女)…78年7月生まれ。
にゃん太郎(韓国人・男)…77年1月生まれ。
2002年知り合い、2007年2月結婚しました。
ソウルの端っこ、金浦空港の近くに住んでます。
暇さえあれば空港内をうろうろしてる夫婦です。
2010年8月7日、にゃ子(娘)が産まれました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー
最近の記事
国際結婚&猫ブログランキング

ぽちっと一発 (●`・ω・)⊃ 応援の猫パンチお願いします。

月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター