猫好き日韓夫婦の生活・周りの人々について書いてます。
韓国のフードショー&スーパーの抽選会
先週末は寒い中野外に長くいることの多い週末でした。



まず土曜日はCOEXで行われていたフードショーをにゃん太郎(夫)と観に行ったのですが



帰りのバスがなかなか来なく、しかも間違って乗ってしまったりしたので



寒空の中、30分位バスを待ちました。



フードショーそのものはKINTEXのフードショーよりもらえる試供品の数が少なくて残念でしたが



今回も色々見たり、食べたりできたのでまあまあ面白かったです。



フードショーで見たもの。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



DSCF9882.jpg
(日本語で「マッコリ ~肌美人になろう~」と書かれているマッコリ。)



DSCF9880.jpg
(にんにくのマッコリもあるらしい...)



komewoneratte.jpg
(じゃんけんで盛り上がっていたブース。)



ちなみに今回ゲットしたものは乾パン、チョコパイ、スナック菓子、飲むヨーグルト



試食できたのはチュロス、チェリーパイなどでした。



にゃん太郎はもっといっぱい食べていたようでしたけどね...。( ̄ω ̄)
(彼はフードショーに行くとさらに生き生きとする。)




日曜日は...家の近くのにゃん太郎御用達スーパーで抽選会があり
(5,000ウォンの買い物に付き1枚の応募券が配られていて私達の結構応募していたのですがその抽選会がこの日でした。)



小雨の降る中、にゃん太郎と一緒に行ってきました。



このスーパーは今まで何回か私のブログに出てきたあのお店です。



わからない方のために少し書きますと



冷房を効かせすぎて夜、いきなり停電してしまったり



お客さんが商品のプチトマトを食べちゃったり



小学生きっずが店内まで自転車で乗り付けちゃったりしている




とってもとってもディープなあのお店です。



私は基本的にこのお店に休日行くのはあまり好きじゃないのですが
(人がものすごくたくさんいるから。そしてお店の人の(マイクの)声がうるさいから。)



この日は別です。



なぜならこの日の抽選会の商品が私達にはとっても魅力的だったんです...。



ちなみに今回の抽選会で当たったらもらえる賞品の数々。



○○マート賞 現金150万ウォン



1等   現金50万ウォン 



2等  現金10万ウォン



3等  牛の足の骨



4等 米20キロ



5等 イシモチの干物




以上です。



3等の牛の足の骨、5等のイシモチの干物がめちゃくちゃ韓国チック듰뜎ですよね。



米20キロより牛の足の骨の方が上ですからね。



あ、私達が狙っていたのはもちろんこの牛の骨やイシモチではなく現金でしたけど



他のお客さんもそれは一緒だったみたいで



私達が思っていた以上にたくさんの人がお店にやって来てました。



DSCF9902.jpg



すんごい人の数でしょ。



この時は雨が降っていなかったからまだ大丈夫でしたけど



抽選会の間、何度も雨が降ったりやんだりして



その場にいるだけでなかなかしんどい抽選会でした。
(私とにゃん太郎は傘を持っていなかったので私はコートのフード、にゃん太郎はマフラーを頭に巻いて見ていた。)


しかもこの雨のせいなのかなんなのかよくわかりませんが



当選した人の半分以上がその場にいなく、
(5等から順にお店の人が箱の中から応募券を一枚ずつ引いては当選者の名前を読み上げいるかどうか確認し、いたらその人に商品をあげ、いなかったら無効というシステムだった。)



その場にいない場合はまた再び箱の中から応募券を引き、



本人がいた場合はその人がちゃんと当選者本人なのか確認する...というのを繰り返していて
(箱の中から応募券をひいて、いるかいないかの作業をするのに一人につき数分かかっていた...。)



見ていて、そして待っていてとっ~ても「何そのぐだぐだ感は...」という感じの進行の仕方でした。



これは他の人も皆そう思っていたみたいで



抽選会の間、ずっと「早くしろよ!」「早くしてよ!!」という声があちらこちらから聞こえてきました。



しかし、私はじめて韓国のこういう抽選会に行ったのですが



このスーパーのお客さんだけがそうなのかなんなのかよくわかりませんが



ものすごく皆、欲望を前面に出しながら当選を待っていて



私はちょっとだけひいてしまいました。



はじめは150万ウォン当てて帰るぞ~と思っていましたけど



抽選会の会場の



当選者が不在時のみんなの拍手&笑顔
(当選者が不在で嬉しいかもしれないけど露骨すぎるよねえ。)


「(後ろの方まで)声がよく聞こえないんだよ!!!」と切れている韓国のおっさん&おばさん
(しかし、「聞こえないですか?」のお店の人の質問に「そうだよ!聞こえないよ!」と即答していたのには私もにゃん太郎も笑ってしまった。)


当選者をガン見する真剣な眼差し
(日本だったら見る人がいてもさりげなく見ると思う。)



という状況に「これは150万ウォンが当たったら恐ろしいことになる...」と思い



途中から米か10万ウォンで十分なので私を早くそして無事に家に帰らせてください...



と願ってしまったほどでした。



しかし、1つよかったのは私の前に抽選会の初めからずーっと



傘もなく、帽子もなく雨に打たれながら待っていた人の良さそうなおじいさんに



米20キロが当たったこと。



抽選会が始まってから1時間の間(つまり3等の米に行くまで1時間かかった。)



濡れながら抽選会の様子を見ているおじいさんがずっとずっと気になって私はそれとなく見ていたのですが



ある名前をお店の人が呼ぶと、おじいさんは「はい!!(います!!)」と力強く手を上げ



ステージの方に歩いてき、当選の手続きをしてもらってました。



これには私は思わず拍手。



私の近くにいた他の人もこういうおじいさんに当たってよかったと思ったのか



何人か拍手をしてくれてました。



やはり意地汚い心を少しでも持っていたら当たるものも当たらないってことよねえ。



ちなみに私達はどの商品も全くかすりもしませんでした。( ̄ω ̄)
(欲を持ちすぎたのね...ま、牛の骨当たっても困るけど。)



また抽選会があったら今度は私よりいくらか心の清いにゃん太郎に



一人で行ってもらうことにしよう。






おまけ。



タイトル 「つい座っちゃうの。」



新しい爪とぎを買ってもらったぽてとさん。



tumetogipotato.jpg



今まで家にあった木でできた爪とぎには見向きもしませんでしたが



この紙でできた爪とぎは気に入っているようで



爪をとがない時もよくこうやって座っているとのことです。



ぽてとの腹毛がすごいことになっているのは



たぶん実家がもうストーブを出さなければならないほど寒いからかしら...。



それとも毛が伸びたんじゃなくて肉が増しただけなのかしら...。



今度母に聞いてみよう。






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




スポンサーサイト
金浦空港近くの開発地区 麻谷(マゴク)
金浦空港の近くにはソウル最後の大規模未開発地域があります。



場所は金浦空港のほど近くの麻谷(マゴク)という地域。



地下鉄の最寄り駅は5号線の麻谷駅、9号線の麻谷ナル駅、
(ソウルの中心部から行くと麻谷駅の次の次が金浦空港。9号線の麻谷ナル駅はまだ使われていません。)



そしてまだ開通していませんが空港鉄道の駅も後々この地区に作られます。



ソウルの中心部から空港路という道を通って金浦空港に向かうと空港のすぐ手前に



田んぼや畑が広がるここは北海道かと思ってしまうようなエリアを目にすると思うのですが
(道はまっすぐだし、視界を遮る物がほぼないので。)



そこが大規模未開発地域、麻谷です。



ちなみに金浦空港へと続くこの空港路、特に麻谷エリアは



他の地区の空港路より特に真っ直ぐ、そしてとても道幅に余裕を持ってかなり広く作られているのですが



michi.jpg
(これが麻谷エリアの空港路。)



それには理由があります。



それは...戦争時、北朝鮮の攻撃によって金浦空港が使えなくなってしまった時に



この道を臨時の滑走路として使う
ためにこのように道幅も広く、そして真っ直ぐ作られているんだそうです。



まあ、今は平和(?)に韓国のバスやタクシー、その他の車などが



あんたもこのまま飛び立つんかいと思ってしまうほど



猛スピードで道を突っ走っているだけなのですがね。



さて、そんな麻谷地区。



ずっとずっと未開発地域のままで行くと思いきや...
(開発計画は出ていたけどずっと進んでいなかったらしい。)



このたびやっと開発に本腰を入れ始めたのでしょう。



麻谷の田んぼの真ん中にぽつんと、しかしこれまた立派な



麻谷広報館という建物を作りその一般公開が始まりました。



私はこの麻谷エリアに住んでいるわけではないですが



ここが開発されたら金浦空港同様、遊びに行くこと間違いなしなので



どんな風に開発されるのかわくわくどきどきしながらこの麻谷広報館に行って来ました。



DSCF9830.jpg
(これが麻谷広報館の建物。建物の外壁の大部分が太陽光発電の装置らしい。)



着いた途端、あまりにも人の気配がしないので



もしかしたら入れないんじゃないかと一瞬焦りましたが



ちゃんと入り口には受付の女の子、そしてソウルを象徴するキャラとして



最近至る所で見かけるヘチが迎えてくれました。



DSCF9855.jpg
(しかもこのヘチ、韓国お馴染み親指をぐっと立てるポーズをしてた。)



この広報館は1階が受付・映像室、2階が展示室になっていて




思っていたより色々な展示物が並んでいました。



DSCF9834.jpg
(麻谷の歴史についてまとめて展示しているコーナー。)



このコーナーには開発決定当時の麻谷地区の航空写真귺긞긵깓?긤긲?귽깑なんかも展示されていて



それもなかなか面白かったです。



DSCF9835.jpg



ちなみにこの航空写真の左上の方に見えるのが金浦空港



そして左上から右下に斜めに走っている道が空港路



つまり戦争時、臨時滑走路として使われるかもしれない道です。



んで、この麻谷地区がこんな風に開発されるという図面や模型も色々展示してありました。



DSCF9841.jpg



光で囲まれているところが麻谷地区ですが



一番奥の緑の光で囲まれているところがウォーターフロントが計画されているエリアで



公園、マリーナはもちろんコンベンションセンターまで作られる予定だそうです。



広い広い公園ができることに感激しましたが



それよりももっと感激したのはこの写真。



DSCF9837.jpg
(「住居団地 鳥瞰図」と書いてあります。)



韓国のマンションはほとんど似たり寄ったりなので



いくら便利で快適だと言う話を聞いていても今まで全く惹かれませんでしたが



このマンションは別です。



適度な高さのマンションの前にこんな思いっきり走れそうな(走らないけど(笑))広場があるなんて...。



韓国のマンションを見て初めてここに住みたいなと思いました。



住むなら広い一戸建ての家か高級ヴィラかというほぼ叶わないだろう夢ばかり見ていた私でしたが



しばらくはこの家に住むのを目標に頑張りたいと思います。



そうそう、2階の展示場には最先端未来都市についてのコーナーもあり



こんな自転車もどき귺긞긵깓?긤긲?귽깑に乗って



DSCF9845.jpg



未来の先端技術が使われた世界を見ることができるようになっていました。



で、3階は休憩室と展望台になっていると聞き、展望台に行ってみたのですが



これがこれが...かなりお金かかってます。



肉眼でも麻谷地区が見渡せるというのに



DSCF9848.jpg
(展望台から見た麻谷の北エリア。)



ちゃんと望遠鏡が2台も設置されていました。



しかもこの望遠鏡、遠く離れたところにあるマンションの部屋(というかベランダ)にいる人が見えてしまうんじゃないかというほど



ものすごくよく見えました。



DSCF9852.jpg
(すごくよく見えることに興奮し望遠鏡にかぶりついて見ている私。あ、でも私が興奮して見ていたのはマンションじゃなくて鳥とか飛行機です。)



この日は寒かったし閉館間際だったっていうのもありますが



私達の他に来ているのは2、3グループほどでとても静かでゆったりと見られました。



エコに力を入れているわりには暖房もガンガン効いているし



景色もいいので時間がある時にはまた遊びに来たいな~と思った麻谷広報館でした。



ちなみに麻谷広報館の観覧可能な時間は



平日は午前9時から午後6時、土日は午前10時から午後5時です。



5号線麻谷駅を出てすぐのところにあります。



ホームページ(韓国語)はこちら http://magok.i-sh.co.kr です。






おまけ。



タイトル 「鍛えられた肉球。」



前は庭の敷石の上を歩くのも嫌がっていたぽてとさん...



nobirupote isinoue



今では敷石の上で思いっきり伸びまでします。



長年の鍛錬でぽてとの肉球が鍛えられたのかしら...。






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




清渓川灯祭り&永豊文庫で見つけた本
11日から清渓川ではソウル灯祭りというのが行われています。



私はこういうイベントにはあまり興味がないのですが
(広い会場ならともかく、狭いところでやるイベントは移動するだけで疲れるので...)



開幕式のあった11日、たまたまにゃん太郎(夫)と清渓川の近くのお店で晩御飯を食べて帰る約束をしていたので



韓国のイベントの人ごみ見学=カオス見学がてら



食事の後、にゃん太郎と一緒に清渓川で行われている灯祭り、そして開幕式の様子を見に行きました。



DSCF9779.jpg
(開幕式を行っている広場の後方から撮った写真。)



この写真ではあまり人がいないし



カオスのカの字もないような整然とした雰囲気ですよね。



そりゃそうです。この会場はチケットを持っている人しか入れないんですもの。



会場の脇(歩道)はこんな感じでございました。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



maturi.jpg



人、人、人っす。



しかもこれでも会場からかなり離れたほうの歩道です。



ステージの横なんてもっと人でいっぱいで通るのも大変ですからね。
(開幕式が始まる前の6時半過ぎにもステージ横を通ったけどその時点でも人がいっぱいいて歩くのが大変でした。)



しかし、ソウル市のイベント、やはりお金かけてますわ。



狭い会場、その周辺に人が集まることによる混乱を回避するためか



このように귺긞긵깓?긤긲?귽깑



DSCF9797.jpg



これでもか!!というほど警察官(たぶん)を配備していて



開幕式を行っている会場周辺はちょっとした混乱が起きてましたが



それ以外の場所はちゃんと警備されてました。



DSCF9794.jpg
(何気なく清渓川の歩道を歩こうとするも制止させられるカップル。)



...この徹底ぶり...すごいです。



DSCF9783.jpg
(通行止めされていない橋でかろじて撮れた清渓川の様子)



この警備の厳しさと寒さにやられた私達は
(風が強くてものすごく寒かったんです。)



この後、すぐに永豊文庫(本屋)へと移動。(清渓川滞在時間…約10分)



するとうちのにゃん太郎がこんな素敵な本둋빒럻뼹귩볺쀍궢궲궘궬궠궋を見つけました。



DSCF9800.jpg



本格フィギュアスケート漫画깓?긛



『明日はキム ヨナ』
第1巻2巻でございます。



DSCF9801.jpg



ちなみに背表紙には



「リンクの上で繰り広げられる感動のドラマ。世界を驚かせた一人の少女の夢!」とか



「ドヨン、あなたは宝石よ...。友達としてあなたを応援するわ。必ず世界ランキング1位になって。」
(※ドヨン=主人公の女の子の名前。)



「誰も想像できない感動の瞬間がやってくる。世界1位に挑戦する韓国の妖精。」とか



私とにゃん太郎の心をくすぐる文章がたくさん書いてありました。궸궯궞귟걭걭걭궸궯궞귟걭걭걭긑긑긑



ちなみに値段は1冊9千ウォン。



韓国の本としてはちょっとお高めですが



キムヨナ人気の韓国ではこんな強気の値段でもきっと売れるんでしょうね。



終わり。







おまけ。



永豊文庫の日本書籍コーナーには



他の書店に比べて猫の本がいっぱい、そして目立つ場所にあります。



DSCF9802.jpg




DSCF9804.jpg



店員さんの中に猫好きの方がきっといるはず...。궺궞갃







 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




プロフィール

gomosuke2

Author:gomosuke2
ごもすけ(日本人・女)…78年7月生まれ。
にゃん太郎(韓国人・男)…77年1月生まれ。
2002年知り合い、2007年2月結婚しました。
ソウルの端っこ、金浦空港の近くに住んでます。
暇さえあれば空港内をうろうろしてる夫婦です。
2010年8月7日、にゃ子(娘)が産まれました。

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー
最近の記事
国際結婚&猫ブログランキング

ぽちっと一発 (●`・ω・)⊃ 応援の猫パンチお願いします。

月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター