猫好き日韓夫婦の生活・周りの人々について書いてます。
私の祖母
祖母が昨日亡くなったそうです。



転んで頭を打って亡くなってしまったそうです。



姉からのメールでさっき知りました。



今日がお通夜で明日が告別式だそうです。



メールを見て、すぐ実家に電話をしたら父が出て、



「秋に日本に帰って来る時にお線香あげてくれればいいよ。」



と言われました。



父は私に世話をかけまいと、変に明るく振舞っているように思えました。



うちの祖母は以前転んで足に怪我をして以来、杖をついて歩いていましたが、



それ以外は病気ひとつしたこともなく、本当に元気な人でした。



杖を突きながらも体は元気なので、時々畑仕事もしていました。



私が結婚して韓国に行くという話を私の母がした時、



祖母は少し反対したと聞きました。



でも私の考えを尊重してすぐに応援してくれました。



祖母は会う度に



「お婆ちゃん、今度皆に会う時まで頑張って生きてるから。」



と言っていました。



祖母は私たち姉妹が結婚する度に手紙を書いてくれました。



でも私の時は急に結婚が決まり、韓国行きが決まったので、



祖母の手紙が間に合いませんでした。



だから祖母は


「今度韓国から帰って来た時に手紙渡すからね。それまで頑張って生きてるからね。」



と何回も言ってくれました。



私はつい先日、日本に帰る大体の日程をにゃん太郎(夫)と話していて、



その時に祖母の手紙をもらうのを楽しみにしていました。



2週間位前には結婚式のアルバムもできていたので、それを持って祖母の家に行こうと思っていました。



でもそれができなくなりました。



せめてアルバムだけでも一緒に見たかったです。



今度日本に帰った時に祖母がいなくなっているだなんて



夢にも思いませんでした。



頭打った時ものすごく痛かっただろうな。



最後にどんなこと思ったのかな。



私のせいで祖母の孫が全員お葬式に揃うってことができないんだな。



そんなことを思うと、すごくすごく悲しいです。



おばあちゃん、お葬式に行けなくてごめんなさい。



天国に行っても元気なおばあちゃんでいてください。



スポンサーサイト
この記事へのコメント
5. aqua   URL  2007/07/06 12:06 [ 編集 ]
おばあ様のご冥福心よりお祈りいたします。
おばあ様には、こもすけさんのお気持ち届いていますよ、きっと。
こんなふうに、懐かしく語って差し上げること、ご供養になると思いますし・・・。
おばあ様の為にも、こもすけさん益々お幸せにお暮らし下さいませね・・・。
6. yossy   URL  2007/07/07 01:55 [ 編集 ]
読んでいて、私まで悲しくなって泣きそうになりました…。
お婆様のご冥福を心からお祈りいたします。

でもお婆様、今頃天国でごもすけさん達が元気で頑張っている姿を御覧になってると思いますよ。  私の祖母も、私がイギリス留学中に亡くなったんです。 やっぱり私もお葬式には行けませんでした。 地方に住んでる祖母だったので普段あまり会えなかったんですけど、留学前に1度会いに行く事が出来たのだけは幸いでした。

祖母が亡くなって数日後、イギリスで私のステイ先から全ての自転車が盗まれたんです。 「もう戻ってこないだろうな」 って諦めていたのに、何故か翌日、私のだけが戻ってきたんです!! その時、理屈無しに 「おばあちゃんだ!!」 ってピーンときました。 それから私、おばあちゃんは亡くなっても、ずっと天国から私達を見守ってくれてるって信じてます。 だから、ごもすけさんのお婆様も絶対に天国からごもすけさんの事を見守って応援してくれてると思いますよ。

今はお辛いでしょうけど、早く元気になってくださいね。 私もお婆様の為にお祈りさせて頂きます。
7. ごもすけ   URL  2007/07/07 10:35 [ 編集 ]
>aquaさん、Yossyさん

コメントどうもありがとうございます。

姉からも、ごもすけが韓国で元気に暮らしていることが祖母の一番の供養になると言われました。

さっき、姉からのメールで祖母の寝顔がなんとなく私に似ているというのを見て、また泣いてしまいました。しばらくは祖母のことを想って涙が出ることもあると思います。

でも祖母がいつでも見守っていてくれてると思えばなんだか心強いし、私も元気に生きていかなければ、と思えてきています。

お二人の言葉に本当に励まされました。本当にありがとうございます。頑張ります。
44. マミー   URL  2007/07/25 16:06 [ 編集 ]
私の父も転んで頭骸骨骨折で、即死状態だったといいます。67歳の誕生日を迎えた直後でした。元気でしたが、あっけなく、わずか2、3段の階段から落ちるのか未だ不明で、
お気持ちよくわかります。

きっと千の風ののって韓国へたびたび様子を見にいらして、見守ってくれている事でしょう。
あるブログの方のところにネコちゃんの「虹の橋」っていうのがあります、これは今度会えるという内容のサイトなんですが、きっとお会いできるでしょう。

くれぐれも今度ご実家へ帰られたら、気を落とさずに自分が韓国にいるからなどと自分をせめないよう、お参りしてくださいね。
58. ごもすけ   URL  2007/07/25 19:44 [ 編集 ]
>マミーさん

ほんと、人ってどんな時にどんなことが原因で死ぬかわからないなと思いました。

千の風に乗ってという歌、いいですよね。
知り合いのおばさんのオススメで何回か聴いたことがあります。
祖母が亡くなった話を聞いた直後は自分自身をせめたりしましたが、この歌を思い出すとこちらまで来てくれてるなと思えます。
どうもありがとうございます。
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://kannkokutonekoto.blog110.fc2.com/tb.php/14-2c2ece53
プロフィール

gomosuke2

Author:gomosuke2
ごもすけ(日本人・女)…78年7月生まれ。
にゃん太郎(韓国人・男)…77年1月生まれ。
2002年知り合い、2007年2月結婚しました。
ソウルの端っこ、金浦空港の近くに住んでます。
暇さえあれば空港内をうろうろしてる夫婦です。
2010年8月7日、にゃ子(娘)が産まれました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー
最近の記事
国際結婚&猫ブログランキング

ぽちっと一発 (●`・ω・)⊃ 応援の猫パンチお願いします。

月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター