猫好き日韓夫婦の生活・周りの人々について書いてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旧正月の連休終わり。
韓国は昨日まで旧正月の連休でしたー。



今年も無事終わり、ほおっっっとしております。



いつもはにゃん太郎(夫)の父方の本家に集まるにゃん太郎一族の旧正月でしたが



今年は本家のおばさん(にゃん太郎父の一番上のお兄さんの奥さん)、



本家のお嫁さん(にゃん太郎従兄弟の奥さん)の本家のツーットップ(どちらも強いキャラ)が



おばさんは膝の手術をしたため入院中、本家のお嫁さんは最近働きに出だしたとかで



旧正月に家に人を呼ぶのは今年は無理→旧正月はそれぞれの家族で過ごしましょう。
(それぞれの家族って言っても日本でいう家族単位ではなく、嫁から見たら旦那の実家家族まで含めての家族。家の場合はにゃん太郎母、にゃん太郎妹、にゃん太郎、私、にゃ子(娘)の5人で集まるということ。)



ということになったのが先々週。



それを聞いた私は心の中でガッツポーズ。



こんな気楽な旧正月でいいのかしらあ~~と心穏やかに過ごしていたんです。



しかし。



韓国の予定、決定事項は、変更になる確立が高い(というかまず何かが変わる)ことを私は忘れておった。。。



それぞれの家族で旧正月を。が



本家のおばさん「旧正月病院で過ごすのつまらん。」



本家のお嫁さん「働いてるから無理!!!」



本家のおばさんキレる&いじける



本家のおばさんに同情したにゃん太郎母、旧正月に本家のおばさんを招待する(しかも泊まっていけと)



本家のおばさんが退院して来るならってことで、近場に住んでるにゃん太郎叔父夫婦達もにゃん太郎母宅へ来ることになる




となり、今年はにゃん太郎母宅がまさかの本家の代わりのような状態になることになったというのです!!!



もうね。。。。それが決まってから数日は本当に凹んだね。



ため息がついつい漏れちゃう毎日だったね。。。



でね、どうなることやら。。。と心配していたにゃん太郎母宅での旧正月、終わったんですけど、



にゃん太郎母が料理をほとんど(というか9割以上)してくれたってのもあるけど
(私は火曜日にマンドゥ(韓国の水餃子)作りを手伝っただけ。水、木と料理を頼まれそうになったものの、火曜日ちとむかつくことがあったので誘いの言葉を軽く聞き流し、スルーさせていただいた。ってかスルーできるってどんだけ強い嫁なんだという。)



思っていたより全然楽でしたー。



にゃ子が叔父さん、叔母さん達に人見知りすることなく愛嬌振りまくってくれて私へ注目が集まらなかったし
(おかげでにゃ子の韓国語についてとやかく言われずに済んだ。)



にゃん太郎母宅の居間は狭いので私とにゃ子とにゃん太郎の三人は居間じゃない別の部屋でゆっくり食事もできたし。



そして何より叔父さん叔母さん達が集まると何かと誰かその場にいない一族のメンバーのうわさ話が始まるけど



その場にいたので皆にあーだこーだと言われなく済んだのもあったし。
(私達より結構上のにゃん太郎従兄弟夫婦は子供がいないけど、養子の話まで出てたり。。)



それと親戚の集まりも2日に別れてあるかと思っていたけど旧正月の当日(金曜日)の夜だけで終わったしね。



旧正月、いつもうだうだ考えちゃうけど、



今度の旧正月はもっと気楽に過ごせるように頑張ろー。






おまけ。



タイトル 「旧正月に食べた物達」



旧正月の連休中、にゃん太郎が食べ物で元気だせと色々食べさせてくれました。



20140131_113157.jpg
(にゃん太郎家族と朝ご飯を食べた数時間後に食べてしまったハニーブレッド。)



20140130_103146.jpg
(ぶりとサーモンの刺身も食べた。)



20140201_181125.jpg
(マンドウの生地をにゃん太郎母から大量にもらったのですいとんみたいにして食べた。)



20140111_113653.jpg
(写真は旧正月中に食べたのではないけど。。写真のピザはエッグタルトピザ。旧正月中は韓国料理じゃないのを食べたくなる。他の韓国人もそうみたいで、この日はデリバリーに1時間は待たなきゃだめだったらしい。私達はお店で食べた。)



なんだかんだで食べまくりの4連休だったので(しかも天気悪くてあまり出かけられなかった)



体重が驚くほど増えました。。。



スポンサーサイト
秋夕終わりました。
秋夕(チュソク)終わりましたー。



ま、秋夕と言っても、にゃん太郎(夫)一族の場合は秋夕当日の日曜日に



午前8時半頃墓地集合・礼拝(にゃん太郎一族はキリスト教)→10時半頃河原へ移動、フライパンで肉を焼いたり、温め直したりと昼食の用意→11時半頃昼食食べ始める→1時頃解散



今年も楽なスケジュールでとても助かりました。
(でもいつもより朝早く起きて朝ご飯、食べて10分後に車に乗ったので出発早々にゃ子が吐いてしまった...)



しかし来年からは料理を作って持っていく女の人達の負担を減らすため河原でご飯をやめ、どこか食堂を予約してそこで食事をしようということになっているそうです。



でも私はその料理を作る人に含まれてないので
(にゃん太郎母がおかず係じゃなくてキムチ係というのと、私がにゃん太郎母に「お嫁様」と呼ばれるほど駄目な嫁であるため料理を作れと言わせないれない。)



これは。。。いいことなのだろうか、それとも逆に面倒なことになるのだろうか。。。と考えてしまってます。



なぜなら「河原でご飯」の場合は河原という広い場所で食べるので



にゃん太郎の叔父さん、叔母さん、つまりにゃん太郎母クラスの、所謂目上の人とかなり離れて座れ、
(秋夕の時も旧正月の時もそうですが、基本、嫁とその子供達は一番下座に座る。)



比較的楽に、自分のペースで食事をとれます。(ま、たまに遠くから色々言われることもありますが。)



しかし、食堂で食事と言ったら今までの半分以下のスペースに皆が座る。。。



ということは話しかけられる機会も増える、ということではないのだろうか。。。それは面倒くさい大変だ。。。



河原だと食後思い思いに立ち上がって芝生の上を歩いたり、



トイレに行って帰って来る時にちょっとベンチに座って休んでからまた合流など自由に気分転換できていたのに



食堂だとたぶんそんな自由も効かないのでは??息詰まりそうだわぁ...と思ってしまうのです。。。



にゃん太郎母クラスだけじゃなくてにゃん太郎より10歳位年上の従兄弟夫婦(一番上の叔父さんの息子夫婦。ちなみににゃん太郎のお父さんは兄弟の4番目。男兄弟は全部で6人。)もかなりつっこんだ質問とか



はあ?ってな発言してくる時あるから、それも厄介なのよねー。



2番目の叔父さんの息子夫婦はなかなか穏やかだからその人達の隣はありね。



それか結婚してないにゃん太郎の従兄弟達の隣に座るか。(こっちの方が年が近い。)



3番目の叔父さんの息子夫婦のお嫁さんはかなり性格悪そうなのでこの人も避けたいな。。



...というか色々書いてから思ったけど、謎な韓国語を話す私こそ皆が隣に座るのを嫌がるよね。絶対(笑)



あ、にゃん太郎母に食後のデザート(果物)はまた河原でいかがとか何とか言ってみるのもありかな。



食堂で長時間は疲れるからね。



まあ、色々考えると尽きないので、この辺で終わりにします。



ではー。





 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。



旧正月終わりました。
旧正月が終わってなんだかすっきり~のごもすけです。



ま、今回の旧正月もものすごく楽させてもらったんですけどね。( ̄∀ ̄)



移動時間もたったの徒歩10分!!



近所に住むにゃん太郎(夫)の叔母さんの家に集まったので渋滞なども気にせずだらだら歩いて行けました。



しかも今回は親戚の何人かが来られなかったので



当日の配膳、後片付け等も早めに終え、座って休むことができました。



そして私が唯一心配&憂鬱に思っていたにゃん太郎の叔母さんの態度ですが



今回はなぜか超笑顔で迎えられ、彼女の太いたくましい腕で抱きしめられました。



秋夕の時(詳しくはこちら)とは打って変わった叔母さんの表情&態度(しかもハグまで...)に



驚いたのなんのって...抱きしめられながらつい固まっちゃったニダよ...。



ま、とにかく叔母さんのこの態度のおかげで



初めは緊張していた私でしたが、最後の方はとてもリラックスして過ごせました。



話はちょっと変わって。



今回改めてこれはよかったな~と思ったこと。



それはにゃん太郎の親戚の中で私とにゃん太郎しか日本語ができる人がいないということ。



韓国では日本語を勉強したことがあるという人や日本に興味があるという人がそれなりにいるので



にゃん太郎と結婚した当初、日本語がちょこっとでも話せる人や日本に興味がある人が



ま~ったく親戚の中にはいないことに若干寂しさを感じていましたが...



これはこれで楽でいーですわ。



親戚の目の前で堂々と我が夫、にゃん太郎に「これ手伝って」とか「ちゃんとフォローしてね」とか指示を出せるし
(しかし指示を出さなくてもにゃん太郎はちゃんとやってくれる偉い男です。下手すると嫁の私よりちゃんと動いてる時がある。)



親戚が集まってダラダラしてる時、二人で部屋の片隅であほな会話をしながら時間を潰せるし。



今回は食事の後、にゃん太郎母の還暦の集まりについて



にゃん太郎のおじさん、おばさん達がいつも以上に熱いトークを交わしていて
(おじさん、おばさん達で一緒に温泉旅行に行こうと話が出ていますが、行けないという人が何人かいてそれでもめてた。))



その息子、娘、嫁、孫達はひたすらその会話が終わるのを待っていたのですが



皆がその延々と続く似たような話のループに疲れて無口になって待っている時



私とにゃん太郎は部屋の端っこで



「にゃん太郎母の演説がまた始まったニダね。」とか
(話していることがどんなテーマに関わらず、最終的に話しているのは我が姑、にゃん太郎母なのです(笑))



「また同じこと言ってるね。」とか



「今何時?」などと話しながら



私達なりに楽しく過ごせたのですから。



おかげで、にゃん太郎従兄弟達、叔父さん達の息子家族が



もうこれ以上ここにいるのは時間の無駄だと言わんばかりにその場を脱出し、そのほとんどが帰って行く中
(で、帰ろうとすると叔父さん&叔母さん達に「なんで帰るんだ。まだいろ。」と怒られる。)



私達は「私達はちゃんと座って待ってますニダ~と言わんばかりに



少し離れたところでその話しを大人しく聞いているふりをして



点数をいくらか稼ぐことができたのでした。(たぶん)





おまけ。



タイトル 「ぽてとのお気に入り。2」



お気に入りの場所で父にあごをなでてもらうぽてとさん。



meromeropote.jpg



メロメロです。






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




秋夕終わりました。
韓国は先週末、秋夕(チュソク)でした。
(チュソク…旧暦の8月15日に家族・親戚一同が集まり1年の収穫に感謝したり、先祖の供養をしたりする日)



去年の秋夕は日本に行っていたため、今回は結婚して2回目の秋夕で



まだまだわからないことだらけでどうなることやら...と思っていたのですが



終わってみるとやはり...にゃん太郎(夫)一族の秋夕は楽둋빒럻뼹귩볺쀍궢궲궘궬궠궋という結論に至りました。



一昨年の秋夕はソンピョン(松餅)作りで秋夕の前日から心身ともに疲れ果てていましたが
(詳しくはこちら2007年9月のブログ「餅はもうしばらくいいっす。」をご覧ください。)



今年はソンピョンは作らなくてもいいということになり、
(というかにゃん太郎母が一昨年のソンピョン作りの大変さにキレてもうやらないことになった。)



しかもにゃん太郎母がユッケジャン&キムチを全て作ってくれたため



秋夕当日だけ嫁仕事を頑張ればいいだけでした。



それににゃん太郎一族はお墓参りの後に親戚の家に集まるわけでもなく



お墓の近くの公園でそれぞれ持ち寄ったおかずなどを広げて昼食を済ませるのであの大量の皿洗いもなく...



私の嫁仕事というと...ただ単に肉を焼いたり、配膳したりするだけでした。



お昼もご飯を食べたらすぐ解散~という感じだったし。



とっても楽な秋夕でございました。



秋夕当日の我が家のスケジュール。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



6時40分頃   歩いて5分ちょっとのにゃん太郎母宅へ徒歩で移動


6時45分頃   にゃん太郎妹の運転で広州へと出発


8時15分頃   広州にあるお墓に到着


9時過ぎ     親戚全員でお祈り(にゃん太郎一族はキリスト教徒)


10時過ぎ    お墓から昼食を食べる公園へと移動


10時15分頃   昼食


12時15分頃   解散


15時過ぎ    我が家に到着





...すんごい早いでしょ。



昔は昼食の後、親戚内運動会や喉自慢大会をしたりして遊んでから帰ってたらしいけど



今は帰りの高速が渋滞するから!!ってことで早く早く解散するみたいです。



そうそう、この日はにゃん太郎もいっぱい働いてくれて



それも精神的にも肉体的にも助かりました。



昼食の配膳、調理はもちろん



食後に食べる、果物の皮むき&盛り付けもにゃん太郎が全てしてくれました。



ちなみに他の男共(結婚したにゃん太郎の従兄弟共)はなーんにもしないでただ座って待ってやがりましたけどね。



あ、毒出しついでに少しだけ毒吐いていいですか。



今回、こんなに楽させてもらってなんなんですが、ちょっとムカっときたことがあったので。



それはにゃん太郎の叔母さん(`∀´)(にゃん太郎父の一番上のお兄さんの奥さん)の態度。



この叔母さんは自分の家か、自分の嫁の家からかわからないですけど



麦茶か何かを1.5リットルのペットボトルに入れて持ってきていたんですけど



それをなぜか私には絶対触らせない・飲ませようとしないんです!!



食事中、にゃん太郎の姪っ子がのどが渇いたからあの麦茶を飲みたいと言って指をさしたので



その麦茶に一番近い位置に座っていた私はその麦茶を取りに行ったのです。



で、私がその麦茶を持って紙コップはないかとウロウロしていたところ...



叔母さんは私の目をカッと見ながら



「それは叔父さんや叔母さんが飲むんだから飲むな!!」と言ってぱっと私からその麦茶を取り上げたんです。



この時、私は(えー。でも姪っ子が飲みたいってい言ってるんだからいいじゃないー。ケチだなあ...)と思いつつも



(年配の人は水とかジュースとかじゃ嫌なのかもしれないし、ま、いっかー。)と思って



遠く離れたところにある水をコップに入れて姪っ子に飲ませてあげました。



ここまではまあ普通でしょ。



問題はここから。



お昼ごはんもそろそろ皆食べ終わるという頃、にゃん太郎母が「喉が渇いた!」と言って何か飲むものを探していたんです。



その時、にゃん太郎母は座っていたので、少し離れた麦茶を移動して持って来るのは大変だろうと思い
(あと、それを聞いても誰も動こうとしないし。)




私がその麦茶をコップについで持っていってあげようと思ってその麦茶を取りに行ったのです。
(ちなみに麦茶はその時叔母さんのすぐ脇にあった。)



さっきは子供が飲むのが駄目って言われた(と解釈していた)けど



今はにゃん太郎母が飲みたいって言っているし、それをこの叔母さんも聞いていたので



私は何も考えずにひょいとそのペットボトルを持ち上げようとしたんです。



すると私が持ち上げるか持ち上げないかのところで叔母さんはまたしてもペットボトルを掴み



またしても私の目をカッと見てくるのです。



私は一瞬困ってしまって「え?何??」と思いながらも



叔母さんが何を言ってくるのか待っていたのですが



叔母さんは何も言わずただ私の方を見て睨むばかり...。



そこで私はやっとわかりました。



この叔母さんはこの私に、というか韓国の上下関係において一番下の存在(人生経験の浅い娘っ子+一番下の嫁)の私に



どんなにその麦茶が大量に余っていようとも



お前に飲ませる麦茶はねえ!!と思っていたのです。
(というか私はそもそもこの麦茶を飲もうとはこれっぽっちも思っていなかったけどね~。)



もう...この時はびっくりしてしまって数秒ほど固まってしまいましたが



私じゃなくてにゃん太郎母が飲みたいって言ってたでしょ!!ということをアピールするため



私はにゃん太郎母に「お義母さん、この麦茶でいいですよね~??」と聞いたところ



叔母さんはやっとこさ我に返ったのでしょう。



「あ、そうだ。にゃん太郎母が飲みたいって言ってたんだっけな~。」というような変な笑顔を作った後



叔母さんとにゃん太郎母の間にいた私のことなんか全く無視をし



「さ~。どうぞ。」と言って紙コップににゃん太郎母の分だけ麦茶を注ぎ



満面の笑顔でにゃん太郎母に「ウリ麦茶をどうぞ~」ってな感じでその麦茶を飲ませてあげてました。



いや~。本当、あの叔母さんの目、思い出しただけで怖いっす。



古い例えで申し訳ないですけど



ダウンタウンのごっつええ感じのコントの中で「こづれ狼」というのがあったじゃないですか。



それの子役(西川君)役をしている松っちゃんがアシスタント役のYOUをものすごくガン見するのにそりゃあもうそっくりなんですわ。



ちなみにごっつええ感じの「こづれ狼」とはこんなのです。귺긞긵깓?긤긲?귽깑







何回か松っちゃんがYOUをガン見するシーンが出てきますが



一番のおススメは4分10秒以降のシーン(ガン見)です。



これを韓国のおばさんにされたらと皆さん想像してみてください。



すんごい怖いけど、ある意味笑っちゃうでしょ。



ま、とりあえず今度からこの叔母さんの周り&物にはできるだけうろつかないようにすれば



なんとか被害は受けないと思うのでこれからはその点に注意しながら



ワタクシ、これからの嫁生活頑張ろうと思います。( ̄∀ ̄)






おまけ その1。



にゃん太郎一族in昼食を食べた公園



DSCF9673.jpg
(カメラマン:にゃん太郎。にゃん太郎は一族の中でもなんでも屋さん状態です。)



ちなみに西川君ばりに私を睨んだ叔母さんは前列のど真ん中に座っている



黄色と黒と白の派手な服を着たおばさんです。






おまけ その2。



タイトル 「紐と猫。」



ぽてとさんも猫なので紐が大好き。



himopote.jpg



お約束のお運びもします。



himopote1.jpg



ダンボール同様、実家では紐もなかなか捨てられず



おもちゃ箱にありとあらゆる紐が溜まっていくのでありました...。(´ω`)







 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




韓国の会社のボランティア キムチ作り
にゃん太郎(夫)の会社だけがそうなのか



韓国の会社の多くがすることなのかよくわかりませんが



にゃん太郎の会社では業務を半日休んでボランティア活動をすることがたまにあります。



先週もあるボランティア活動に、にゃん太郎の部署から二人(にゃん太郎ともう1人)行ったそうなんですけど



それがですね...



キムチを漬けるボランティアだったんです!!!



今の時期...韓国の家庭では一斉にキムチを作るんですが
(キムチは一年中漬けるけどこの時期一番大量にする)



お金に余裕のない家やお年寄りだけが住む家、または福祉施設などでは



キムチを自分達で用意するのは金銭的にも体力的にも難しいということで



こういう活動が必要みたいです。



さすがボランティア精神溢れる韓国の方々...。



そしてそれさえあれば色々な料理に使え、アレンジできちゃうキムチ...。



なんて素晴らしい活動なんでしょう。



NHKの朝のニュースでもやってたけど、このキムチを漬けるボランティアは



韓国の色々なところで行われたみたいで...



ボランティアの方々...そしてにゃん太郎...本当にお疲れ様でございましたニダ。



あ、でもにゃん太郎はキムチを漬けるボランティア活動の初日に参加したため



白菜を塩漬けにするというにゃん太郎曰く「一番楽な作業をしただけ。(・ω・)」だったそうですが...



sioduke.jpg
(にゃん太郎の携帯カメラの写真より)




...何ですか!?この白菜の山は??
(全部で3,000株あってこの日は半分の1,500株塩漬けしたらしい。)



しかもテントがあると言っても思いっきり屋外じゃないですか!?



こんなところで何時間も作業だなんて...私だったら即風邪ひくわ...。



でもですね...にゃん太郎は仕事よりこっちのほうがずっと楽&楽しかったみたいで



一緒に言った同じ部署の人に記念写真も撮ってもらってました。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



P081119002.jpg



青いつなぎとピンクのゴム手袋がよく似合ってるニダよ...にゃん太郎。



あ、ちなみに にゃん太郎の名誉のためにいっておきますけど



青いつなぎの下に着てるのはにゃん太郎の服ではありません。



胸元にエンブレムみたいのが付いてるけど...この服どうしたのかしら...後で聞いてみよう。






ちょっと話は変わりますけど



韓国では上の写真に写っているようなゴム手袋(その多くがピンク)が日本以上に家庭においてよく使われております。



なぜなら日本以上に乾燥している&洗剤が強いから。



私はと~っても面倒くさがりなのでこのゴム手袋を使わないで食器洗いをしてしまうことがあるんですが



ゴム手袋をしないでいると手があれよあれよという間にかさかさ~のしわしわ~になってしまいます。



おかげで結婚する前までは料理を全くほとんどしなかったっていうのもあり、結構きれいな手だった私の手も



料理下手とは思えないほど主婦っぽい手になってきてしまってます。



にゃん太郎はお肌に関してもそれなりにうるさいけど
(まあ韓国人みんなお肌に関してはうるさい。にゃん太郎母はほぼ毎回私とにゃん太郎妹のお肌チェックをする。)



手に関してはさらに何かこだわりがあるらしく



この間は「女の人は手に年齢が表れるんだから気をつけるように。」と珍しく真剣な顔で言ってきて



先週末は新しいゴム手袋も買ってくれました。
(ピンクは韓国チック&おばさんぽくて嫌だと言ったら黄緑色の買ってくれた。)



果たしてこの冬はちゃんとゴム手袋を使っていけるのだろうか...
(ちなみに去年も新しく買ってもらっておいて半分くらいしか使わなかった。)



でもこの間電車の中で隣に座った女子大生の手と自分の手が明らかに違うのを見て1人愕然としたし...



にゃん太郎監視下の元(にゃん太郎は時々私の後片付けの様子や包丁さばきを後ろからチェックしてる)



できる限り使っていきたいと思います。(・ω・)







おまけ。



タイトル 「お腹だけ別の生き物。」




ぽてとのお腹はカンガルーでしたが



potatonoonaka2.jpg



梅ちゃんのお腹は



tanukionaka.jpg



ぽんぽこたぬきのお腹でした...。(´ω`)







 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




韓国版「母の日」&「父の日」
今日、5月8日は韓国では「オボイナル」という日で、日本の「母の日」と「父の日」を合わせたような日です。



日本以上に家族の結びつきが強いというか濃いというか特殊な韓国なので



これが結構盛り上がります。



母の日と言えばカーネーションですが、



韓国ではお花屋さんはもちろん



コンビニや



駅の売店、



小さな商店、



地下鉄の通路(いわゆる不法の即席売り場ね。)



道端(あんた達どこから来たのよ。という位わいて出てくる。)など



何か物を売るお店の前にはとりあえずカーネーション



が置かれています。



で、私達のオボイナル、主役はもちろんにゃん太郎(夫)母(`∀´)です。



そして、にゃん太郎家では「5月8日=オボイナル」ではなくて



「5月7日=オボイナル(のプレゼントを渡す日&顔を見せに行く日)としているみたいです。



当日だと会社が終わってからにゃん太郎母の家に行くことになり



そうすると夜遅くなってからじゃないと渡せないので可哀相だということだそうです。



これには私もかなり納得っす。



夜になるまでプレゼントがもらえないにゃん太郎母の気持ちを思うとっていうのももちろん、



これから書く、韓国的文化を思うとさらに納得!!なんです。



韓国のおばさんが好きなことの1つに他人に(身内にも、っていうか誰にでも)自分の息子(娘)のことについて自慢するというのがあります。



普通、日本のお姑さんだったら、お嫁さんに息子の話をする時、



甲斐性がない息子でごめんねえ。



とか



よくうちの息子と結婚してくれたわねえ。



とか



〇〇さんには色々苦労させるわねえ...



とか言うと思うのですが



韓国ではそんなことはほぼないっす。



にゃん太郎母も典型的な韓国の母なので



「私の息子最高귺긞긵깓?긤긲?귽깑発言で何回も私にカルチャーショックを与えてくれました。



例えば「ウリ(私達の意味)にゃん太郎は賢くて...」うんぬんなどの



うちの息子はこんなに能力があるのよ発言をしたり
(韓国で男の人に「能力がある」というのはは最高の褒め言葉)




「ウリにゃん太郎はとってもいい子で...(女の子に)人気もあって...」という



お母さん、いい子なのはまあ半分うなずけるけど



後半部分は明らかに適当に言った言葉ニダだね...発言をします。
(にゃん太郎は韓国女にもてないらしい。)



そしてよくそんなに自慢話を考えられるなという位「ウリ息子」について語った後は



「にゃん太郎と結婚できて、ごもすけ、あんた幸せ者ニダよ~」で終わります。



この話...果たしてうちの両親の前でもできるのかどうか一回試してみたいです。(でも普通にできると思う。)



ああ、そうそう。これから韓国の方と結婚されることがあるかもしれない方へ。



自分の親と韓国の彼氏(彼女)の親が会う時に



できるだけ親に「あまり謙遜しないように」言っておいたほうがいいと思います。



私の場合は本当に私が「なんにもできない娘」だったので結局は嘘ではなかったのですが



料理は好きじゃないけど...でも一応色々作れるレベルの人で



「料理はそんなに得意じゃないです。」とか謙遜しまくったら



ほぼ高い確率で文字通りそのまま「この娘っ子は何もできない子なのニダね。」と受け取られますから。



皆さん、ちょっと料理をするくらいでも



「料理得意です☆」と言っちゃいましょう。



ばれた時は「和食は大丈夫なんですけどぉ~。韓国料理はちょっと難しいですね☆」と言ってごまかしましょう。



ここ韓国では言っちゃったもん、やっちゃったもん勝ちですからね。



めちゃくちゃ話がそれまくりましたが



「オボイナル」のプレゼントを前日の夜に渡す件について、話を戻します。



つまり「オボイナル」の前の晩に渡した方が



当日の夜に渡すよりさらに長い時間



「これ、息子にもらったニダよ~。(`∀´)」とにゃん太郎母が近所の人に自慢できるのです。



にゃん太郎...あんたはいい息子だよ。



いつもは悪い嫁の代表のような私ですが



こういうイベントは(私なりに)ちゃんとしようと思い



昨日は朝からにゃん太郎母のためにお菓子作りをしました。
(またパウンドケーキっす。野菜ケーキを作ろうとしたらにゃん太郎に「おかんはそういうケーキは好きじゃない」と言われて作れなかったっす...。)



日頃の感謝という意味もありますが



「息子自慢のついでに嫁自慢もさりげなくしてもらおう」という魂胆もあります。



そして、昨日の夜、にゃん太郎と一緒ににゃん太郎母の家を訪問。



にゃん太郎母はいつも以上ににこにこ顔で迎えてくれました。



そしてカーネーションとできそこないバナナパウンドケーキをプレゼント。



にゃん太郎母も嬉しそうに受け取ってくれました。



そしてそして...



私は最後ににゃん太郎母にとっても素晴らしいプレゼントをあげました。



それは、にゃん太郎の抱擁둋빒럻뼹귩볺쀍궢궲궘궬궠궋っちゃんです。



若干照れるにゃん太郎とにゃん母の間に入って「にゃん太郎、お母さんを抱くのだよ。」と言って



親子の愛の抱擁を演出してあげたのです。



にゃん太郎母はプレゼントをあげた時よりももっともっと笑顔になっていました。



でも照れなのか本当にそう感じたのかこんなすごい一言を。



「おじさんの臭いがするっ。(`∀´)」



久しぶりのにゃん太郎との抱擁で



にゃん太郎の成長を感じていただけたようで何よりニダ...。( ̄∀ ̄)







おまけ。



タイトル ~いつ見ても楽しいぽてとのぷりケツと尻尾~



potetonosippo1.jpg
                ぷりぷり




potetotosippo2.jpg
                        ぷりっ



下の写真だけ見るとホント、うさぎみたいだね...ぽてと。(´ω`)






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。



私の旧正月&韓国野良にゃんこ1匹攻略っす。
無事、にゃん太郎一族と過ごす旧正月が終わりました。



この旧正月、旧盆と同様、韓国のお嫁さん達にとってはとても大変な日なんですけど



私...去年の旧盆以上に楽な旧正月を過ごさせてもらいました。(´ω`)



旧盆はチュンジュ(忠州)のにゃん太郎の叔父様の家へ、



渋滞の中ソウルから片道3時間半かけて行くのにかなりのストレスを受けたりしましたが
(車酔いが激しいのです。(‐ω‐;))



嫁としての仕事はその前の日のお餅作り、当日の料理の配膳、後片付けだけだったので



すごくすごく楽だったんです。
(でもやはり色々なストレスで口にデキモノができたんですけど。(‐ω‐;))



で、今回はというと。



ソウルのすぐお隣のプチョン(富川)のにゃん太郎の従兄弟のお家で集まったので



渋滞にも巻き込まれず、普段、市内の中心部に行く時よりもっと楽に移動できたし、



料理もそれぞれの家で持ち寄らないでいいということで、作らなくて済み、



この上なく楽なお正月だったんです。
(だから結局私がした嫁仕事は料理の配膳、後片付けだけ。(・ω・))



しかも今回初めてにゃん太郎一族の旧正月の集まりに参加したからなのかよくわかりませんが



なんと、私、お年玉もちゃっかりゲットしてしまったんです~。(`∀´)



今回、このお正月のために支出が多くてちょっとブルーになっていたのですが



このお年玉でばっちり元をとることができました。



しかもにゃん太郎の従兄弟の奥さんから「今日はご苦労様。(`∀´)」



ちょっとお高めの石鹸&ボディソープ&ボディーローションセットまでもらい



「韓国の旧正月、なかなかいいじゃないニダか~。(´∀`)」とホクホク顔で帰れました。



今回はにゃん太郎の親戚が前よりこの外国人嫁に慣れてくれたのか



色々話かけてきてくれて、それもなかなか楽しかったです。



今度の集まりの時にはもっと色々話せたらいいなと思います。



そのためにはやはり韓国語の勉強をもっと頑張らねばと思いました。



あと、もっとすばやく動けるように今の常にスローな動きを普通の人の動きくらいに



早くする練習もしたいと思います。(・ω・)ノ





귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑   귺긞긵깓?긤긲?귽깑  





ここからは今日の夜出会った猫ちゃんundefinedのお話を。



夜の散歩で猫ちゃんに会える確率は30%、



近所に猫が多いと言っても夜遅くの散歩の時はなかなか猫達に会えません。(寒いから)



でも今日はまとめて2匹の猫ちゃんに会えたんです。



今日会ったにゃんこ귺긞긵깓?긤긲?귽깑



DSCF5045.jpg




この黒白にゃんこちゃん&



DSCF5038.jpg




茶白にゃんこちゃん。



この辺で見かけるにゃんこ達は皆「猫好きおばさん」を待っている時意外は



近づくとすぐ逃げてしまうことが多いのですが



今日見た猫ちゃんのうちの一匹の黒白にゃんこちゃんは



近づいても全く逃げず、私達が座ると



「ぅにゃあぁ~ん。」と、



まるで飼い主を出迎える猫ちゃんのような鳴き方で近寄って甘えて来たんです!!



私達は夜の散歩でカメラを持ち、猫達の写真を撮っては喜んでいるのですが



この猫ちゃんは、にゃん太郎が猫ちゃんの写真をとろうと近づくと



DSCF5058.jpg




このように足元にちょこんと座ってしまってなかなかお顔の写真が撮れないほど



とても人懐こい猫ちゃんでした。



カメラをかまえているにゃん太郎が近づくとにゃん太郎の足元に行ってしまうので



私が「にゃ~ん。おいで~。(´д`)」と呼んでみると...



猫ちゃんはまた「「ぅにゃあぁ~ん。」」と、



大きな声で返事をして来てくれました。



そして、そして...ついにワタクシ、ごもすけ...



韓国野良にゃんこを初めて撫で撫ですることに成功したのでございます。



これが記念すべき初撫で撫で写真귺긞긵깓?긤긲?귽깑




DSCF5019.jpg




どうですか、この仲睦まじさ!!(`∀´)



なんて微笑ましい光景なんでしょう。



写真を撮っているにゃん太郎も思わず「いい写真撮れてますぜ。」と言っちゃうほどですわ。



もう、この時の私はにやけまくりでしたわ。



今まで何度も何度も韓国野良にゃんこにはフラレまくってきましたからね...。



最後にはちょっとうるうるしてしまいました。



このにゃんこちゃんは今日初めて見たのですが、こんなに人懐こいにゃんこちゃんが私達の家の近所にいるとは...。



とりあえず韓国野良にゃんこ、一匹攻略っす!!



夜の散歩がさらに楽しくなりそう...。(´ω`)






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。





初秋夕(チュソク)の感想。
昨晩、緊張のあまり3時間半しか寝られず朝っぱらから鼻血を出したごもすけです。



さきほど我が家に帰って来ました。



初秋夕(チュソク)の感想。



思っていたより楽だった。(。・ω・。)



心配していた料理などの嫁の仕事も



にゃん太郎一族では肉料理、その他のおかず、キムチ、お餅、果物&飲み物を



それぞれ一家族ずつが担当し、それぞれの家で作って持ってくるので



めちゃくちゃ楽でした궺궞갃



だって今日私&その他二人のお嫁さんがしたことって言えば



肉を焼く(他のおかずは再加熱する)&配膳する&後片付けをするってなことくらいでしたから。



おかげで私の不器用ぶりがそんなにバレることは(たぶん)なかったように思います。



あと、外国人の嫁の私に注目が集まって



皆から質問攻めに合うかということも心配していたのですが、



にゃん太郎の親戚は外人慣れしてない&人の話を聞かないで自分の話をしたがる人達の集まり(にゃん太郎談)だったので



私の希望通り、程よく質問をして適当に放っておいてくれました。






感想に引き続き、初秋夕で驚いたこと。



にゃん太郎のお母さんは9人兄弟の4番目の息子のお嫁さんなのに
(韓国では普通一番上の息子の嫁の権力が強いです。そして2番目、3番目と権威が下がるらしいです。)



親戚の女性の中で親分的な存在だったこと。



食後に果物を食べていた時



にゃん太郎のお母さんは一番上座に座って



他の親戚の女の人に説教というか何か持論を熱く語っていました。



今まで親戚の中にいるにゃん太郎のお母さんを見て、



「もしや...(‐ω‐;)」と思っていましたが



やっぱり彼女はにゃん太郎一族の女ボスでした。



そして私のボスでもあります。(‐ω‐;;)






にゃん太郎の親戚の家の周りの写真~。



2007_09260551.jpg
(平和な田舎の風景。田舎者の私が言うのもなんですが、すっごい田舎でびっくりした。)



2007_09260553.jpg
(家の前に広がる風景。)



2007_09260539.jpg
(家の庭の片隅にたっているガレージ風なお茶のみ場で茶をする男の人達)


2007_09260533.jpg
(ペットのわんこ)



そしてそして...



この家にはなんと



2007_09260534.jpg




エルクがいました。



韓国ではこのエルクの角を漢方薬に使うそうで、この家ではエルクを育てているそうです。



2007_09260538.jpg
(角切られちゃったのね、アンタ...)



あ、そうそう。



さきほど初秋夕、思っていたより楽だったと書きましたが



超チキン&へたれな私はにゃん太郎の親戚の家に行くまでの車の中で



緊張しすぎて唇にデキモノができてしまいました。



ストレスを受けた時に出るアレです。



なんてやわなんでしょうか。



こんな楽な思いをしたのに口にデキモノですからね。



にゃん太郎もかわいそうな子を見る目で私を見ますからね。



早くこのデキモノが治ってへたれな自分のことを忘れたいです。



まあ、今回はこの民族大移動も初体験だったからそのストレスで
(日本でも帰省ラッシュを体験したことありませんでしたから...1分で親戚の家に着きますから...)



デキモノができたと自分自身に言い聞かせようと思います。





 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。



プロフィール

gomosuke2

Author:gomosuke2
ごもすけ(日本人・女)…78年7月生まれ。
にゃん太郎(韓国人・男)…77年1月生まれ。
2002年知り合い、2007年2月結婚しました。
ソウルの端っこ、金浦空港の近くに住んでます。
暇さえあれば空港内をうろうろしてる夫婦です。
2010年8月7日、にゃ子(娘)が産まれました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー
最近の記事
国際結婚&猫ブログランキング

ぽちっと一発 (●`・ω・)⊃ 応援の猫パンチお願いします。

月別アーカイブ

最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。