猫好き日韓夫婦の生活・周りの人々について書いてます。
韓国版デトロイト・メタル・シティ&韓国の熱狂的ファン。
数ヶ月前からDMCにはまっている私とにゃん太郎(夫)。



日本滞在中に映画の予告を見て以来さらにはまり



毎日暇さえあればDMCの話で熱く盛り上がっています。



にゃん太郎は実は会社のパソコンの壁紙もクラウザーさんにしようとしたそうですけど



いくらなんでも会社でクラウザーさんはにゃん太郎の部長も黙っちゃいないだろうとことで断念したみたいです。



でもにゃん太郎はそこで終わらない男です。



最近知ったのですがこちら韓国でもDMCが韓国語に訳されて出版されているんですけど



にゃん太郎さん、そのことを知ってすぐ会社の後輩(以前私に電話で「エヴァンゲリオン好きです~。」と言った彼。腰の低いいいやつっす。)



「これが今日本で人気がある漫画ニダよ。(・ω・)」と言って



仕事中に映画の予告を見せ、



漫画も売ってるから、次はこれを見るようにとの指示を出し、



予告を見て、にゃん太郎の話を聞いた後輩もちゃんと携帯のメモ欄に「DMC」とメモをとってくれたそうです。



後輩は結構お坊ちゃまっぽい感じの子なのであの強烈な笑いの世界を受け入れてくれるかどうかちと心配ですけど



DMCの韓国語版を見たら



日本語に比べたらそんなにすごい言葉が出てきていないので(でも「メス豚」とかはちゃんと訳してある。)



まあ、大丈夫だろうと思います。



まだ途中までしか読んでいないのですけど、



日本語版DMCと韓国語版DMCの微妙な違いを見つけたのでそれを書きます。




微妙な違いその1。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



日本では「クラウザーさん」ですが



韓国ではクラウザーさんは「クルラウジョーさん」になっています...。




微妙な違いその2。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



ファーストシングル「SATSUGAI」は



韓国版では「殺害」の韓国語である、「SALHAE(サレ)」になっています...。




微妙な違いその3。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



牛を手なずける時のかけ声ですが



日本版では「べぇ~べぇ~」でしたが



韓国版では「うぉ~うぉ~」でした。



皆さん、もし韓国で牛を見かけたらぜひ「うぉ~うぉ~」と声をかけてみてください。



獰猛な韓国牛もこれで手なずけられるはず...ニダよ。( ̄∀ ̄)





日本の映画の話がちこっと出てきたついでに



最後に、週末見た、日本の映画のDVDのおまけについて書こうと思います。



この週末、にゃん太郎が会社の図書館で映画「ヒーロー」のDVDを借りてきてくれました。



で、本編が見終わって、じゃあDVDのおまけについている映像を見ようかということになり



おまけ映像の一つである、「(木村拓哉)韓国国内ファンミーティング」というのを見てみました。



「木村拓哉が韓国ファンとどんなふれあいをしたのかしら??(´・ω・`)」と思いながら見たんですけど



実際はただ単に木村拓哉が空港に着く前&着いた時のファンの騒ぎ様を収めた映像でした。



でもさすがDVDのおまけだけあって、とっても面白いものを見ることができました。



それは韓国のファンが持っていた、日本語で書かれた木村拓哉へのメッセージ



それはファン一人一人が1つのひらがな(または漢字)の紙を持っていて



その紙全てををつなげるとメッセージが完成するという結構凝ったものだったんですけど



そのメッセージの内容がちょっとうけたので書いておきます。



これがそのメッセージ귺긞긵깓?긤긲?귽깑





木村拓哉、私じゃだめか둋빒럻뼹귩볺쀍궢궲궘궬궠궋





熱狂的でとっても強そうな韓国ファンの方達がこんな紙を持って真剣にキャーキャー言っていたので



悪いと思いましたが、にゃん太郎と二人笑ってしまいました...(´ω`)







おまけ。



今回、日本土産の一つとして姉が「梅ちゃんとぽてとちゃん」という



うちの猫達の小さな写真集を作ってくれました。



こちらがその表紙です。



DSCF7183.jpg



写真集の中には25枚位梅ぽての写真が入っています。



この写真귺긞긵깓?긤긲?귽깑はその中でも一番好きな梅ちゃんの写真です。



DSCF7177.jpg
(姉のお友達が作ってくれたまたたびいりおもちゃで豪快に遊ぶ梅。)




ぽてとの写真はこれ귺긞긵깓?긤긲?귽깑が一番好きです。



DSCF7179.jpg
(おとなしく爪を切られるぽてとさん。)



この写真集のおかげでパソコンをつけなくてもすぐに梅ぽてが見られるようになりました。(´ω`)






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




スポンサーサイト
日本帰りの嫁に優しい夫。
昨日、日本から韓国듰뜎に戻って来ました。(・∀・)



今回、行きの飛行機は機内食や飲み物を運ぶカート(?)も使えないほどを揺れに揺れ



にゃん太郎(夫)にも「ごもすけは飛行機運がないのかもな。」と言われたりしましたが



帰りの飛行機は韓国上空で雲が多かったにもかかわらず



少しも揺れず、久しぶりに飛行機に乗っていて怖いと思うことがほとんどないフライトでした。



ここ最近、飛行機に乗る前日&当日と、飛行機に乗る恐怖でお腹がゆるくなったりしていたんですけど、
(なので空港では余裕のあるトイレタイムが必須。昨日も乗る前に2回ほど行きました。)



今回のフライトをきっかけに私の飛行機嫌い、そしてお腹のゆるゆるもよくなればいいです...。(´ω`)






話はちょっと変わって。



昨日から、にゃん太郎(夫)は日本帰りの私にとっても優しいです。



昨日は金浦空港からそのまま我が家ではなく



にゃん太郎母宅に単独で「ただいま帰って参りました。」挨拶をしに行った嫁の私のために
(でもにゃん太郎母は留守でいなかった...。にゃん太郎命令とはいえ、慣れないことはするもんじゃないニダね。)



会社帰りにケーキcakeを買ってきれくれたり
(にゃん太郎母に会えなかった上に、近所の人にじろじろ見られてなんか言われたとぶーぶー文句言ってたらケーキ買ってくれることになった。( ̄∀ ̄) )



朝ごはん用のチョングクチャン(韓国の納豆のスープみたいなの)を作ってくれたり



お米をといでくれたりと



数日後のにゃん太郎(の厳しさ)を思うと「今のその優しさが怖いニダね...」と思ってしまうほど



至れり尽くせり、なんでもしてくれているのです。



今日もお昼過ぎに「韓国生活どうですか?(・ω・)」という訳のわからない電話が来たし、



今日あるはずだったアルバイトがなくなったという話をしても



「そうなんだ。」ですんなり終わったし...
(いつもはまりいい顔しないです。アルバイトないと私がだらけるのをよく知っているので。)



この優しさ...しばらく続いてほしいなあ...にゃん太郎。




あ、そうそう。にゃん太郎の優しさにも驚きましたが



昨日は2つ、韓国に戻って来てびっくりしたことがありました。



まず1つ目。



にゃん太郎が近所の野良猫とかなり仲良くなっていたこと。



私たちは夜家の近くの中学校の周りを散歩するのですが



以前はその動物的オーラで猫に逃げられることが多かったにゃん太郎さん、



今では猫ちゃんがにゃん太郎を見つけて後を付いてくるようになったんです!!



しかもにゃん太郎が猫から50センチ位の至近距離に寄っても逃げないし...。



今まで猫に関してはすべて私に完敗だったにゃん太郎、



「俺は猫づかいだ」と、とても自慢げに話していました。




びっくりしたこと2つ目。



無事家に着いたことを日本の家族に電話で知らせようと



パソコンをつけたところ...



パソコンの壁紙귺긞긵깓?긤긲?귽깑



ウルルン島という韓国の島の写真から
(にゃん太郎が一人旅に行った時に撮った港の写真)



なんと




デトロイト・メタル・シティのクラウザーさん



ワイン片手に黒い革張りのソファーに座っている写真




になっていました。
(ちなみに壁紙はこちら。映画デトロイト・メタル・シティのホームページはこちら。)



パソコンをつけたらクラウザーさんとは...



にゃん太郎、やる時はやるじゃない...と思った一件でございました。( ̄∀ ̄)






おまけ。



(今回撮った写真はまだパソコンに入れていないのでこれは今までの写真です。)



梅は相変わらずふっわふわ。귺긞긵깓?긤긲?귽깑


sucoume1.jpg



ぽてとも元気に走り回っていました。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



potekojump.jpg



食事の時は右に梅ちゃん、左にぽてとと、2匹に挟まれて食べました...(´ω`)






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。



お墓参り&道端で見た韓国カップル
いきなりですが今日から日本に行きます。(・∀・)
(私は24日まで、にゃん太郎(夫)は16日まで)



あれ...3ヶ月前も日本行ったじゃないニダか...という声が聞こえてきそうですが



今回は私もにゃん太郎も日本でしなければならない用事がありまして...



連休を利用して「ちょっくら行ってくっかー!!(´∀`)(`∀´)」ということになったのです。



もう、先週から私の心は踊りに躍っております。( ̄∀ ̄)



だってただ単に日本に行くってだけでもテンション上がるのに



今回は嫁の能力が問われる、あの過酷な秋夕(チュソク)への参加が免除なんですよぉっ!!
(家の場合はそんなに大変じゃないんだけど、私はとっても駄目嫁なので他のできる先輩嫁に囲まれながらの作業はちと辛い。)




この開放感...。




この爽快感...。




ああ...自由둋빒럻뼹귩볺쀍궢궲궘궬궠궋って素晴らしい。( ̄∀ ̄)




私不在の秋夕を過ごすにゃん太郎一族の他の嫁(2人)の顔を想像すると



やはり申し訳なくもあり...



ちこっと恐ろしくもあるのですがね...



でもお姉さま達、すみません...



私、じゃぱ~んをエンジョイしてきちゃいますニダっ。(о`∀´о)





귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑





秋夕にお墓参りできないということで、



先々週の週末はにゃん太郎のお祖父さん、お祖母さん、にゃん太郎のお父さんのお墓がある、



広州へ一足早くお墓参りに行って来ました。



お墓の写真を載せるのはどうかと思いましたがにゃん太郎がいいと言ったので載せちゃいます。



まずはじめ。山の斜面にずら~っと並ぶお墓。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



DSCF6894.jpg




山の中にお墓があるのでお墓の近くまでは車で、



降りてからも急な階段を使ってお墓まで行かなければなりません。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



DSCF6903.jpg
(一生懸命階段を降りるにゃん太郎母。)



にゃん太郎のお父さんのお墓も他の韓国のお墓同様とっても見晴らしのいいところにあります。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



DSCF6912.jpg



にゃん太郎一族は一応キリスト教徒なので



お墓参りはお墓の掃除(主に草むしり)&賛美歌を歌うくらいでとっても早く終わります。



今回は9月と言ってもまだ草がいっぱいあって大変かなと思ったんですけど、



草むしりも霊園の人達が秋夕前とういことで



草刈機で刈っておいてくれたのでとても楽に済みました。



でも霊園の人の草の刈り方が豪快すぎて



お墓の前に植えておいたつつじがなぜか隣のお墓の植木の上にどかっと乗っていた
(枯れたつつじを根元から勢いよく切ったら隣の植木に乗っちゃったと思われる。そしてそのまま放置。)



親戚が以前持ってきてくれた造花までも見事に刈り取られ



にゃん太郎父のお墓のみならず両隣のお墓までその残骸がこれでもかというくらい散らばっていたりと



「さすが韓国。やることがダイナミック~」と改めて思ったお墓参りでした。



終わり。







おまけ。



FC2ブログの調子が悪いのか写真をいくらアップロードしても失敗するので



今回は猫の写真はなしです。



その代わり私とにゃん太郎が最近した、韓国ちっく体験について書こうと思います。



韓国ちっく体験。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



私達の家の近くの路地に新しく電灯뱾밺땯が1つ、つけられたんです。



でもその電灯、他の電灯に比べてめちゃくちゃ明るく



しかも電灯の位置が私の頭のすぐ上にあるくらい低くつけてあるので



もんのすごく眩しく、辺り一体を煌々と照らしています。



例えて言うなら刑務所の見張りの光がなぜか路地に出現しちゃったという感じでしょうか...



でもこの間、この夜の暗闇を昼間に変える光の下で



とても面白い光景を見ました。



それはまるで韓国ドラマをそのまま再現したかのような



韓国カップルの抱擁シーン。



初めは「あ、また韓国カップルが道で喧嘩してるよ~。」というくらいだったんです。



でもしばらくしたら女は「もういい」という感じで勝手に先に歩いて行こうとしました。



それを見た男は必死に女の前に立ちはだかり...



女が立ち止まると男はゆっくりと女の肩を抱きしめ...つまり抱擁をし始めたんです~!!



さきほどは刑務所の光のようだと例えましたが



この時はまるで2人のためのライトといいますでしょうか...



あんた達、もしかして2人でドラマの撮影してんの??というように



刑務所の光がドラマの撮影時の照明に変わっていました。



韓国カップルが道端で喧嘩をしているのはよく見かけますがね...



喧嘩してると周りのことなんてどうでもよくなっちゃうのか、



それとも人がたくさん通る(しかも今回は照明付き)場所で喧嘩をすることに



そもそも恥ずかしさを感じないのか...



2人はその後も抱きしめあっておりました。



私とにゃん太郎はそのカップルの脇を通らなければ家に帰れなかったので



お邪魔して悪いニダね~と思いながらもその横を通ったんです。



そしたら!!



男が首にしていたMP3のイヤホンから





「ちゃららら~ん깓?긛





韓国ドラマでよく使われるような、ロマンティックバラードが流れておりました。( ̄∀ ̄)



初めは普通に横を通り過ぎようと思っていましたが



その音楽が聞こえてきたので思わず振り返って2人を見てしまいました...



でも2人は相変わらず



あの強烈な光の中、



あのロマンティック音楽の中



真剣な顔をして抱き合っていましたとさ...( ̄ω ̄)







 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




私の新たな天敵。
私の天敵と言えばにゃん太郎(夫)の会社の同僚、しゃくれでしたが...



このたびそのしゃくれを上回る天敵が現れました。



その天敵とは...



にゃん太郎の会社の課長。( `∀´ ) (あ...なんか似てる。)



それは火曜日の夜のことです。



最近、にゃん太郎の会社の部長が変わったんですけど



その部長が暇さえあればにゃん太郎に「奥さんを紹介しろ。」と言って来てしかたないってことで
(部長さん以外の人は私に何回か会っていて知っているのに自分は見たことがないので気になってしょうがなかったのでしょう。)



嫌々ながらもその夜、にゃん太郎の部署の飲み会に私も行ったんです。
(にゃん太郎から何回も「お願い。」と頼まれたし...。(最後は半ば泣き落とし...))



会社の人は「部長の(我がままの)ためにわざわざ来てくれてありがとう。」



飲み会のお店に着いた私を笑顔でそしてなぜか拍手で迎えてくれたり、



私の好きなパジョンを注文しておいてくれたりししゃも好きの私のために他のお店から持ってきてくれたりと、とっても歓迎してくれて



私も「皆気を使ってくれて...ホント、いい人達だよなあ...」と思いつつ



新しい部長さんにもきちんとご挨拶して、楽しくお話をしたり、お料理を食べたりしていたんです。



そして私がその飲み会のお店に着いてから約10分後



私の目の前に座っていたはずの部長がトイレに行ったかで席をはずしたなと思っていたら



目の前に課長が座って私に何か話したそうにしているんです。



この課長は私達の結婚式に来てくれたし、会社の飲み会や、他のパーティーなどで結構たくさん会っている人だったので



私も「こんばんは~。ご無沙汰してます。」と笑顔で挨拶したんです。



それに対して課長は「お元気ですかぁ??」と日本語で挨拶。



私もちゃんと「はい。元気ですよ。(・∀・)」と答えてあげました。



......そこまではよかったんです。



でもその後、その課長いきなりこんなこと言ったんです。




「独島(竹島)の領有権について私のオピニオンはオブジェクションだ。」と...
(この部長は私が韓国語を普通に聞き取れるというのをいつも忘れてなんちゃって英語と韓国語(たまに日本語)を混ぜて話します...聞いていて疲れる。)




......はい、来ました。島関係。( ̄Д ̄)




あまりの不意打ちな攻撃に私、1,2秒かたまってしまいました。



でも固まる私を前に課長は話を続けます。



「日本は最近右翼的な考えをする。日本は軍国主義化してきている。」と。



私は、「来た来た~。日本に行ったことも、日本のニュースをちゃんと見たことや日本人から直接話を聞いたこともないくせに、



(韓国国内の言論をそのまま100%鵜呑みにして)勝手にそうだと信じて決め付けちゃってるもんね発言が~。」と思いながらも



「そんなことないです。普通の日本人はそういう問題について興味がない人が多いですよ。」と言って一応答えてあげましたが



課長は聞く耳を持ちません。(というか初めから私の意見なんか聞く気ないんだろうけど。)



その後もずっと島関係の話を私にするんです。



この時私は「一体日本人の小娘の私にどうしろって言うのよ...。」とか



「なんで私は夫の会社の飲み会に来ただけなのにこんなことを言われなきゃいけないんだろう...。」とか思ったら



とてもとても悲しく、悔しくなってしまって...あともう少しで涙が流れ出てしまうところでした。



でも私と課長、そしてにゃん太郎以外の人達が私がいきなり泣き出すのを見たらびっくりするだろうし



せっかく盛り上がっていた(開始早々の)飲み会の雰囲気が悪くなると思って



私は泣きそうになっているのを気づかれないように、下を向きながら課長の話が終わるのを待っていました。



幸い、課長は私が下を向いて泣きそうになっているのに気がついたからなのか



私が全然反応しないのをつまらないと思ったのかわかりませんが



島の話はすぐやめましたが次にまたこんな話をしてきたんです。



「子供はまだか??いつ産むんだ??」と...。



このテの質問はしょっちゅうされるので普通にスルーできるのですが



課長は続けてこんなこと言いました。



「うちの子供たちはとっても国際的だ。(英語で教えるテコンドー教室に通っている(だけ)らしいけど。)



「そこに韓国人と結婚したインドの女性がいるけど母親が外国人だとやっぱり大変だ。」
(上にもこの課長が私が全然何も知らないと思っていると書きましたが、このインド女性の話をする時も「インド知ってる??」と「当然知ってるに決まってるでしょ!!」という話をされかなりむかつきました。日本にもいると思うけど、時々外国人を子供扱いする人がいるから困る。)



ここで終われば「は~。あなたの子供自慢と最近ちょっと見聞きした(だけの)国際結婚の家庭についてとやかく言いたいだけなのね~。」と思って



はいはいわかりました~。と流すことができましたけど



やはりこれだけでは終わりませんでした。



(`∀´)「外国人だからと言っても母親は韓国語を使って、韓国式に生活して子供に接しなければならない。」



(`∀´)「いつも日本語ばかり話しているから駄目なんだ。(にゃん太郎の方を向いて)お前もいつも日本語ばかり使って。お前は日本人みたいだ。」
(これってにゃん太郎に対してかなり失礼な言葉だと思う...。)



(`∀´)「だから(?)日本人は駄目なんだ。(私に向かって)いつも家にばかりいるから韓国の文化を知らないんだ。」




そして最後には...



(`∀´)「「チョアハダ(好き)」って日本語で何て言うんだ??「すき」??そうだったけか??まあとにかく、 」



(`∀´)「...ワタシハ ニホンヲ スキ アリマセン」
     「ニホンジンヲ スキ アリマセン」





おいおい......こんな小娘相手にそこまで言うかい......( ̄ω ̄)





この発言にまた涙が出そうになったのですが



先ほども書いたように「ここで泣いたらあかん。」と思って(でもちょっと涙目だったと思う。)



「あ、課長さん。スキじゃなくてキライですよ。「私は嫌いじゃありません。」ですよ。」と教えて



課長に「ニホン キライ アリマセン。」と最後に言わせることに成功しました。けけけ。



それにしても課長さんよ...



あなた私達の結婚式来たよね??



その時、私の父が「国際結婚で大変だと思うけど、お互いに尊重し合いながら生活していくように。」



って言ってたのよ。



今現在韓国に住んでいるから私も韓国風にできるところは私なりに努力してやっていますけど



にゃん太郎も私も家の両親も私が韓国人になることは望んでいません。



「韓国人になれ。」だなんて私の両親が聞いたら卒倒するよ。
(特に母親は韓国に嫁に行った(頑張りながらも色々苦労している)日本の女性達を特集している番組を見てからかなり心配しています。姉曰く、その番組を見た後、母はしばらく固まってしまったそうです。)



というか...あなたの娘達が外国に嫁に行って、その国の人達に「○○人になれ。」って言われたらどう思うのかしらぁ~。



絶対、○○人にはならないでしょ~。絶対キムチ韓国から送るでしょ~。そして韓国の行事もさせるでしょ~。






そうそう。こんなことがあったので



私はこれから課長が来る会社の飲み会&食事会には行かなくてもいいことになりました。



にゃん太郎も島の話をされた時点で「ごもすけを今日ここに呼んだことを後悔してる...。」



「ごもすけはもう飲み会に来てくれなくていいから。」と、



帰りの地下鉄の中では、我慢できずに泣いてしまった私に



「俺はこんなにもごもすけに対して申し訳ないと思ったことはない。」と言ってくれましたし...。



でもですね。私はこの飲み会でずっと課長にやられていたわけではないですよ。



課長の隣にいた元部長に、「お酒を注ぐ時&ついでもらう時」の日本式かけ声、



「まーまーまーまー。」 




「おっとっとっと...。」 (ラーメンズ 日本の形 Japanese Tradition より)



をばっちり教えることに成功しました。



そしてそれを気に入った元部長が「こいつ(課長)のコップにいっぱいお酒入れてやろう。」と言ってくれたので



私と元部長二人で「まーまーまーまー。」と言いながらソーダ+焼酎のドリンクを課長のコップになみなみと入れてやりました。



この時はかなりすっきりしましたわ。( ̄∀ ̄)



後から聞いた話ですがこの夜の課長の行動(書いていませんでしたが、色々な暴言+全く飲めない私にひたすら酒を飲ませようとしたんです。)については



部署の人みーんなドン引きだったらしく



にゃん太郎は次の日「奥さん大変だったわねえ。」とか「課長が次に何をやらかすか冷や冷やしながら見てたよ。」とか言われたらしいです。



そして「私に会いたい」と言った部長さんは「昨日は大変だったね。」とか「今度(奥さんも)一緒にお昼ご飯でも食べましょう。」と言ってくれたらしいです。
(この部長さんは結構紳士で、この日の飲み会も「夫婦とは」という結構ありがたいお話をしてくれました。)



で、肝心の課長ですが...



いつもだったら私が飲み会に参加した次の日は必ず課長からにゃん太郎に前日の飲み会の話などしてきたらしいですが



今回はさすがに自分でもかなり言い過ぎたと思っているのか



それとも昨日の二次会(私達は一次会で帰った)で周りの人に指摘されたのか、または冷たい目で見られたのか



全くにゃん太郎に飲み会の話をしてこなかったそうです。



実はにゃん太郎...その日の夜ずっと「明日課長に会って飲み会の話をしてきたら色々文句言ってやる」と言って、どんなことを言うか考えてくれていたのですが...



課長が全くその話をしないのに、にゃん太郎がいきなり飲み会の不満を爆発させるわけにもいかず...



課長が最後の最後に空気呼んでくれちゃったおかげで
(私からしてみたらこれは空気読めてないんだけど)



なんだかすっきりしないままこの話は終わりました。
(でもにゃん太郎は部長や他の同僚に飲み会のこと言われた時にそれとなく私がどんなに大変だったか言ってくれたらしい。感謝っす。)



最後に、課長へ。



私を怒らせるのもちと怖いけど、にゃん太郎は怒らせるともんのすごく怖いです。



あんまり人の家のことについて、口を出さない方がいいニダよ。



そんなことしてる暇あるなら、毎日早く家に帰って子供達に好かれるパパになってください。



終わり。







おまけ。



タイトル 「全身で伸びるぽてと」



poteakubi.jpg



なんて気持ちよさそうなのかしら...。(´ω`)







 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




油断できない。
韓国を訪れたことのある方なら一度は目にしたことがあると思いますが



韓国、特にソウル市内には日本語の看板や案内表示などがたくさんあります。



看板の中には「どこをどうしたらそんな日本語になるのか」という



つい笑ってしまうものが多いですが



最近はお店の前の看板や案内表示以外のあるところ



日本語が使われるようになってきているみたいなんです。



そのあるところは電車の中でも目にすることもあるし



歩いていたらいきなり目の前に現れることもあるので



ヘンテコ日本語に弱くい人、もしくは不意打ちの笑い攻撃に弱い人はとても注意が必要です。



私は最近2回ほど、その日本語攻撃にやられ、一人にやにや&爆笑してしまいました。



そのあるところとはですね...



Tシャツになんです!!



それはにゃん太郎(夫)と一緒ににゃん太郎母宅は歩いて行っていた時に見た



高校生か大学生くらいの女の子が着ていたTシャツですが...



彼女の背中には大きく、こう書かれていました。




高田馬場と...。




しかもただ高田馬場と書かれているだけではなく



駅のホームにある案内表示のようなデザインでした。




eki1.jpg
                 (こんな感じ。)



これを目にした時は頭の中にアトムの主題歌が流れました...。



それにしても高田馬場があるってことは...



上野や新宿のバージョンもあるんでしょうか。



それとも高田馬場バージョンだけなんでしょうか...



そしてなぜに高田馬場なんでしょうか...



そしてその女の子はあのデザインのどこを気に入って身につけているのでしょうか...



思い出すだけで頭の中に?マークが飛び交います。





2回目の遭遇は先週の金曜日でした。



それは私が地下鉄に乗っていて電車を降りようとドアの前に立った時に



私の前に立っていた大学生くらいの男の子が着ていたTシャツでした。



そのシャツにはカタカナで





スズナバチ





と書かれていました。



これって...もしかしてですけど



スズバチと書きたかったところを



スズバチと書いてしまっているんでしょうか...??



初めは「スズナバチとは...蜂にも色んな種類がいるのねえ...。勉強になったわ。」と思ってしまったお馬鹿な私ですが...



きっとそういうことですよね??



上の高田馬場Tシャツといい、スズナバチTシャツといい、



普通に見たらくすっと笑うだけで終わってしまうんでしょうけど



不意に見つけてしまったり、思わぬところで見かけたりすると



妙にツボにはまってしまいます...。( ̄ω ̄)






そういえば以前も不意に見つけた日本語&笑うに笑えない状況で



とっても大変だったことがあります。



それは韓国語の授業中のことです。



ふと、私の前にいるアメリカから来た(アメリカ育ちの韓国人の)男の子のシャツの襟元(背中の方)を見ると



こんな文字が書いてあったんです。귺긞긵깓?긤긲?귽깑




ケロヨン




この男の子、普段はクールで無口な子だったんですけど



その男の子が「ケロヨン」という字が書いてあるシャツを着ていると思うと...



本当におかしくておかしくて...でも授業中だしいきなり笑い出しても変な人になるしってことで



必死に笑いを抑えたこともありました...。
(でもたぶん小刻みに震えていたと思う。)



その後はその子の顔を見るたびにケロヨンの字が頭に浮かんで...



その子と話すときは常に怪しい笑顔を浮かべながら話してしまったものです。



さて、今日もこれから地下鉄に乗るのですが...



急に現れる日本語にやられないように



できるかぎり気をひきしめて頑張りたいと思います。(・ω・)






おまけ。



タイトル 「ビジュアル系ぽて。」


potetogoronn1.jpg



寝ながらもビジュアル系バンド並みのポーズをとるぽてと。


potetogoron2.jpg



ウインクもしちゃいまっせ...。(´ω`)







 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




プロフィール

gomosuke2

Author:gomosuke2
ごもすけ(日本人・女)…78年7月生まれ。
にゃん太郎(韓国人・男)…77年1月生まれ。
2002年知り合い、2007年2月結婚しました。
ソウルの端っこ、金浦空港の近くに住んでます。
暇さえあれば空港内をうろうろしてる夫婦です。
2010年8月7日、にゃ子(娘)が産まれました。

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー
最近の記事
国際結婚&猫ブログランキング

ぽちっと一発 (●`・ω・)⊃ 応援の猫パンチお願いします。

月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター