猫好き日韓夫婦の生活・周りの人々について書いてます。
半年の間。
前回のブログ更新から半年も時間が過ぎちゃったよ。。


えーと、この半年の間に何あったかなー。


まず前回のブログ(といっても11月末)更新してすぐ、12月の頭ににゃ子(娘)が水疱瘡にかかり。。


それからクリスマスイブに(確か)、賃貸で住んでた家の大家さんから家を売りに出すと連絡が来て。。


不動産に売りに出されて10日で買い手が見つかり2週間で引越し先の家を探し。。


引越し先が決まってから引越し日(3月末)までの約2ヶ月は家にある物を売ったりして整理&処分&掃除に明け暮れ。。


引っ越しの日が次の週に迫った頃、にゃ子&私が相次いでインフルエンザにかかり。。


引っ越し当日は毎度のことながら数々の韓国ならではのちょっとしたトラブル&カルチャーショックにやられ。。


引っ越し後も日々家の掃除&修繕に全力を注ぐこと2ヶ月。。(しかもまだ全部終わってない。)


と、とりあえず引っ越し関連のこと&病気に色々やられてました。


あ、にゃ子が2月から週3回バレエ、5月からはこれまた週3回水泳教室に通っていて


日曜日以外は毎日バレエまたは水泳教室へ通うという、もろ韓国親子的な生活を送ってます。
(年少さんから習っていたベリーダンスはやめました。)


以上、私の近況でしたー。





あ、前回のブログの記事で書いた多文化家庭支援センターの


某航空会社の乗務員と、国際結婚して韓国に来た外国人の触れ合いイベントの写真をたまたま見る機会があったのですが


イベント内容の[自撮り写真、ネイルケア、メイクアップ等]というのは


ただの自撮り写真ではなく


その、某航空会社の制服を着ての自撮りでした。


しかも本物の乗務員の方と同じ制服を着て並んで記念撮影もですよ。


参加していた方は東南アジア系の方が多かったみたいで身長こそ本物の乗務員の方には負けてましたけど


皆さん、顔の華やかさでは負けてないし、まあ楽しそうに写られていて何よりと思いましたけど、


同じ東アジアの身長も特に高くなく、地味な顔の私がもしその場にいたらと思うと。。


変な好奇心を起こしてイベントに行かなくてよかったと...本当に心から思いましたとさ。。。


終わり。


スポンサーサイト
病院通いの1カ月。
あー、やっと更新できるわ。また1カ月ブログ更新できないかと思ったわ。。


この1カ月何してたかというと


ほぼ毎日病院通ってました。


5月12日からですね、にゃ子の耳鼻科通院が始まり
(4月からにゃ子の鼻づまりが続いていたので一応どんな状態なのか見てもらおうと軽い気持ちで通い始めたのです。)


その後5月31日(土)まで、日曜日の休診日以外


毎日毎日幼稚園に行く前に朝、耳鼻科に寄り


鼻の中の消毒やら赤外線治療的なもの(?)を受けました。


そして3週間もかけての通院がやっと終わった5月31日の翌日、6月1日から


にゃ子、まさかの発熱。


6月1日が日曜日だったのでその日は病院へは行かなかったのですが、


翌日の6月2日からはまた病院通いの日々。
(幸い、月、水、木、土の4回の通院だけで済みましたが。。)


日曜の休診日と、先週の火曜日、金曜日以外本当に毎日病院行ってました。。。


あまりにも病院に行ってたものだから


にゃ子、今日から幼稚園に行けるというのに、


「お母さん、今日どこ行くの?病院?」って聞いてきましたからね。
(幸い、にゃ子は病院行くの好きなので、その点はよかったです。病院嫌いな子だったら大変だったろうなあ。。)


ああそうそう、今回はにゃん太郎(夫)もにゃ子とほぼ同時期扁桃腺でダウンしてました。


というかまだ彼は本調子ではないです。


なぜならにゃん太郎、ヤツは病気の時は安静に過ごすということができないからです。


にゃん太郎が喉の痛み&熱、だるさ等の症状を訴え、病院に行ったのは5月31日土曜日の朝なんですけど、
(滅多に風邪をひかない&病院に行かないので病院行ってくると言った時はさすがにしんどいのだなと思いました。)


あの人、その5月31日の夜10時頃、


自転車に乗ってEマート(大型スーパー)に行き、


自分の身長位ある観葉植物を購入し、自宅まで持ち帰った男ですからね。
(しかも自転車の荷台にその大型観葉植物を載せて、自転車を押して歩いて帰って来た。しかも家に帰って来たのは12時前。)


そして次の日は市民農園に行き、サンチュの収穫&大根の種まきをした男ですからね。


それで先週、にゃん太郎はずっと体調悪し、でも動きたし状態でちょこちょこ動いて


案の定、にゃ子より治りが遅かったんです。
(ピークの時の症状そのものはにゃ子の方がずっとぐったりしてたけど)


なのでこれに懲りて、少しはこの週末安静に過ごすかなと思ったんですけど


彼の俺はやるぜモードが一旦入ると扁桃腺もその他のもの諸々、何も見えなくなるようで


一昨日土曜日の夜はというと、いつものごとく彼は夜9時頃いつもの大型スーパーへと旅立ち、


今度は大型観葉植物を入れるための特大の鉢を買って帰って来ました。。(もちろん自転車で)


しかも鉢をものすごく重そうに持ち上げてリビングの方に来るので大丈夫かなと思いながら見てたら


鉢の中から、まさかのスイカ(←にゃん太郎の大好物。スーパーで一緒に買ったらしい。。)が出てくるサプライズ付きだったという。。。


この風邪、普段滅多に風邪をひかないにゃん太郎もかかってしまったものなので


にゃ子と常に一緒の私はもれなくこの症状をもらいましたが


病気にかかったら必要以上に安静にするタイプなので


今回はなんとかひどくならず気力で乗り越えることができました。


というか4月の膀胱炎があまりにもしんどすぎたので


これくらいならなんとか動けると思えたのがよかったみたいです。


普段は気力で乗り越えようと思っても乗り越えられなかったんですけどね。


あの膀胱炎がまさかこんなところに役に立つとは。。



引越しと膀胱炎
先週の木曜日に引越し無事終わりました。



終わった感想。



もうしばらく引越しはしたくないの一言に限る。



気力、体力使いまくり。もちろんお金もかかるし。



私は何気にね、今回の引越し、2年前の引越しより楽かなと思ってたんです。



なんたって、にゃ子が昼間幼稚園行ってますからね。



引越し当日、そして引越し後も、昼間ちょこちょこ作業すれば



家の中の片付けも早めに終わるだろうと思ってたんです。



でもですね。



引越しから1週間経ちましたが、まだ全部片付けられてません。



なぜならこの1週間、膀胱炎に苦しんでいたから。



引越しの二日前からなんか怪しい違和感を感じ初め、



引越し当日なんか明らかに私、膀胱炎になりかけてる。という痛みに襲われ、



引越し業者さん用に出しておいた水を大量に失敬しつつ、



あなたお腹壊してるの?ってほど頻繁にトイレに駆け込みつつの作業。



引越しの業者さん達が思っていたより若い方々で



トイレに駆け込むのも初めは恥ずかしくてしょうがなかったわ。。
(でも数回行ったらもう恥じらいは捨て、何回もトイレに駆け込んだけど。)



引越し先に行ってからは床掃除に熱中しすぎたのもあって痛みから解放されてたけど、
(土足で荷物の搬入をするため、床掃除必須。小さい家具を移動させつつの作業で床掃除だけで2時間半はかかりました。。)



床掃除がほぼ終わって、にゃ子(娘)が家に帰ってきてからは
(にゃん太郎(夫)母が18時頃まで見ていてくれた。)



痛みが用を足す時だけではなく、腰にまで来て冷や汗かくほどでした。。。



以前、睡眠時間が1日3時間、1日の食事時間が計10分という忙しさで生活していた時、



疲れとストレスで、膀胱炎の更に悪化した腎盂腎炎になりかけたことがあったので
(膀胱炎が膀胱にまで細菌が行って炎症を起こすとしたら、腎盂腎炎は体の更に奥の腎臓にまで細菌が行って炎症を起こす病気。(だと思う。))



それになったらどうしようとかなり焦りました。



そして引越し当日は夜9時半過ぎにやっと布団に行け、休むことができたのですが



金曜日、よくなるどころか、ちょっとお皿を洗ったり、洗濯物を干したりの



軽めの家事をしただけなのにどんどん悪化して行ってしまい



腰が痛いし、悪寒もするし、トイレも10分もしないうちに行きたくなるしで



にゃ子の幼稚園のお迎えも、途中で行き倒れたら(それと粗相をしてしまったら←冗談ではなくこの時は真剣にそう思っていた)どうしようと思いながら



途中まで行きましたね。



結局、途中、用があって寄った家の近くの不動産屋にて会ったにゃん太郎母が



私のあまりのやつれ具合に「いいから家で休んでなさい!にゃ子は私が迎えに行くから!」と言ってくれ



行き倒れずには済んだんですけどね。



それから土曜日のお昼過ぎと痛みがピークになり、病院に行こうかどうか



かなり悩みましたが抗生剤を飲みたくなかったので、



ひたすら水をがぶ飲み→トイレに通うの日々を送っていました。



というか、まだ基本的にがぶ飲み生活です。



がぶ飲み生活のおかげで用を足す時の痛みはかなり和らいだのですが



にゃ子の韓国語の授業がある日のようなスケジュールをこなすと



痛みが再度やって来たりしてます。



なので最近はできるだけ無理をしないように、



にゃ子を寝かしつけたらそのまま自分も朝まで寝る日々が続いていました。
(夜中に2、3回トイレに行くけどね。妊婦かってほどトイレに起きる。。)



あと、冷えたらすぐトイレに行きたくなるので冬用のコートを着たり。



家から出たら常にトイレに行くタイミング、場所をチェックしたりも必須なのよね。



あー。早く、普通に動けるようになりたいです。。




韓国で地震&もうすぐ引越し。
韓国って日本に比べたら地震なんて全くないと言っていいほど



揺れてると感じることができる地震ってあまり起きないんですけど



今日の明け方、地震で目が覚めました。



結構深く眠っていたので、地震が起きた時には



日本の実家のベッドで地震を感じていると勘違いし、



あれ?でも日本には帰って来てないはず...今どこにいるんだっけ?ソウルだよね。。



韓国で揺れを感じるってことは中国とか日本で大きな地震が起きたのかな。。。と



半分以上寝ながら、でも一応揺れを感じた時間を確認してから(携帯の時計で4時50分だった)寝ました。



たぶん震度2とか3位の揺れかと思うのですが(マグニチュードは5.1らしい)



朝、起きてすぐ韓国のネットのニュースで見たら



韓国の西側の海の方で起きた地震とかでびっくり&被害も出てないようで安心しました。



しかし地震に慣れてない韓国の人は明け方のこの揺れ、怖かっただろうなあと思いました。



うちの韓国人、にゃん太郎(夫)は全く気づいてませんでしたがね。







新しいアパート(日本で言うマンション)に引っ越す日まであと数日。。



私。。。もう疲れてます。



週末は土曜日も日曜日も引越し先へ行き、家具の配置を考えたり、大掃除をしたり。



韓国は前の住人が掃除をして行く必要がないのと、
(でも我が家は掃除して出て行く派。)



引越し業者の人が家の中でも土足で作業をするため



とってもとってもとーっても汚いのです。



それにしても引越し先の家、掃除のおばさんが入ってた割りには細かいところが汚かったわ。。



たぶん外国人ということで適当に掃除されてたのではないかと。。



私が掃除のおばさんとして入ったほうが何十倍もいい仕事しまっせと思ったほど。。



あと、大変だったのが、前の住人のごみ(資源ごみ)が大量に家の中に残されていたこと。



大きいスーパーの袋に軽く10袋位はありました。



前に住んでいた人が飛行機の機長さんだったため、



資源ごみを捨てる日、時間に合わせて捨てるのが大変だったみたいで
(月曜日の朝6時半から9時半(たぶん)らしい)



そのたまりにたまった資源ごみの山を処理するのがこれまた疲れました。
(引越し当日も仕事で引越し作業には立ち会えず、引越し業者だけが来て荷物だけを持っていったのでゴミが放置されてたみたい。。でも会社で借りてた家なんだからその某航空会社がなんとかすべきではないかと思ってしまう。)



まあ、その方日本人だったのでビニール袋ごとちゃんとごみを分別して入れておいてくれたのでそこはよかったですが、



人のごみを処理するのはちょっといい気分ではなかったです。。



昨日、今日は家の中の荷物の整理、掃除、ごみの整理などを



にゃ子(娘)が幼稚園に行っている間、延々としてました。



そして明日は引越しの業者さんには触られたくない



にゃ子のおもちゃ、本などや貴重品の整理などの作業が残っています。



そしてにゃ子が寝てからは床に敷いてあるマットの撤去作業もする予定。



こんなに前もって準備していても引越し当日はバタバタなんだろうなー。



そして引っ越してから落ち着くまで1カ月位はかかるんだろうなー。



そのことを思うと一気に疲れますが



家の中の収納、物を置く位置など、使い勝手がいいように考えたり配置するの好きなので



楽しんで作業していけたらなと思いますー。




にゃ子(娘)の韓国語の授業が始まりました。
12月に申し込んでいた、住んでいる区の多文化家族支援センター(←国際結婚の家庭をサポートしてくれる機関)での



言語治療というプログラムに、空きが出たとのことで



先週から週に2回、1回40分の韓国語の授業をにゃ子(娘)が受けられるようになりました。



韓国人の先生と1対1で、本とかおもちゃを使って遊びながらの授業なので、



にゃ子も楽しいようで、今日は支援センター行くの?と毎日聞いてくるほどです。



しかしですね、お母さん(私)はちょっと疲れてます。。



だって...この多文化家族支援センター、微妙に遠いんですもの。



大人の足だったらもうちょっと速いのかもしれませんが



気まぐれ3歳児のにゃ子を連れての移動なのでなんだかんだ言って移動に40分から1時間かかります。



なので授業がある日は夕方ちょっとバタバタしちゃうんですよねー。



授業がある日のスケジュール↓



13時半 幼稚園ににゃ子を迎えに行く
(授業の初日、14時に迎えに行ったら支援センターに14時55分とギリギリに着いてしまったので早めに迎えに行くことに。)



14時半頃 多文化家族支援センター到着
(授業が始まるまで、センターに置いてある絵本などを見て遊んで待っている)



15時~15時40分 韓国語の授業
(授業の間、私は別室で待機)



15時40分~16時頃まで もっとセンターで遊びたいというにゃ子を説得し連れて帰る

             

16時15分頃 やっとのことで地下鉄に乗り込む
(センターから駅までの道も狭くて人通りが多く歩きにくいのです。。途中、ペットショップもありにゃ子がそこで猫を見たがるので時間もかかる。)



16時40分頃 家到着



17時頃~ 夕食、 お風呂
(洗濯、次の日の支度等。にゃ子の幼稚園のお弁当箱の下に敷くランチョンマットみたいなのを毎日洗っていくため洗濯がこの時間になる)


19時 寝かしつけをはじめる



こうやって書いてみるとそんなに大変じゃないないんですけど、



支援センターで授業がある日、私は19時から翌朝の6時半まで爆睡してしまいます。



先週なんか寝かしつけてそのまま朝まで寝てしまうというのが4日ありました。



これは慣れるまで頑張るしかないなあ。。



しかし幼稚園に朝送るのも未だに慣れないからこれも時間かかるかなー。



朝も朝で毎日バタバタなんですよ。



だって気まぐれ3歳児相手ですからね。。



ま、でも朝から幼稚園、その後支援センターというスケジュールでもちゃんとついて来てくれる



にゃ子とにゃ子の体力、そして韓国語の授業を受けられる環境に感謝しつつ



慣れるまで頑張ろうと思います。



ソウルに戻ってきました。
あけましておめでとうございます!!



12月の中旬にソウルに戻り、やっとなんとか落ち着いてきたところです。



この2週間の間、



着いた翌日→ 幼稚園の見学
(幼稚園の願書&抽選時期、私達は日本にいましたが、にゃん太郎(夫)母が代理で手続きをしてくれ、合格したのでどちらに行かせるか迷っていた第一希望と第二希望の所を見学してきました。)




翌日以降の数日→ 毎日スーパーに通い食材確保&料理、掃除、荷解き



次の週以降 
にゃ子(娘)のリクエストに応えお出かけの日々
(日本でほぼ毎日どこかしら出かけてたのもあり、朝起きると「今日はどこに行くの?」と聞かれる。。。なので毎日にゃ子メインのお出かけの日々)



多文化家族(国際結婚家庭)支援センター訪問&手続き
(にゃ子が日本での8ヶ月の生活で韓国語をほぼ忘れてしまったため、韓国語のレッスンの申し込みをしてきました。しかしすぐに受講できないので連絡待ち。一体いつ受けられるのか。。。)



出入国管理事務所で手続き
(永住権を持っている外国人は皆指紋登録しなければいけなくなったとかで、期限が2013年の末までだったので行ってきました。しかも予約がとれたのが12月31日。。。カオスな雰囲気の入管で30分たたずんだ(予約時間を過ぎたら順番待ちしなきゃなので。)大晦日のあの日を私は一生忘れない。。。)



ってな感じで、冬にあんまり外に出たくない私としてはかなり頑張りました。



まあ、日本にぎりぎりまでいた私が悪いんですけどねえ。



でもそのおかげで姉の赤ちゃんも抱っこできたし、
(12月1日に二番目の姉に女の子が産まれました。当初は11月下旬に韓国に戻る予定だったのでそうだったら見られなかった。)



友達ともまた遊べたし、



日本で色々買い物もできたし、



12月に帰ることにしてよかったなーと思ってます。
(最後の方は会う人会う人にまだ日本いたんだ!?と言われたけど(笑))



来年の入園はあきらめていた幼稚園も、にゃん太郎母パワーなのか、それともゆるーい韓国ならではなのか



それとも地域柄、そんなに激戦区でもないからか



私とにゃ子が韓国に不在でも、三ヶ所申し込みして、三ヶ所ともすんなり合格できたし。
(しかも11月下旬とか12月初めに願書受付だったのに、証明写真に写るにゃ子は半袖姿(笑)10月中旬に撮ったんだけど、その頃、数日猛暑日が続いてたのよ。。。30度超えたりとか。。。)



にゃん太郎母パワー節が一番有力かと私は思ってますが。。。
(運良さそう(←人気がある園は抽選)&どの園長ともすぐ仲良くなったらしいし。当の本人はにゃ子が賢そうに見えるから~とかなんとか言ってたけど。)



あ、そうだ私なりに頑張りすぎたので、正月早々、口にヘルペスできたんだったわ。



まあ、とにかく、以上、私の近況でした。






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。



オリニチプ新学期&指紋登録
にゃ子(娘)のオリニチプ(保育園)の新学期が始まって2週間が経ちました。



新学期が始まってもそれはゆる~い韓国なのでそんな大変なこともないのですが



なんとなく精神的に落ち着かない日々を送っていました。(今も若干そう)



担任の先生が変わった(でも前からいて時々話をしたことがある先生。前の先生は引越しと共に辞めていっちゃった(泣))のもあって、その先生に



にゃ子の言葉のこと(日本語と韓国語両方教えてること)とか



食べ物のこと(ケーキや飴、クッキーなどの所謂市販のお菓子はあげてないこと)とか



今まで通り100%伝わっているかどうか不安というか



なんとなくあんまりちゃんと伝わってない印象を受けたので



あまりうるさい保護者という印象を持たせない程度にと



送り迎えの際にその話題が出たらそれとなくこちらから考えを話したり...



と気を使ってて疲れてたのもありました。



それに韓国の人って結構人見知りするからね...
(私も人見知りするけど日本の人は初対面の人同士でもにこやかに笑って話すようにするのに対して韓国の人って初対面だとかなりぎこちなかったりすることが多いのよね。私が日本人だからじゃなくて、韓国人同士を見ててもそんな印象を受けます。)



その壁を壊すのにも気を使っているというか、使ったというか。



あと、オリエンテーションの前日に通っている保育園とは別の保育園、二箇所から空きがありますけどどうですかという連絡があって



新学期早々、そこの見学に行ったり、連絡を待ったりでちょっと気が休まりませんでした。
(二箇所とも評判がよくて、満6歳まで通えるとこ(今のとこはにゃ子の場合は今年:満3歳で終わり)だったので見学に行って見ました。そのうちの1箇所はすごくよかったのですが、また次の機会にということになりました。)



それと...今日は早速誕生日パーティーもあったしね。
(ひと月に1回誕生日パーティーがあるのですが、その日の給食ににケーキが少し出てしまうので、にゃ子用に蒸しパンを持っていくのです。)



そうだそうだ昨日はホワイトデーで園のお母さんが子供達にと持たせてくれた



チョコ、飴のプレゼントとかいうのにもにゃ子が興味を示して手を焼いたのだったわ...。
(チョコ、飴はお父さんにプレゼントしよう。ということで納得してくれました。)



こう書いてみると本当にたいしたことないんだけど、なんか疲れたー。






話はちょっと変わって。



オリニチプの新学期提出した書類の中に『指紋等事前登録』に関するものがありました。



これは子供が迷子になったり事件に巻き込まれた時のためにしておくものです。



噂には聞いていたものの、実際にどんな書類、手続きが必要かとかは調べるまでには至っていなかったので



この新学期に合わせて警察が直接保育園、幼稚園等を訪問して登録してくれるとのことでそれではとお願いしました。



子供に関する情報(身長、体重、顔の形、髪の色、ほくろの位置、よく行く場所など)を記入した申請書と住民票を出しました。



子供を狙った事件が多いし、まあ形式的なことでしかないかもしれないけど、しないよりはした方がいいかなと。



でもこの情報が絶対に使われることのないように、私がこの小さなにゃ子を守らなければなと改めて思いました。



では今日はこの辺で。






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。



不審者(?)に侵入されそうになるの巻
その事件(?)は昨日の夕方のこと。



普段ほとんど鳴ることのない我が家の玄関のチャイムが「ピンポォ~ン」と鳴りました。



家は基本的にいきなりの来客はありません。



いきなりの来客...というとアポ無し訪問が多いことで有名な韓国のシオモニ(姑)か!?と普通は思うのでしょうが



私のシオモニであるにゃん太郎(夫)母は以前、夜いきなり来て



風呂上りの真っ裸の私とにゃ子(娘)をそれはそれは驚かし、にゃ子を15分以上ギャン泣きさせる&その日の夜、夜泣きさせる(にゃ子は夜泣きしない子だった)、という事件を起こして以来



急に来られると困ります!!!と私が激怒したので(普通嫁はシオモニに怒らないけど(笑))



電話か携帯メッセージで連絡してから来ます。



なのでにゃん太郎母の訪問でもないし、宅配を頼んだ覚えもないし、



これは...下の階の人がとうとう家に苦情を言いに来たか!?と恐る恐る「どちらさまですか?」と言いながらインターホンのモニターを押して見たところ。。。



モニターに写っていたのは80歳位のよぼよぼの小刻みに揺れているおじいいさん



そして歯がほとんどないのか金さん銀さんの金さんのように歯をもぐもぐしている



色も浅黒く、服装もなんだからよろよろ。髪もぐしゃぐしゃの浮浪者のような雰囲気



しかも私の数回にわたる「どちらさまですか?」に全く反応しない



一瞬にして恐怖で私は固まりました。



そして色々な考えが頭の中を巡ります。



これは下の住人(下の階の住人及びマンションの住人とはエレベーター等で会ったら挨拶するので)では...ないぞ!!!



そしてどう見ても宅配のおじさんでもない!!!!(揺れてるし)



これは噂に聞く留守宅を狙った泥棒か?



しかしこのおじいさんはどうやってマンションのエントランス(カードキーがないと入って来られない)を入って来られたのか!?



そしてなぜたくさんある家の中、この日本人の娘っ子(←もうおばさんだけど...気分は)の家を選んで来たのか!?




などなど...体は恐怖で動きませんが頭の中は忙しく動きます。



恐怖に怯えながらも、一応インターホンには出たし留守じゃないってわかったから



帰ってくれるかなと少し楽観的な考えも持ち始めた頃、



なんとおじいさん、あんなに揺れているのに玄関のドアのノブをがしがしと動かして開けようとして来た!



そして玄関の電子ロックのボタンを押し始めた!



...もうこれは泥棒以外の何者でもない!!!!!!どうする私!!!



それまでは微妙に固まってましたが、手と足が震えて来ました。



でもこのまま開けられたらそれも怖い!ととりあえずドアガードをしたのですが



そのドアガードの音におじいさんが反応。さらにドアをがしがしやってくるのです。



もう、ドアを隔てた向こう側に不審者がいると思ったら怖くて怖くて。



なんとかリビングの壁にあるインターホンの前に立ちおじいさんの様子を観察。



しかし普通に立ってることはできず、インターホンの前をうろうろ、行ったり来たりしてました。



そしてあ、そうだ、こんな時こそマンションの警備員さんに頼めばいいんだ!と思い
(韓国のマンションは警備員がいる。その警備員もおじいさんに近いおじさんだけど。)



確か以前、にゃん太郎がこのインターホンを使って家の中から警備員さんと話してたなと思い



どう操作したらいいかよくわからなかったけど、一応押して見たところ警備員さんとの通話に成功。



状況を話したところ、すぐ来てくれるとのこと。



2分位して警備員さん「おじいさん、何をしてるんですか!?」と登場。



ドア越しでしか状況が分からなかったのですがおじいさん「いや...○○2号室が...」と言いながら



警備員さんを避けて階段を使って上の方に登っている模様。



しかし我が家はマンションの最上階の家。



階段を上がってもその上には家はありません。あるのは屋上だけ。



これは怪しい。怪しすぎる!警備員さんに何かあったらどうしよう?と思いながら聞き耳を立てていると



「おじいさん、とりあえず降りてきてください」という警備員さんの声が。



そして降りてきたおじいさんとしばらく話をしている。



どんな話をしているのか全てはわからなかったのですが
(ドア越しだし、おじいさんの会話だし、にゃ子が隣でずっと「誰?誰?」と聞いてきたので。)



「○○2号室なら下ですよー。」という会話の後、下の階に二人で下りていく足音、そして下の階の住人とおじいさんと警備員さんとが話す声が数分位した後、静かに。



あれ?結局何だったの!?不審者ではなくやはり下の階に用があったの!?そして警備員さんは帰ったの?と思いながら



びっくりしたねーとにゃ子と話をしてたところ、警備室から連絡が。



「下の階の家、○○2号室に○○を貼りに来たおじいさんでした。ちょっとぼけているおじいさんのしたことですからご理解ください。」



...もうね。一気に崩れたね。



不審者じゃなくて結果オーライなんだろうけど本当、寿命縮んだっつーの。



あのおじいさん、怪しさ満点だっつーの。



...韓国に住んでると面白いこともあるけど、しなくていい恐怖体験するわ。。。(市場で犬の肉とか揺れる歩道橋とか)






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。



にゃ子が生まれるまで
皆さん、お久しぶりです。

またまたにゃん太郎でございます。


想像を超える子育ての大変さに圧倒され、ブログを書くことは到底出来ないっと
モラトリアムを宣言したごもすけの変わりにまた僕の方から書かせていただきます。

今日はうちの「にゃ子」(娘)が生まれるまでのことを書いておきたいと思います。


時は8月2日(予定日)の夕方、それまでは全然産まれる気配がないっと言っていたごもすけから
「おしるしがあった!」との報告が届きました。

(ちなみに、ごもすけは里帰り出産のため日本に帰っていて、僕は韓国でスタンバル状態でした。)

「これはこれは、はよチケットの手配をせーなあかん!」と慌てる僕に、

「でもまだ全然お腹も痛くないし、早くて4日辺りから陣痛始まるかもよ~」というごもすけの一言で安心していましたが、、、


そうなんです。安心は禁物です。

3日の夜中、10分間隔の陣痛が始まったっとの、ごもすけからの電話を受けた僕は
早速チケットを予約し、日本へ飛んでいったのです。。が!なんと、笑顔で僕を迎えるごもすけ!

確かに陣痛はあるものの、まだまだ生まれるまでは時間がかかりそうだったので、
しばらく出来なかったお腹のナデナデで激しい胎動を感じながら陣痛1日目は終わりました。


そして診察日だった4日の朝、病院の先生から「子宮口も全然開いてないし、
このままじゃ9日に帝王切開することも考えておいて」という衝撃的な発言が。。。

与えられた休みの日がそんなに長くなかったため、下手したら子供の顔も見れないまま
韓国に帰ってしまうという最悪のシナリオが頭をよぎる一瞬でした。

病院から帰ってきてブルーになっている僕を見たごもすけは、
ずっと続く陣痛をこらえながら家の周りの散歩や出産を促進する体操をやってくれました。

(ほんまに頑張った、ごもすけ!あんたは偉いよ!)


ごもすけのその努力が効いたのか、陣痛はどんどん激しくなり、やがて5日の午後になってからは
耐えられない痛みで入院することになりました。

検査の結果、子宮口は1.5cm開いていて、早ければ次の朝には産まれるという
嬉しいお知らせを耳にしたのですが、出産ってほんとうに分からないものですね。


次の朝、苦しんでいたごもすけより後から入院してきた隣の妊婦さんに先越され、
4人部屋の中で陣痛で苦しんでいる妊婦さんは一人きりになってしまった可哀想な
ごもすけの疲れた顔は今も忘れられません。

(ごもすけ、この時点で3日間10時間も寝ていなかったのです。)

苦しい時間は流れ、6日の夕方、内診中に破水したごもすけはようやく分娩台に移ったのです。

しかし、ここからはこの間の記事にも書いたように、また他の妊婦さんに先越され、
二人きりのほったらかし状態。

そこで僕は頑張って励ましたり、一緒に深呼吸の練習をしたりしたのですが。。。
返ってくる反応は「話かけないでよ!」とか、「こっちに吐息出さないでよ!」とかで、
いつものごもすけとは全く違う反応に驚きながらも、
「お!いいぞ!いよいよ来るのか!」と思ったのです。


そうやって日にちは変わり、8月7日の午前1時57分、
まる4日間の長い陣痛を終えにゃ子が生まれました!


あまりにも長く待っていたせいか、にゃ子を見て最初に思ったことは
「これで俺もパパになった~!」。。ではなく、

「あれ?俺と全然似てへんな。。。」 とか 「これでごもすけもやっと寝られるな。。。」でしたね。


にゃ子が産まれて3日しか一緒にいなかったので、文を書いてる今も正直パパになった
実感があんまりありません。ただ早く日本に行って会いたいだけです。

(あ~ちょっと寂しくなってきた~)

会いたいにゃ子の最近の写真を何枚か載せながら今日の文は終わりにします。
長くて変な文を読んでいただき、ありがとうございました。


041.jpg 011.jpg 018.jpg 037.jpg 040.jpg

以上、にゃ子パパのにゃん太郎でした!



 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。

韓国の入管で危うく取り調べをされそうになる。
今日は8ヶ月ぶりに出入国管理事務所に行って来ました。



前回はビザの延長のために行きましたが



今回は先々週ソウルの日本大使館でパスポートの切り替えをして



パスポートの番号が変わったことを申告する必要があり...
(新しいパスポートが発行された日から14日以内に変更事項を知らせないと罰金を払わなければならないんです。)



ビザの延長じゃないのに面倒だわ...と思いつつも



こういうことは早く済ませたかったので今日の朝一で行って来ました。



入管は梧木橋(オモッキョ)から歩いて10分ちょっと行ったところで



その途中に入管に行く外国人&韓国人をターゲットにしたビラ配りのおじさん、おばさんがたっくさ~んいるんですが



朝一だから今日はさすがにビラ配りの方達はいないだろうと思っていた私が甘かった...
(ちなみに梧木橋駅8時半着。入管の業務は9時から。9時前でも事務所自体は開いてます。)



もう既に日中の時と同じ人数のおじさん&おばさんが元気にビラ配りしてました。



駅から入管までずーっとビラを配っているわけではないのですが
(主に駅の近くと入管の前)



一箇所に4、5人のビラ配りが歩道のど真ん中に立って待ち構えているもんだから



こんなこと言っちゃあれだけど...邪魔なのなんのって...。



でも今回は私が外国人に見えなかったのか、それとも他の国の人をターゲットにしているのかよくわかりませんが



全く配られなかったのでよかったです。
(このチラシ、1枚もらうと他のチラシももらう破目になります。それと宗教の勧誘並みに歩いている人の後を着いて行きます。私の前を行く人が行きも帰りもそんな感じで大変そうでした。)



そしてそして...



ビラ配りのおじさん&おばさんを避けつつ、入管に到着したのが8時45分



9時からの業務にばっちり間に合い、しかも受付番号はなんと1番둋빒럻뼹귩볺쀍궢궲궘궬궠궋!!
(番号札、記念に持って帰ろうかと思ったけど間違って窓口に出しちゃった...)



「もしかしたら9時ちょっと過ぎには帰れちゃうかも!?」と心の中は踊りに踊ってました。



でもですね...



今日はいつもよりずっと時間がかかってしまったのです......。



今回はパスポート番号の変更と一緒に



住所の変更も申告しないといけないことに気がついたんですけど...
(役所の手違いで最近新たな(というか本来の)住所が判明しまして...だから引っ越してもないのに住所が変わっていたんです。)



これが...色々と大変なことになるところでございました。



入管の窓口にてパスポートの番号の変更&再入国許可を新しいパスポートにも貼ってもらうのは



新しいパスポートの発効日(ちなみに17日発行)からちゃんと14日以内だったのでスムーズにいったのですが



先ほど書いた住所変更にはパスポート、外国人登録証、申請書の他に



にゃん太郎(夫)の住民登録謄本(住民票みたいなのだと思う)とかいうのが必要と言われ...。



それを聞いた時は初めは家の近くの洞事務所(役所の規模の小さいバージョン)まで取りに行くの??と焦りましたが



入管の向かいにある派出所の隣の洞事務所でも住民登録謄本というのは出るみたいで



面倒くさかったですけど(入管のサイトにこの書類については書いてなかったので)書類さえ取りに行けば帰れるはず...と思いすぐさま取りに行くことに。



そして洞事務所で住民登録謄本とやらを無事発行してもらい



また信号を渡って入管の中へ。



窓口のお姉さんはにゃん太郎の住民登録謄本を見るとちょっと険しい顔に。



そしてこんなことを言ったのです。





「住所が変わってから14日以上経ってますね。洞事務所の手違いで住所変更と書いてありますが、やはり住所が変わってから14日以上経っているので処罰されるかもしれません。」




え......



処罰ですと~~!! Σ( ̄ロ ̄lll)




だって私住所変わってたっていうの最近まで知らなかったし!!



というかそれってそもそも洞事務所の間違いでしょっ!!!



私に何ができたっていうのよ~~。



というようなことを上記の通りじゃなく、かなりオブラートに包んで言ってみるも(韓国なので情に訴えてみようと思って。)



やはり韓国であってもお役所はお役所。



「とりあえず6階に行ってください。」と言われてしまいました。



ちなみに入管では一般的な業務(外国人登録、ビザ変更・延長、再入国許可等等)は普通1階で行います。



普通の外国人はその1階か、収入印紙が売っている地下1階くらいにしか行きません。
(そして私もその二つの階にしか行ったことがない。)



なので「6階へ行ってください。」と言われた時の驚きったら...



「私これから取調べか何かされるの??」と顔面蒼白になってしまいました。
(あ、でも「この建物6階まであったんだ。」とも思った。)



あまりに不安だったので「6階に行って。」と言った窓口のお姉さんに



「そこで何をするんですか??」と少し目をウルウルさせ、



この善良そうなワタクシが6階で何を??とアピールしながら聞きましたが



お姉さんは「行けばわかります。」としか教えてくれず...



もうしょうがない...と思った私は



エレベーターを使って6階に行くことに。



しかし普通、一般の人は1階しか利用しないためエレベーターを使う人は私の他に1人だけ



そして二人とも目指すは犯罪者が行く階(なんであろう)、6階っす。
(この時は一緒に乗ったもう1人(東南アジア系?)を横目で見ながら「あんた...一体何したのよ。」と勝手に「あんたもなんかやったね」目線で見てしまった。すまん。)



そして6階に到着。



初めて行った6階は...



汚い。そして狭い。そしてなんか...怪しい人が数人いる。



しかも窓口(2つしかない)の奥には取調室のようなものが...。



私、めちゃくちゃ場違いでない??と思いつつも



奥に見える取調室、そして窓口の人と話す他の人の話の内容(なにやら早く出(釈放)してくれとかなんとか話してた...)に圧倒されたのか



現実的に14日以内に申請できなかったんだから...自業自得だわ...と1人反省モードに入る私。(もう心は僧侶。)



窓口のお姉さんもなんでこんな娘っ子がこの階にというような顔をしながら書類を受け取り、



そして書類の内容を見ながら誰かと電話で話をしています。



(一体誰と!?とまさか警察!?)と驚きながら聞いていると



相手はどうやら先ほど1階の窓口にいたお姉さん。



そして話している内容を聞くと...



なんと




「洞事務所の間違いで変わったんだし、引越しでもしない限り普通だったら住所が変わったって気づかないものだし今回は免除でいいと思うけど。」




と言ってくれていたのです~~!!!



もう...この時は心の中で何回マンセー(万歳)と声をあげたことか...。



そしてその電話の後、「今回は大丈夫ですよ。」と言われ、すぐ1階に戻ることができ



1階でもすぐに手続きが終わりました。



それにしても今回はラッキーだったなあ...



2つ窓口があったけど、もう1人の人にあたったら違う結果になっていたかもしれないし。
(韓国ではありえる。)



そして私は取調べを受けていただろうし...。



私は日本人ってこともあると思うけど、結構外見が無害なように見えるそうで(中身もそれなりに善良っす。)



今回はその自分の外見とさきほどの僧侶のような反省の態度のおかげでどうにかなったのかなあと思います。



入管の皆様今回は大変お手数かけました...。



今度からはこういうことにならないよう、気をつけようと思いますニダっ。(・ω・)







おまけ。



うちのぽてとは人懐こく、性格もいいんですが


potekoro.jpg



朝は両親を起こすために



ふすまで爪とぎをしたり
(でもふすまは爪とがれてもいいように加工してあるのでとげない。ふすまからシャシャシャ音がするだけ。)



母の化粧台の上にある化粧品などを落としたりする



悪女(ワル)にゃんこになります。


potenobi1.jpg
(悪女(ワル)ぽてとイメージ写真。)







 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




プロフィール

gomosuke2

Author:gomosuke2
ごもすけ(日本人・女)…78年7月生まれ。
にゃん太郎(韓国人・男)…77年1月生まれ。
2002年知り合い、2007年2月結婚しました。
ソウルの端っこ、金浦空港の近くに住んでます。
暇さえあれば空港内をうろうろしてる夫婦です。
2010年8月7日、にゃ子(娘)が産まれました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー
最近の記事
国際結婚&猫ブログランキング

ぽちっと一発 (●`・ω・)⊃ 応援の猫パンチお願いします。

月別アーカイブ

最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター