猫好き日韓夫婦の生活・周りの人々について書いてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぶったまげた韓国の猫の同好会のオフ会 後編
(一応前回のブログの続きです。これは韓国の猫のオフ会の中でもかなり珍しいケースですのでその点をふまえて読んでください。)



猫会いたさにおかしくなったにゃん太郎(夫)に「なんでもやるクーポン」を与えられ、



DSCF6880.jpg
(しつこいですが、これがその「なんでもやるクーポン」。そして出かける直前に判明したのですが、このクーポン、なんでもやるクーポンのくせに、にゃん太郎曰く「なんでも」は「にゃん太郎の理性が許す限り」の「なんでも」というかなり限られた使用範囲のクーポンであることが判明。)



韓国の猫の同好会のオフ会に行くことになった私でございますが...



行って約10分で「おいら、早く帰りたい...(‐ω‐)」とにゃん太郎にこぼしてしまうほど
(普段はいくら早く帰りたくてもそんなすぐ口に出しません...。(そんなことしたらにゃん太郎に説教くらう。))



初めからというか基本的に私にはありえないオフ会だったのです。



まず、飼い主さんのお宅でメンバーが集まると聞いていたので



飼い主さんの家の猫達はみんな「ウエルカムにゃんこ達」undefinedばっかりだと思っていたんですけど



そこにいた1匹だけが人懐こいウエルカムにゃんこで他の猫はあまりウエルカム猫じゃなかったんです。



ウエルカム猫だったら知らないお客さんがたくさん(その時は私達を入れて8人も来ていた)来ても



そんなにストレスを感じることもないと思うんですけど



皆、猫部屋のすみにいたり、キャットタワーの上の方に避難していたり、中には「あんた達誰なのよ。」という顔で見る子もいたりして



「あ~。こりゃあストレス受けてるわ。」という感じだったんです。



で、私達は10分位遅れていったので途中までわからなかったのですが



なんと...そんなウエルカムにゃんこじゃない猫達がいるお宅なのに



同好会の他のメンバーの人達が自分の飼い猫を何匹か連れてきていたのです。
(初めは招いてくれた飼い主さんの家の猫かと思ったら違った...。どうりですんごいいっぱいいるよなあと思ったよ。)



で、しかもそのメンバーが連れてきた猫も



あんた、なんでその猫ちゃん連れてこようと思ったの??と聞きたくなるくらい



みんなウエルカム猫じゃなかったんですわ...。
(というか、ウエルカム猫でも他の、たくさん猫がいる家に連れて行くのもどうかと思う。そもそも移動するのも大変なことだし。)



なので皆飼い主さんの膝の上で小さくなってまして...。



でも時々、話題がその中の一匹の猫に行くとするじゃないですか



すると皆がその猫を見るので猫ちゃんはびっくりして「え?なんなの??」とおびえた顔をするし...。



人間にびっくりして隣を見ると、隣には知らない猫(他のメンバーが連れてきた猫)がこっちを見てるし。(もちろんそれに気づいて威嚇。)



でも飼い主さん達は猫がストレスを受けてるっていうのに全然気にしないで猫を抱っこしたり



おびえて隠れてようとしているのに捕まえて、お腹をみんなに見せようとしたり、大声で話したりしてと



韓国生活でよく見る、カオスの世界が広がっていました...。( ̄ω ̄)
(この時点でにゃん太郎と二人で「こりゃ、カオスだ...」と言っていました。)



一応、下の10匹(+子猫4匹)がこの日、この家にいたにゃんこちゃんですが...。



まず招待してくれた飼い主さんの家の猫達がこちらの6匹+子猫。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



DSCF6857.jpg
(温室っぽくなっている室内バルコニー(猫専用スペースの1つ)にいる猫達。)



DSCF6842.jpg
(同じく、バルコニーにて。後で知ったのですがこの子は一度大怪我(怪我をしているのを見て飼い主さんが保護したらしい)をして以来、かなり臆病になっちゃったらしいです。)



唯一ウエルカムにゃんこだったのはこのにゃんこだけ。



DSCF6829.jpg
(にゃん太郎にどかっとよりかかるにゃんこ。ちなみにこの子、1ヶ月半前に子猫産んでます。)



DSCF6831.jpg
(私とにゃん太郎、両方に寄りかかって休んでいるところ。他の人には寄りかかってなかったっす。(自慢))



DSCF6816.jpg
(ウエルカムにゃんこの子供達。ウエルカムにゃんこが私達に寄りかかりながら「子供の写真撮ってもいいわよ~。」という感じだったので写真撮ってみました。)



お次はメンバーの人達が連れてきていた猫達。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



DSCF6796.jpg
(膝の上で小さくなって飼い主さんから離れようとしないにゃんこ。)




DSCF6812.jpg
(この子はちょっとうろうろしたりしていたけど、途中で帰りたくなったのか飼い主さんの肩とか髪とかちょいちょいと触って「帰ろうよ」アピールをしていた。最後はちょっとパニクって飼い主さんの顔ひっかいちゃってた。)



DSCF6815.jpg
(ずーっとドアの後ろに隠れていた子。)



DSCF6852.jpg
(すんごく嫌がっている猫。ちなみに名前は「カオス」だそうで...にゃん太郎と二人で「カオスの中にカオスがいるね...。」と言っていました。)



あ...みなさんちょっと引いてますよね。



でもまだまだ続くんですわ。



ある20代半ばの若めの女の子がいたんですけど
(たぶん整形。他にも二人いた。一人は以前韓国で働いていた職場の韓国人と本当にそっくりな顔をしていてビビった。当時も「この人...美人だけどなんか不自然な顔だよなあ」と思っていたけど、そういうことだったのね。)



その子、上に書いたアビシニアンの子が「怪我をして以来全然人に心を開かない」っていうことを聞いてたくせに



「私アビシニアン好きなんだ~。」と言っていきなり追い掛け回そうとしたんです。



でもアビシニアンの子は必死な顔で逃げて全然つかまらなかったのでその女の子はすぐあきらめましたけど...



人間不信の猫をさらに人間不信にさせようっつーのかしら...



自分の気持ち、したいことしか考えられない子ってたまに見るけど



久しぶりにドン引きする光景でした。



しかも、その子、それだけではなくとんでもない発言もてくれたんですわ。



その日、みんなほとんど見てなかったけどリビングのテレビはついていてオリンピックの決勝戦の試合(韓国の試合)をやっていたんです。



で、野球の試合の話になったんですけど



その子どんな話したと思います??



韓国好きの日本の皆さんショックを受けないでください。



自己中女の発言。귺긞긵깓?긤긲?귽깑





自己中女子 「そういえば、日本は(韓国に負けて3位決定戦したみたいけど)どうなったの??」



他のメンバーの人 「(3位決定戦で)負けたよ。」



自己中女 「やったね!!(`∀´)」






...これにはさすがに他の韓国人も焦ったみたいで(日本人がいるのにそんな発言するから)一瞬空気が凍りつきました。



でもその自己中女は「え?なんで皆何も反応しないの??」という顔です。



そこで分別あるメンバーの一人が「あんた...日本人が来てるのにそんなこと(正直に)言っちゃだめよ」と言ってくれました。



私は「私がいなかったからこんな凍りつく必要はなかったのに...私のせいで悪いねえ。」と思いつつも



当然その自己中女が私に対して



「あ、ごめんなさい。」とか



「あ、いらっしゃるの忘れてて...」とか言ってくれると思い



言われた時には「大丈夫ですよ~。(´∀`)」と言ってあげなきゃっと思いながらその子の方を見たんですよ。



そしたら...



その子、全く悪びれた態度をとることもなく



そして私の方をちらりとも見ず反対の方をずっと見ながら





「きっと聞き取れないわよ!!」と言いやがったんです!!!





お~い...。( ̄∀ ̄)



あんた達、私がオフ会に行って(私が自らほとんど話さなかったっていうのもあるけど)ずっと



私が日本人だって気づかなかったよね~。(だから後々面倒だと思い途中でカミングアウトした。)



韓国語を全く聞き取れない日本人が



どうして1時間以上もオフ会の中に普通にいて話を聞いたり、反応したりできたって言うのかしらぁ~。



それにあんた私が日本人ってカミングアウトした時に



にゃん太郎がしてくれた「話すのはまだまだだけど、リスニングは大丈夫。」っていう話、



結構近くで聞いてたじゃないのよ~。



ほんと...なぜにそんな発言ができてしまうのか...お姉さんは不思議でしょうがないよ。



そんなこと言うなら私だって



「聞き取れるに決まってるじゃない...」とか



「あんたがそんなこと言われたらどう思うの??」とか



「私、この1時間ほど意味もわからず皆の話聞いてたのかしらぁ~。」とか言って



相手の矛盾点をつきまくってねちねち話をしてあげたいところだけど



なんだかんだ言ったって、その日はせっかく猫好きが集まったその地区では久しぶりのオフ会。



私さえ我慢したらどうにかなると思ったのと



相手の態度&発言にあまりにあきれてそんな子相手に本気になっても大人気ないだけと思ったのもあって



他のメンバーの「あの...大丈夫ですか??」という視線にも耐え



笑顔で「なんとも思ってない」という顔をしてあげました。
(でも心の中ではかなり煮えたぎっていたけど。)



あ、これでドン引き話は終わりじゃないんです。



最後もすごいです。



飼い主さんの家では皆で焼肉をして食べて、その後、デザートで果物を食べていたんです。



そしてお酒を持ってきた人がいたのでお酒を飲む人達は果物と一緒に食べるようにと



その家の人がするめをあぶって出してくれたんです。



最初は皆でするめを食べながら話をしていたんですけど



なんとそのうちの一人(さきほどの自己中女ではない整形女。)が



さきほどの子猫を産んだお母さん猫にするめを食べさせ始めたんです!!!



それを見たその家の飼い主さんが「猫はするめを食べると下痢するのよ。」と言っているのに



「うちの猫は食べるけど。」と言って飼い主さんの話はなぜかスルー。



その後も欲しがる猫にするめをあげようとするんです。



もう...この時は...さきほどの「やったね!!」発言の後だっただけに私はこの時点でもうノックダウン。



カンカンカーン!!!と頭の中で試合終了の鐘が鳴り響きました。



なんかね...全体的にこの日来たメンバーの人達は駄目でした。



カオスを連れてきた夫婦の旦那さんは



なぜか自分は猫のことを色々知っていて扱いもうまいと思っているらしく




他の、自分の家の子じゃないおびえている猫を見ては飼い主さんの膝の上にいるにゃんこを自分のところに連れてきて慣れさせようとするんだけど、



もちろん猫はいきなり知らない男に抱き上げられて撫でられるのでびびって逃げてしまうというのを何回かしたり、



カオスを抱きながら「三毛猫はオスはいないんですよ。メスだけなんです。」



日本人なら猫好きじゃなくても知っている猫情報を自慢げに話したり...。



ああ、そうそう。私が気になっていた猫好き韓国おじさんですが...。



頭のいい、ちょっと品のあるおじさんだと勝手に想像していた私が悪かったのでしょうか...



ただ単にその辺の飲み屋にいそうなただのおっさんでございました......。(‐ω‐)



結局、このオフ会は2時間くらいいてすぐ帰ったんですけど



にゃん太郎が地下鉄の中で無理やりこんなオフ会に誘ってしまったことを私に謝ったのは言うまでもありません。



にゃん太郎...にゃん太郎は悪くないよ...。



ただにゃん太郎、いつも運が悪いだけなのよ。



今度からはよく考えて行動しようね。( ̄∀ ̄)






おまけエピソード。



飼い主さんがオフ会の翌日オフ会の感想&来てくれた人へのメッセージをサイトに載せたのですが



私達に関してはこんなことを書いてくれました。



「奥さんは女性らしく、天使みたいなお顔」だと...。



ああ、よかったあの時キレなくて...。



でも「奥さんの日本のご実家では犬を飼っているそうです。」と勘違いされていたようなので
(「韓国では猫を飼ってないけど、妻の実家では子供の頃から猫を飼ってる」ってにゃん太郎言ったんだけど聞こえてなかったみたい。)



そこは猫のパラダイス日本둋빒럻뼹귩볺쀍궢궲궘궬궠궋(韓国の人は日本は猫好きのパラダイスだと思っている)から来た猫飼いの一人だとということを、




そしてその猫歴の長さ(長さは問題じゃないけど韓国の人はこういうのに弱い)をアピールするべく




にゃん太郎にさりげなく「妻の家では犬じゃなくて16歳になる猫と4歳の猫2匹飼っています、もらった首輪はその猫にあげる予定ですよ~」というレスを書いてもらいました。



最後にちょっと大人気ないと思いましたが



「あんた達、上には上がいるのよ~。(私は上じゃないけど。ハッタリで。)猫飼いとしてはまだまだなのよ~。」



ということに少しでも気がついてもらえたらなと思ったんですよ。



果たして...何人がそれに気がつくことやら...。



ま、とにかく私自身、人のことをとやかく言えた立場じゃないけど、



韓国の猫飼い社会はこれからなのねえと思った今回のオフ会でございました。








おまけ。



ぽてとは結構ウエルカムにゃんこ



s-IMG_0104.jpg



梅ちゃんは慣れるまでちょっと時間がかかりますが



慣れるとこんな風に귺긞긵깓?긤긲?귽깑



nosiume.jpg
(二番目の姉の旦那さんの横でのし猫になる梅ちゃん。)



可愛い寝顔を見せてくれたり、梅自ら匂いをかぎにきてくれたりします...。(´ω`)







 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




スポンサーサイト
ぶったまげた韓国の猫の同好会のオフ会  前編
(今日のブログは前後編の前編です。
しょうもない話が続きますが、これを読んだほうが後編の私達の悲惨さがさらに伝わるかと思い書いてみました。)




うちのにゃん太郎(夫)が入っている韓国の猫の同好会undefinedでは地区ごとに時々オフ会があります。



先週、同好会のサイトに「8月23日(土) 夕方 ○○区オフ会のお知らせ」という文がアップされました。



その○○区は私達の家がある区ではなく、30分位地下鉄に乗って行かなければならないところでしたけど



最近、猫&猫情報に飢えてきているにゃん太郎はそのお知らせにすぐ食い付き



「ごもすけ、一緒にこのオフ会行こう!(・ω・)」と誘って来ました。



一方私は以前、にゃん太郎に誘われて行った韓国の猫の同好会のオフ会でそれはそれは寒~い経験をして以来、
(外で思いっきり話そうということでわざわざ飼い主さん宅じゃなくて焼き肉屋さんで集まったのにドタキャンに次ぐドタキャンで私とにゃん太郎の他に2人しか来なかった...。)



猫の同好会の集まりに対して全然魅力を感じなくなっていたのと



その2日前から頬に少し吹き出物が出来てお化粧ののりが悪かったのと



オフ会当日の23日の夜にオリンピックの野球の決勝戦をやるけどそれを超エキサイト빰するにゃん太郎以外の韓国人と一緒に観てもつまらなかろうということで



にゃん太郎に即、「私行かなーい。」と答え(にゃん太郎には時々Sになっちゃうんです)、全然食いついてあげませんでした。



でもそこは一度「行きたい」とか「食べたい」とか「これ、したい」と思ったら行動せずにはいられない我が夫にゃん太郎、



彼なりに「なんとかごもすけの気持ちを変えてやる」作戦に出てきました。



まずはストレートにいかにこのオフ会がいいものかを話し始めました。



「今回は猫の飼い主さん宅に行けるんやで~。猫を近くで見られるで~。」



「飼い主さんの家、猫いっぱい飼ってるんやって~。猫見放題やで。」



「ごもすけが会いたがってた猫好き韓国おじさんも来るみたいやで~。話できるで~。」



などなど、甘~い言葉をかけてくるにゃん太郎。



最後の「韓国猫好きおじさんも参加」というのにちょっとグラッと来たけど



「う~ん、でも今回はいいわ。」と断りました。



するとにゃん太郎はベッドにうつぶせになり足をバタバタさせて「ごもすけと一緒に猫見たいんだよ~。」と



なんと駄々をこね始めました。




「あんた...一人で行くのがつまんないからそんな駄々こねてるんでしょうが...」と突っ込みたくなりましたが



にゃん太郎が駄々をこねることなんてほとんどないので(まあ、普通の人もほとんど駄々をこねることなんてないでしょうが)



ちょっと可哀想になり「じゃあ、私のお願いを何でも聞いてくれるなら行ってもいいよ。」と言ってあげ、



「例えば、私がいいと言うまで足マッサージしてくれるとかぁ~。ケーキ食べたいって言ったら買ってきてくれるとかぁ。」とお願いの例をあげて言ってみました。



ここまで我がままなことを言えばさすがのにゃん太郎もひきさがるかと思ったのですが



それを聞いたにゃん太郎...机に向かってなにやら作り始めたんです。



そしてあるものを私に渡したんです。



あるものとは...これ。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



DSCF6880.jpg



にゃん太郎お手製「なんでもやるクーポン」です...。



そして「これはとんでもなくすごいクーポンだ。」という言葉と共に...。



「にゃん太郎、今日はかなりやる気ニダね...」とクーポン攻撃にちょっと押された私ですが



そこはここ韓国で色々と強気な発言を学んだワタクシ。



「3枚じゃー、ちょっと少ないわよねえ。」と言い、「なんでもやるクーポン」の追加を要求してみました。



しかし...にゃん太郎は「3枚がギリ」みたいなことを言ってなかなか私の要求を聞き入れません。



そしてその時(土曜の午前)は結局、



私は「(3枚じゃ)行かないもんねー。」と、にゃん太郎は「絶対一緒に行くからな~。」ということで話が終わりました。



あ、そうそう。書くのを忘れていましたが



この日、土曜日は元々にゃん太郎は夜、地元の友達2人とご飯を食べる約束をしていたんです。



だから「オフ会行っても友達に会いにすぐ帰って来なければいけないから大変でしょ。」というのも



私がオフ会に行きたくない理由の一つだったんです。



そしたらにゃん太郎、何をしたと思いますか。



にゃん太郎...なんと夜していた友達との約束を猫のオフ会のためにお昼過ぎに変更したんです!!



幸い、友達は昼でも夜でもよかったみたいなのですが



時間変更を友達に電話した時、にゃん太郎なんて言ったと思います??



「ごめん!今日急な用事が出来ちゃって...。うんうん......(何やら話す) 



わかった、じゃあ ごもすけとちょっと話してから また電話するわ。」




と、とんでもない発言をして電話を切ったのです。



......はい、突っ込みます。



......あんた!!!それじゃあ、私が我がまま言って夜の約束を昼にしろと言ってるみたいじゃないニダか~!!!



ただ単に、自分が猫と遊びたいからでしょうが!!!



それをなぜ、そのオフ会にも行こうとしていない私のせいであるかのように話すのかしらぁ。



正直に「俺...猫に会いたくてさ...悪いけど時間変更してもいい?」



本当のことを言えばよかったのに!



もちろん上に書いた突っ込みはにゃん太郎が電話を切った後に数分かけてねちねちとさせてもらいましたけど...



ほんと、にゃん太郎は時々悪魔깛긲になるから油断できないっすわ。



で、約束時間変更に成功して気をよくした悪魔にゃん太郎はさらに暴走を始めたんです。



なんと「今日の予定を発表します!!」と言って「今日はこの後、スーパーに行って~、水泳して~、で、俺は友達に会って~、ちょっと家で休んで~、それからオフ会。」と



勝手に今日一日のスケジュールを決めてしまったんです。



私は「え??私本当に行かないよ。」と若干キレ気味に「それでもやっぱり行かない」と意思表示をしたんですけど



にゃん太郎...なんて言ったと思います~??



なんと



「もう、飼い主さんに二人で行くってメッセージ書いちゃった。」



悪魔の微笑を浮かべながら言うんです...。



あ、一応言っておきますけど、普段はにゃん太郎こんなに悪い子じゃないんです。



この日だけは猫会いたさに何か悪いものに憑かれてたんじゃないかってほど極悪キャラに変わっていたんです。



いつもは私に振り回されてばっかりなんですけどね...。



ということで(どういうことなんだけよくわかりませんが)、飼い主さんに二人で行くって言ってまた変更するのは悪いと思ったピュアなワタクシ...



結局にゃん太郎と一緒にその猫の同好会のオフ会に行くことになったのでございました...。



でもですね。そのオフ会...



にゃん太郎も「こんなオフ会は見たことない...」と認めるほど



色々なことに驚いた、最悪なオフ会だったのでございます...。



長くなったのでそのオフ会については次回のブログに続きます。(・ω・)







おまけ。



無理をして猫と触れ合わなくても



私には可愛い可愛い梅ぽて궺궞갃



hiruneume1.jpg


こんなラブリー写真を見て

kisekinoichimai.jpg



色々妄想をしていればそれで充分な時もあるんです...。(´ω`)






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




韓国ちっく商品 牛乳&生理用ナプキン編
お盆休みに実家に遊びに行っていた二番目の姉から



「母が一番上の姉に送った」という写メールが送られてきました。



これがその「母が一番上の姉に送った」メール。귺긞긵깓?긤긲?귽깑




「ツウシヨツト送る」



umepotenakayosi1.jpg
(添付写真)




......梅とぽてとのツウシヨツト写真だそうです...。orz



ぷーちゃん(母のあだ名)...ツウシヨツトって...。



写真があるから「ああ、きっと2ショットって書きたかったんだろうなぁ...」とわかるけどさ...



やはり母のメールはいつも難易度が高いですわ。( ̄∀ ̄)




귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑




今日は最近私が「おお~。韓国듰뜎ちっく~」と思った商品2つを紹介したいと思います。



ではまず1つ目の韓国ちっく商品。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



DSCF6783.jpg



これ...にゃん太郎(夫)母からもらった牛乳なんですけど...



その名もDMZ(非武装地帯)牛乳っす!!!



なんでDMZニダか??とにゃん太郎に聞いたところ



韓国と北朝鮮の間の非武装地帯では手付かずの自然がたくさん残っていて



その自然豊かな非武装地帯近辺で飼育された牛からとれたおいしい牛乳ってことで



この名がついているんだろうということでした...。



牛乳の名前に非武装地帯って...。



すごい、すごすぎる...。



ちなみにお味はいたって普通の牛乳の味でございました。(・ω・)






韓国ちっく商品、その2。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



DSCF6740.jpg



よもぎ生理ナプキンです。



これ、ナプキンの中央部分によもぎやトウキなどの漢方成分が入っているらしいです。



商品説明の欄には「国産よもぎと漢方成分で不安感や臭いの心配まですっきり!(直訳)」と書いてあります。



で、使ってみた感想。



いい点。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



・使用中、使用後の臭いがあまり気にならないような気がする。



・パッケージが韓国ちっくで可愛い。



・ナプキンの色が全体的に薄ーい緑色でなんとなく体によさそうな気分が味わえる。



いまいちな点。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



・よもぎの臭いが結構きつく感じられることがある。
(でもこのソフィのナプキンは他のメーカーのよもぎナプキンよりはよもぎの臭いがきつくないらしい。)



・ちょこっとお高め。
(私は特別セールで買いました。)




あら、いい点の方が一つ多いわ。



ま、特に可もなく不可もなくといった感じでしょうか。



もし今特にお気に入りのナプキンがない方は



韓国にお越しの際はちょっと買って試してみてもいいのではないかなと思います。(・ω・)






おまけ。



タイトル 「みんな気持ちいいにゃの。」



うちの猫達は母のことが一番好きな궺궞갃ので母が立っているとすぐ集まってきます。



この日は母が足マッサージの板(15年位前の親戚の韓国土産)に立っている時に猫たちが集まってきたようです。



asimassage1.jpg
                                  気持ちいいにゃ~。



足マッサージをする母の脇に立って撫でてもらう梅ちゃん。



asimassage2.jpg
ぽてとも撫でてもらうにゃの。                 頑張ってふんばらなきゃっ。



気持ちよさそうな梅ちゃんを見て、ぽてとも右手を狙って移動です。



asimassage3.jpg
              そこそこ~。ぽてとは肩をお願いしますにゃの。



二匹を同時に、忙しく撫で撫でする母。



asimassage4.jpg
                    ふう~。           お外見るにゃの。

         

でも、最後は皆が気持ちよくなったのでした...。(´ω`)






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




韓国のお姑さんにはこんなトークも必要です
この間、家の近くのEマートでお徳用6パック入り納豆を抱いて歩いていたら



店員の韓国人のおばさん(`∀´)듰뜎



「あら~。いいもの召し上がってるのね~。」と、



そして



「これ、混ぜれば混ぜるほど糸が出ておいしいのよ~。」




納豆を食べるアドバイスをされたごもすけです。




それを聞いて、私は



「知ってますよ。私、日本人ですから。」



とか



「あなたより何十倍も納豆食べてますから~。」



とか



「味噌汁に納豆入れるとうまいんだからっ。」



とか



反撃しまくりたくなりましたが



そこはこちら韓国では「ごもすけさんって本当、おしとやかね~。」と言われているワタクシ。
(実は今日も言われたっす。一度なんか「そんなにおしとやかで韓国生活大変じゃない?」と言われたこともあるっ。(о`∀´о)自慢。でも韓国人にしか言われないのはどういうこと?)



皇后陛下並みの笑顔で「ほほほ...(´ω`)」と微笑み返してあげました。



いや~。韓国のおばさんって本当自分が一番なんでも知っていると思っているから恐ろしいわぁ...





話はちょっと変わって。



私にとって一番身近な韓国おばさんと言えばにゃん太郎(夫)母(`∀´)ですが



この間、改めて韓国の姑(おばさん)に対する接し方の難しさを感じるエピソードがありましたので



今日はそれについて書こうと思います。



それは先々週のこと



にゃん太郎がにゃん太郎母に新しい携帯電話똤뫱を買ってあげました。



にゃん太郎はにゃん太郎母が出す、



「画面が大きい方がいい(`∀´)」



「黒は嫌。白がいい。(`∀´)」



「スライド式は嫌。フリップ式がいい。(`∀´)」



などの数々の注文に全て応えてあげる素晴らしい携帯電話を買い求めてあげました。



その携帯はにゃん太郎の会社の割引サービスか何かで買ったもの(たぶん)だったので



本体はにゃん太郎の会社に直接届けられました。



で、さっそく届けられたその日ににゃん太郎母に携帯電話を献上しなければということになったのですが



にゃん太郎はその日家に帰ってすぐ水泳に行かなければならなかったので



その日、にゃん太郎と一緒に地下鉄に乗って帰っていた嫁の私がその携帯電話を持ってにゃん太郎母宅へ行くことに。



にゃん太郎母宅へ一人で行くのはたまにあることなので



「しょうがないわね...面倒くさいから嫌と言ったらにゃん太郎に説教くらうし、行くか...」と思っていた私に



にゃん太郎が私にとっては驚きの言葉귺긞긵깓?긤긲?귽깑を言ってきたんです。





にゃん太郎:「おかんに携帯渡すとき、褒めてやるんやで。」





ぱ、ぱ~どぅん??(; ̄Д ̄)





褒めてやるってなんのこと??



もしかしてにゃん太郎母のとっても親孝行な息子、にゃん太郎のことを褒めてにゃん太郎母の気分をよくしてやれと言ってるのかと思いつつ



「え??なんで「褒める」の??」と聞いてみました。



するとにゃん太郎、



「おかんはとりあえず何かケチをつけるから「いい携帯ですね~。」とか「いいデザインですね。」と言って褒めてやって。」と言ってきました。



ああ、なんだ。にゃん太郎のことを褒めるのじゃないのねと安心した私でしたが



すぐ一つの疑問が...



まあ確かににゃん太郎母(というか韓国おばさん)は何かにつけて人の物とかことにケチつけるけど



ものをあげる時に「それいい(です)ね~。」って言ってあげるだなんて





にゃん太郎母...子供じゃないんだからさ...。





にゃん太郎の話を聞いて最初は「そんなわざとらしく褒められないかも...」と思っていた私でしたが



にゃん太郎がせっかく忙しい仕事の合間に選んであげた携帯電話。



そして私、にゃん太郎の携帯より高い携帯電話。



それをあげた時に「え?こんなのなのぉ??」と思わせたらあかんと考えた私。



さっそくにゃん太郎と一緒に作戦会議먃쀑뚨です。



で、私たちが考えたセールストーク。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



「これ、携帯ショップで○十万(ウォン)もしてるの見ましたよ~。」(実際はもっと安く買えたことは言わない)



(私の携帯と並べて)これ、こんなに画面が大きくて、しかもメールの文字が大きくなるんですよ~。すごい便利ですよね~。」(これは本当。にゃん太郎一押し機能。)



「これ、カメラがついているんですよ~。しかもカメラの部分が回るんですっ!!お義母さん、今一枚撮ってあげますよ。パシャッ!!」(にゃん太郎母はカメラも所望していたらしいので)



そして頭の中でセールストークの練習をすること10分。



にゃん太郎母宅へ到着。



にゃん太郎母はいつも以上に笑顔で迎えてくれました。



そしてさっそくセールストーク開始っす。



まず値段を話し、にゃん太郎母に高い귺긞긵깓?긤긲?귽깑携帯電話なんだというイメージを持たせ(ここ重要)



その後、準備していた字の大きさについてのトークも終了、



途中、フリップの部分が前のタイプより開けにくいことに気がついて



ちょっとだけ使いにくそうにしているにゃん太郎母でしたが、そこはすかさず



「最近は皆そうなんですよ~。(最近の携帯がどんなのがあるのかさっぱりだけどぉ。)」




「このタイプって慣れればすっごく便利なんです!!(でも私は従来のフリップ型がいいけどぉ。)」



などなど途中、「私、携帯電話売り場の店員になれるんじゃないか」と思うほど、



「この根拠がないくせに自信満々な説明の仕方...私ってなんか韓国人化してない!?」と思ってしまうくらい



饒舌な言葉が出たおかげで頑固なにゃん太郎母さえも「......そう??」と納得させてしまうことに成功。



最後の締めはもちろんカメラについての説明&



「これ最新式の携帯だからカメラもものすごく画像いいですよ~。あ、お義母さん一枚撮ってさしあげますよ~。」という言葉と共に



携帯購入おめでとう写真귺긞긵깓?긤긲?귽깑も撮ってあげました。



どうですか。この完璧なセールストーク。



あの頑固なにゃん太郎母に少しも不満を感じさせることもなく



むしろ「ウリ親孝行息子にいいもん買ってもらったわ~。」とかなりの満足感を味合わせてあげることに成功しましたから。



それにしても今回は色々びっくりすることがあったこの「にゃん太郎母に携帯電話献上」エピソードでしたが



一番びっくりしたのはなんと言っても



私の、特に根拠がないくせに本当だと自信満々に話してしまう



韓国人的饒舌さ&根性です。



これも言っちゃったもん勝ち文化に毎日接しているせいかしら...。



変わっていく自分が怖いっす。(;´ω`)







おまけ。



ぽてとは昔と今とお顔が少し変わりました。



kitunepoteto.jpg
(4年位前のぽてと。姉の携帯カメラで撮影。)



ぽてと、この頃はきつねっぽかったのにねえ...



同じく4年前の梅ちゃん。귺긞긵깓?긤긲?귽깑


umesukosiwakame.jpg
(梅ちゃん11歳。)




梅ちゃんは昔も今も乙女顔...(´ω`)






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




芸能人に遭遇 2回目
みなさんはこのブログのカテゴリーの中に



芸能人に遭遇☆などというふざけたカテゴリーがあるのをご存知でしょうか。



このカテゴリー、以前金浦空港で日本でも有名な(らしい)アイドルグループ



東方神起&そのファンの方々に遭遇した時に



いつの日かあのカンドンウォンに会えたら...という想いだけで作ったカテゴリーでございます。



芸能人がよく出没するというお金持ちの街、ソウルの南にある狎鴎亭(アックジョン)では



ごくたまーにコンビニやカフェなどで芸能人を見かけたりしますが



普段、家の近所、その周辺をふらふらしている私が



この先カンドンウォン及び、韓国芸能人関係の文をブログに書けるのか



とても疑問に思っていましたが



なんとカテゴリー作成11ヶ月目にして(やっと)



2回目の芸能人に遭遇☆の文を書けることになりました。



それは先週の土曜日のこと...



その日は朝から暑かったので家の中にずっといたら倒れる&勉強もできないと判断した私とにゃん太郎(夫)。
(なぜなら私がにゃん太郎にエアコンをつけさせないから。扇風機はOK。)



これはどこかエアコンがある涼しいところに行って過ごそうということになり



またまた金浦空港に行きました。



空港に着いて、私達が国際線ターミナルの2階へ行くと



たくさんの韓国ギャル達が



DSCF6773.jpg



このように



DSCF6774.jpg



明らかに誰か芸能人を待っているという感じで群がっていました。



この間の東方神起の時も結構人が集まっていましたが



今回はそれを上回る数&異様な雰囲気の韓国ギャル達。



しかも皆手には結構高そうなカメラを持ってスタンバっています。



今度こそ(?)あのカンドンウォンか!?と興奮した私...



さっそくにゃん太郎に聞き込みに行ってこいと指示を出しました。



にゃん太郎は初め嫌がっていましたが
(私が直接聞けばいいのに人に頼むから...。)



私がしつこく「聞いてっ。(`・ω・´)」と言ったので



エスカレーター付近にいた韓国中学生に聞いてくれました。



そして空港に登場する大物芸能人判明です。



その大物は...



なんと






またあの東方神起だったのです!!!






カンドンウォンじゃなかったことに若干ショックをうけましたが



前回の時は東方神起のメンバーの頭のてっぺんくらいしか見られなかった私達...



今度こそはお顔を拝みたいと思い



今回はカメラ片手に頑張りました。(にゃん太郎が)



ではにゃん太郎が張り切って撮った東方神起の写真を紹介します。



DSCF6775.jpg



東方神起のメンバーを一番近くから撮れた写真。



おそらく写真の左の方に写っているニット帽(?)を被った人がメンバーだと思われます。



さすが芸能人、普段街で見かける韓国男子とは違うオーラ?땰があります。



でも残念なことに...今回も顔はまともに写せませんでした。



うちのにゃん太郎、普段はすぐ熱くなる?럮뢆くせに



こういう人がいっぱいいるところでは



熱くならず冷静に行動するため、やはりこの位の写真を撮るのがやっとなようです。(でもよく頑張った!!にゃん太郎っ。)



今回は顔こそ撮れなかったものの



彼らの後姿はばっちり撮れたみたいです。



kuukou.jpg



ファンに囲まれながらエスカレーターに乗る東方神起。



ちなみに左のエスカレーターは下りのエスカレーターですが



韓国ギャル達はメンバーに近づくために階段を駆け上がりながら写真を撮っていました。



アイドルってファンって...色々大変なんだなあと思いました。



ちょっと話は変わるけど



以前、韓国のテレビ番組を見ていた時に



テレビ局かなんかに入るアイドルを待っていたファンの子(たぶん高校生)



車から降りてきたアイドル(スーパージュニアとか有名どころ)にプレゼントを渡していたんですけど



そのプレゼントを見て私は思わず笑ってしまいました。



なんとその子、家庭でよく使う透明の四角いビニール袋に



みかんを10個位入れたのをプレゼントしていたんです。
(しかもその渡し方が母親が子供にみかんの袋を渡すかのような感じ。)



初め見た時は「なぜにみかん!?」とびっくりしましたが、



アイドルの子は他のプレゼントは受け取らなくても



そのみかんだけはちゃんと受け取ってました。



...やっぱり韓国人は果物が好きだからでしょうか。



それともアイドルだからビタミン採らなきゃってことなんでしょうか。



それともただそのアイドルの子がみかんが大好きなんでしょうか。



とても謎ですがアイドルの子が受け取ったということは



あの高校生の子...本当に彼のことをよく知っていて応援してあげているのだなあと思いました。



やはり韓国の芸能人とファンはかじょく(家族)なんですね。



終わり。







おまけ。



タイトル 「きっずぽてとと枕。」



うちの家族の一員であるぽてとの子猫の時の写真です。



makuratopote.jpg



この頃はこのミニ枕とほぼ同じ大きさだったなんて...



今はたぶん長さはもちろん幅もこの枕より大きいはず...



ぽてと...すんごく大きくなったのね...。(´ω`)








 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




夏は消毒車が大活躍っす。
皆さんはと言えば何をイメージしますか。



祭りとか花火、それともプール?? はたまたカキ氷でしょうか。



私が埼玉に住んでいる時の夏のイメージはそうでした...



でも今は違います。



夏といえば...



というか



韓国の夏といえば私にはあれしかありません。



ゴォーーッ!!!?땰という轟音と共に住宅街を闊歩する



あの消毒車?しか...。



消毒車って何??とお思いになる方もいらっしゃると思うので



まあ、簡単に説明しておきますと



消毒車とは消毒薬を振り撒きながら走る車のことです。(簡単すぎるってか)



日本でも田んぼが広がっている地域などでは消毒車を走らせて田んぼを消毒するみたいですけど...



あの、ちょっとツッコンでもいいですか...



一応、ここ韓国の首都、ソウルなんですけどっ!!!



田んぼなんか全然広がってないんですけどっ!!!



私の田舎、埼玉の田園地帯ならまだしも
(でも埼玉でも消毒車が走っているのを見たことはないっす。)



私にはなぜここソウルで消毒車を走らせなければならないのか



未だによく理解できませんニダよ...。( ̄∀ ̄)



たぶん消毒薬を撒くことによって(あとはハエとか??)は発生しなくなるんだと思うんだけど...



でも住宅街でこんなに消毒薬を撒く(撒きまくる)必要があるんでしょうか。



時間も大体夕方4時過ぎから7時前によく見かけますが



その時間、韓国きっず達はまだ元気にお外で遊んでるんですよっ!?



しかも洗濯物干しっぱなしの家がほとんどなんですよっ!?



それなのに消毒車(我が街の消毒車は軽トラに掃除機位の噴霧器を載せて走っている)は



人がいようが道端に洗濯物が干してあろうが
(韓国では美容院の前の道に美容院で使うタオルが干してある)



夕方、それぞれの家で換気のため窓を開けっぱなしにしていようが



関係なく、いつも大量の白い煙を吐きながら疾走していきます。



ちなみに私は一番初めの消毒車との遭遇でかなり痛い目にあったので
(道を歩いていた時に消毒車に初遭遇。白い煙の中でゴキブリ気分を堪能。)



それ以来、他の誰よりも早くゴォーーーッ!!!と消毒車がやってくる音を聞き分けられるようになりました。(消毒車の音は工事現場の音、軽飛行機の音などに似ています。それがどんどん家に近づいてくる感じ。)



今週の火曜日、にゃん太郎との仲良し早めディナータイムを味わっている時にこの消毒車はやって来たのですが



私はまるでサバンナで危険を察知した小動物のような機敏な動きで



消毒車の存在をにゃん太郎(夫)よりも早く、キャッチしましたから。



そうそう。今回初めてにゃん太郎と一緒にこの消毒車に遭遇したんですけど



にゃん太郎さんの発言2つに少しカルチャーショックを覚えました。




カルチャーショック発言、その1。



私:「うわ~~!!!消毒車が来たよっ!!!なんでこんな住宅街に消毒まくんだろう...。」



にゃん太郎:「え??日本では撒かないの??」



私:「 (;‐ω‐) .........。あんた大阪に住んでた時、一度でも消毒車見たことある......??」





カルチャーショック発言、その2。



私:「子供達が遊んでいるのに撒くなんてすごいよね~。」




にゃん太郎:「え?俺子供の頃消毒車のあと追いかけて遊んだで。」



私:「 (;‐ω‐) .........そ、そうなの。 」  




......最近、滅多なことで驚かなくなった私ですが



久しぶりに、私の小鹿、にゃん太郎がなんだか遠くに感じた瞬間でした。( ̄ω ̄)



終わり。







おまけ。



タイトル 「ガラス越しのぽてと。」



網戸はぶち破れる猫達ですが



窓ガラスにはやはり歯が立たないようです。



osotodetaino.jpg
            お外出るにゃの~。



ぽてと、また変な顔になってるよ...。(´ω`)






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




ブッシュ大統領のおかげで...
火曜日、ブッシュ大統領が韓国にやって来ました。



以前に比べたらだいぶ治まって来たものの、



アメリカ産牛肉問題に揺れに揺れている韓国を訪問するのはかなり気が重かったでしょうに...



ブッシュさん...よくいらっしゃってくれたニダ。( ̄∀ ̄)
(でも同行した娘のバーバラさんの顔の強張り具合が気になる。バーバラさんの緊張顔の写真はこちら。



イベント(サッカーとか野球とか)などで集まるのが大好きな(というかワールドカップ以来皆で集まって騒ぐ快感を覚えた)韓国の人達...



最近はとにかく何かコトが起こったら集まります



で、今回のブッシュ大統領の訪問も韓国の多くの人達にとっては大ゴトですので



ブッシュ大統領を歓迎する集まりはもちろん



訪韓を反対する人々の集まりもございまして



ソウルの中心部はまた色々と騒がしかったようです。



普段は熱くなっている韓国の人を見るたびに



「もう~。そんなにカッカしてたら倒れちゃうわよ~。( ̄∀ ̄)」



とか



「夏なんだからそんなに無理しちゃ駄目ニダよ~。( ̄∀ ̄)」



とか



「ほんと、集まるの好きよね~。暑いんだから家にいたらいいのに。( ̄∀ ̄)」



とか



考えていた私ですが



今回はブッシュ大統領の訪問&この集会達のおかげでちょっといいこと?땰があったんですわ。



それは



この中心部(ソウル市庁前とか光化門)の集会のおかげで



にゃん太郎(夫)さんの会社...



集会により危険が生じる恐れがあるため



定時より1時間も早い5時に帰宅するようにと社内放送で指示が出たそうなんです。



にゃん太郎からその話を電話で聞いた時は



毎週水曜日は家庭の日=早く帰宅して家族サービスをする日というものを作っておきながら



ほとんどそれを守らせていないあの会社がそんなことを言うなんて!!」
と、



そして「これは相当ブッシュ関連の集会がやばいことになっているのね......(;‐ω‐)」と思い



にゃん太郎が無事に帰って来られるかどうか心配したのですが、



実際はにゃん太郎が会社を出た5時半頃には



市庁近辺や光化門の辺りは普段通りだったみたいで
(集会はその1、2時間後にあったみたい。)



にゃん太郎は無事に帰って来られました。



そしていつもだったらにゃん太郎と一緒に晩御飯を食べることはありえない



6時半に仲良く晩御飯を食べ、



そしてこんな貴重な時間を私達にくれたブッシュ大統領に感謝しながら



にゃん太郎が光化門で買って来てくれたミスドのドーナツを頬張ったのでございます。



こういう事態のおかげで...と思うとちょっと複雑ですが



久しぶりに平日、にゃん太郎とゆっくり食事ができた火曜日でした。







おまけ。



タイトル 「我が家の網戸と猫」



oitumerupote1.jpg
                       またつけてる...      ぽてとです。



今日も梅ちゃんを追い回すストーカーぽて子。



そして耳を思いっきりぽてとのほうに傾けてぽてとの気配を感じ取る梅ちゃん。



oitumerupote2.jpg
     (恐る恐る..)                                 何か音がするの。



ぽてとが何かに気をとられている間



梅ちゃんはさりげなくぽての様子をチェック&そしてさらに窓際へと移動。



oitumerupote4.jpg
           この子しつこいの...                         あ、梅ちゃん...



そして網戸のすぐ近くで「梅子お外出たいポーズ」をします。



※梅子お外出たいポーズ=窓辺で仁王立ち



いつもだったらすぐお外に出してくれる飼い主が



今日はなかなか出してくれない...



そう思った梅子さんは強硬手段に。



oitumerupote5.jpg
         ズズズ......                      梅ちゃんのお尻しか見えないの。



そうです。



網戸をぶち破って自らお外へ出て行ったのです。
(正確にはもともと猫達によって開けられていた穴をさらに大きくして)
      


oitumerupote6.jpg
            スルン。                   あれあれ~。           



梅ちゃんの背中(お尻)を見つめるぽてとさんの背中が



心なしかいつもより寂しげに見えたりして...。



oitumerupote7.jpg
                              あれれ。



こうして我が家の網戸は夏の間



ストーカーぽてとと梅ちゃんの連携プレーによって破壊され続けます...。(´ω`)







 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




韓国ファンシー靴下お買い上げ。
このブログでいつも韓国ファンシーについてあーだこうだと厳しいことを言っている私でございますが



毎日毎日韓国ファンシーを目の当たりにしていて



どこかおかしくなってしまったのでしょうか...



なんとこの間私達の家の近所のファンシーショップにて



韓国ファンシー靴下?땰を買ってしまいました。



だって...日本で買って来た靴下...皆履けなくなっちゃったしぃ。



Eマートで買った靴下なんか...すぐ履けなくなっちゃったしぃ。



こりゃもうファンシー靴下のお世話になるしかないと思ったんですわ。



で、私が買った靴下がこちら。



DSCF6748.jpg



韓国ファンシーわんこ靴下です。



ファンシー靴下に頼るしかないと先ほどは書きましたが



実は...結構これ気に入ってるんです。( ̄∀ ̄)



だってこれ...韓国ファンシーショップの商品にしては



そんなにファンシーファンシーしていないし。



犬の顔の「 ω 」の部分がとっても可愛いし。
(私は動物の ω が好きなんです。)



それにこれ、スニーカーを履いていたら一見シンプルな白い靴下に見える(はずな)ので



涼しい顔で外では普通の、シンプルな白い靴下を履く女を演じることができるし...。
(そして家の中ではファンシーわんこ全開で過ごす。)



買ってからまだ一度も履いていませんが...



そんな状況を想像するだけで楽しいっす。( ̄∀ ̄)



あ、そうそう。



この靴下にURLが書いてあったので



今朝時間があったのでちょっと見てみたんですけど



なんとこのわんこ靴下がヒット商品になっていました。
(韓国の靴下ショップのURLはこちら。)



ということは...韓国ファンシー大好きっ子の多くが色々な靴下の中からこれを選んでるってことよね??



ってことは私もこの会社の策略に、



というか韓国ファンシーの魅力?땰



まんまとはまりつつあるってことですか!?



いや、違うのよ。私は韓国ファンシーは好きじゃないのよ。



わんこ靴下、見てすぐゲットしちゃったけどさ...



靴下のショップのサイトを見て



グレーわんこも可愛いと思っていたりするけどさ...



このまま私は韓国ファンシーの世界に入って行ってしまうのでしょうか...



ちょっと怖いです。



はまるのは韓国パジャマの世界だけでいいです。
(韓国パジャマは派手すぎず、シンプル過ぎず、ぶりぶりしているところが好きっす。)



終わり。







おまけ。



タイトル 「ストーカーぽて子。」



oikakerupote1.jpg



庭を歩く梅の後ろに続く白い子豚...



その名はぽてと...



oikakerupote2.jpg



ある程度の距離をとっていますが明らかに梅をつけています。



oikakerupote3.jpg



でも相手は用心深い梅ちゃん、



そのため途中でおでこコツン&鼻ツンと、カムフラージュも怠りません。



oikakerupote4.jpg



それまでの慎重さはどうしたのかと突っ込みたいほど強硬手段に出るぽてとさん。



積極的に梅ちゃんのお尻のにおいを嗅ぎに行っちゃいます。



oikakerupote5.jpg




チェック完了。



(; ´ω`)「ぽ、ぽてとさん梅ちゃんのお尻いかがでしたか??」




modorupote1.jpg
                    ............



(  ´ω`) 「 あの...... 」




modorupote2.jpg 
                 くさーにゃの!!



...報告どうもありがとうございました。(´ω`)





 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




プロフィール

gomosuke2

Author:gomosuke2
ごもすけ(日本人・女)…78年7月生まれ。
にゃん太郎(韓国人・男)…77年1月生まれ。
2002年知り合い、2007年2月結婚しました。
ソウルの端っこ、金浦空港の近くに住んでます。
暇さえあれば空港内をうろうろしてる夫婦です。
2010年8月7日、にゃ子(娘)が産まれました。

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー
最近の記事
国際結婚&猫ブログランキング

ぽちっと一発 (●`・ω・)⊃ 応援の猫パンチお願いします。

月別アーカイブ

最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。