猫好き日韓夫婦の生活・周りの人々について書いてます。
ノクセクオモニ(韓国の旗振り当番)の制服
先週、ノクセクオモニ(=緑のおかあさん。日本で言う緑のおばさん、旗振り当番。)の当番の日があり、行ってきました。



にゃ子(娘)の学校は一年生と二年生の保護者に一年に2、3回ほど当番の日がくるようです。



私の場合はにゃ子が名前の順でクラスで一番最後なので



2回だけ旗振りをすればいいのでかなりラッキーなほうです。
(同じ組のお母さんでも名前の順で早い子は6月だけでなく、極寒の季節、2月にもすることになっている。私は6月に2回だけ。)



そんなノクセクオモニですが



名前は日本と似たような感じですが(やることも一緒)日本ところがちょっとあります。



それはにゃ子の学校のノクセクオモニだけなのかわかりませんが



傍当番用の制服があるのです。



ぱっと見警察官のようなワイシャツ、ネクタイ、白い手袋を身につけ、



「スクールゾーン 30 徐行してください」というたすきを肩からかけ



「停止!STOP 子供が渡っています」という旗をを持ちます。



あ、それだけでなく、頭には警察官っぽい帽子も着用、
(6月からは暑い&日差しもあるので、韓国おばさん御用達の黒いサンバイザーを被ることになってて私もそれを被りました)



スカートや半ズボンは禁止、黒色のズボン着用と決まっています。



すごい装備でしょ。。。
(このくらいの格好をしてないと相手に威圧感を与えられないかららしい。なので制服も全てのものを全部ちゃんと身につけなければならないらしい。でないと舐められるんだそうな。。。)



そのため、ノクセクオモニになった保護者は学校に行き



旗振りの制服などが置いてある部屋にて
(8畳くらいの専用の部屋がある。ロッカーだけでなくテーブルも用意されている)



さきほど書いた制服に着替え、ちゃんと旗振りをしたかどうか確認するための名簿にチェックをし、



指定された場所で旗振りをするのです。



着替える部屋があると言っても旗振りに来る保護者が皆が皆お母さんではないので




完全に着替えるということはできず、
(たまにお父さんが旗振りに来る。でも男の人が旗振りをする場合はお父さん以外は認められてない。児童のおじいさん、おじなども駄目。)



この暑い中、Tシャツの上に警察官風のワイシャツを着込まなければならないのです。



上に2枚服を着、頭には帽子、手には白い手袋、下は黒いズボン。。



にゃ子のクラスは6月だったからよかったけど来月担当の保護者大変だろうなあ。。



ちなみに冬は冬でノクセクオモニ用のコートもあるし、雨の日用の合羽も用意されてます。



あと、ノクセクオモニにはですね、なんとアルバイトの制度があるのです。



ノクセクオモニの活動上、小さい子供を連れては来られないので



兄弟に小さな子供がいる家庭の保護者や



共働きの家庭、その他事情がある場合などは



二人ほどいる、ノクセクオモニのアルバイトに連絡を取り
(同じ小学校の保護者がアルバイトをしているらしい)



そのアルバイトの人の都合が合えば、代わりに旗振り当番をやってもらえるという制度があります。



なんて合理的なんでしょう。



で、先週、私も旗振り当番をしたのですが



先ほども書きましたがものすごい装備で旗振りをしているので



ドライバーの方が思っていたよりはこちらの指示を聞いてくれたり。。
(私が担当していたところが8時から9時までは車が通れないようになっている所なので車が来たら迂回するように指示を出さなければならない)



旗振り当番を終えて学校の近くを歩いていたら



子供を学校に送り届けてきたお父さん二人に学校の横の道、校門にてそれぞれすれ違ったのですが



お父さん二人ともわざわざ立ち止まって私の方を向き、



「アンニョンハシムニッカ!!(おはようございます!!)」と



軍隊ばりに、深くお辞儀をしながら挨拶していってくれたのです。。。



こんなイルボンアジュンマ(日本のおばさん)にこんな深々と挨拶してくれるなんて。。。



韓国での制服というか見た目の威力って思っていたよりすごいのねーと思った一件でした。。



スポンサーサイト
とうとう担任から携帯に直接連絡が来るように
前回、前々回のブログ記事で連絡帳について書いてきましたが。。



ここ最近連絡帳には全くもって何も書かれていません。



なぜなら...担任の先生の携帯(またはパソコン)から直接



私の携帯に文字メッセージが送られて来るから。



はじめ、担任の番号から私の携帯にメッセージが来ているのを発見した時は



私、何かやってしまったのか!?忘れ物でもさせちゃったのかな??



とドキドキハラハラ冷や汗かきました。



たぶん担任の先生が生徒一人ひとりの連絡帳にメモを貼るのが面倒になったのと
(最近までは翌日必要な持ち物等を箇条書きにした印刷物を一人一人の連絡帳に貼っていた)



連絡帳の内容について保護者からの問い合わせの電話が多かったから



いっそのこと保護者に携帯で送ってしまおうということで



携帯にメッセージを送って来るのかなと、私は予想しております。。



携帯に直接連絡があるからと言って



担任からの連絡事項がわかりやすくなったかというとそんなことは全くなく。



合理的でドライなにゃ子(娘)の担任の先生っぽい文章が送られてきます。



例えば



「黄砂マスクをポケットに入れて登校させるようにしてください。使い捨てマスクは意味ないです。」



「靴下、スニーカーを履かせて登校させてください。靴下を履かないで上履きを履かせると臭って他人に迷惑です」



などなど。



なんか。。。日本語に訳したからそんなに強めな感じではないけど、



韓国語の書き方がね、ちょっと強めなのと、あまりに簡潔な文がす多すぎて(上に書いた文はそうじゃないけど)



一体先生が求めている物は何なんだ!?と、途方にくれることも多々。。
(そして同じ組のお母さん達のグループトークのメッセージ数がとんでもないことになる。。)




それに、前回の飲むヨーグルト、前々回のおっとっとのような、なんでそれを使う??と思うような



「家族の絵を描くのに乾パン一袋使おうと思います。前もって準備してください」



などという、意図がわからないメッセージも来ます。
(乾パンに目と鼻、顔を描いて画用紙に貼り、体の部分は画用紙に直接ペンで描いてある作品をその後持って帰ってきました)



あと、教科書の内容も何?その活動?と私的にその活動の意味と意義がよくわからないものがあったりして



それも私を混乱させる要因になってます。



たとえばこの間、担任の先生から



「人物が載っている新聞や雑誌が必要です。その人物を切って家族写真を作ろうと思います」



というメッセージが来たんです。



その直前だったか直後に週末の宿題として家族の名前、好きな食べ物、年、家族の名称について書かれたプリントが出されていたので



ふむふむ、家族をテーマにしたことを学校で習っているのねーと一応把握はしていたんですけども。。



私、想像力が働かない、つまらない人間なんでしょうか、このメッセージとするだろう活動の意図することがわからなくて。



なぜに、新聞や雑誌にに載っている人の顔写真を画用紙に貼り、



それを家族に見立てて作品を作らなければならないのか、



家でお遊びでするならまだしも、家庭で新聞や雑誌を集めて学校に持たせ、



それを授業の時間にするほどのことだろうかと思ってしまってね。。



んで、一応家にある新聞から人物の写真を集めてにゃ子(娘)に持たせたのですが。。



新聞に写っている人物と言えば大体おじさん、おじいさん、おばさんが多く。



大量のおじさん、おじいさんの写真ときれいなお姉さん、おばさん系の写真を数枚、



子供の写真は2枚しかなかったのでとりあえずそれを持たせたところ、



にゃ子の家族写真は



にゃ子(20代の綺麗系お姉さん) お父さん(科学者のおじさんを切り取った物) 
日本のおじいちゃん(政治家か何か) 韓国のおじいちゃん(日本のおじいちゃん同様、政治家か何か)
お母さん(綺麗なマダム) いとこ(スポーツ選手の息子の写真)



を使ったもので(架空の家族を作るかと思ったら自分の家族に見立てて作品を作っていた)



日本、韓国それぞれのおばあちゃん不在という家族写真になってしまってました。



その後、教科書の内容を確認したところ
(学校に教科書は全て置いておく様に言われているので自宅用の教科書を3月に購入して家に置いてある。しかし最近は見てなかった。。)



教科書の、家族写真例として出ていた作品は



架空の家族を作る活動で



その作品の舞台は砂浜&海、



サングラス&スーツ姿のハラボジ(おじいさん)が海でサーフィンをし



「親切な」叔母が服を着たまま海から顔を出し、



砂浜では「音楽が好きな」叔母が日光浴をし(しかもたぶん西洋系のモデルの写真)



砂に埋められて喜んでいるいとこがいて



船に乗るハルモニ(服装は海なのにチマチョゴリ)、お父さん(船の上でなんか料理してる)、



お母さん(ありえないほど若くて綺麗なお母さん)、妹などがいる



とってもカオスな作品が載ってました。



想像力半端ないですね。



先生からのミッション(連絡事項)にあたふたすることのないよう、



教科書も常にチェックしなければと思った一件でした。。



プロフィール

gomosuke2

Author:gomosuke2
ごもすけ(日本人・女)…78年7月生まれ。
にゃん太郎(韓国人・男)…77年1月生まれ。
2002年知り合い、2007年2月結婚しました。
ソウルの端っこ、金浦空港の近くに住んでます。
暇さえあれば空港内をうろうろしてる夫婦です。
2010年8月7日、にゃ子(娘)が産まれました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー
最近の記事
国際結婚&猫ブログランキング

ぽちっと一発 (●`・ω・)⊃ 応援の猫パンチお願いします。

月別アーカイブ

最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター