猫好き日韓夫婦の生活・周りの人々について書いてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モラン市場(犬肉市場)から救出されたわんこ、サラン。
月曜日、ブログを通して知り合ったYさんと梨泰院で会ってきました。



このYさんは都内在住の方ですが、20年ほど前から韓国と日本を行ったりきたりしている韓国通듰뜎



そして更には動物関連のとてもお忙しいお仕事の合間に韓国・日本において



犬猫の保護活動undefinedをされている方です。



年に数回は韓国を訪れてらっしゃるこのYさん、



今回は韓国で運命的な出会いをしたワンちゃんのサラン(愛)ちゃんを日本に連れて帰るために



日曜日に韓国にいらっしゃったとのことでした。



P091026002.jpg
(この子がそのサランちゃん。携帯のカメラで撮ったため、画質悪いです...。)



お口のところが受け口(Yさん談)で大人しくてとっても可愛いわんこちゃんです。



こんな大人しくて利口で可愛いサランちゃんですが



この子、実はあの犬肉市場としても有名なモラン市場



「食べてもよし、飼ってもよし」



と、お店の人に言われながら売られていたわんこなんです。



しかもお店の人はまだまだ小さな小さな子犬だったサランちゃんの



前足だけをむんずと掴み、持ち上げながらそんな話をしたそうです。



この話を聞いた時に私はもう悲しくて悲しくて...。



Yさんにお目にかかって10分も経っていませんでしたが



目の前にいるこのサランちゃんがそんな扱いを受けていて、



そしてそんな子達が今までたくさんいて、これからもいるんだと思うと涙が溢れてしまいました。



このモラン市場は先ほども書きましたが普通の市場の他に犬肉売り場がありますが
(加工された肉も並んでいるし、もちろん生きていてこれから食べられる犬も陳列されている)



その他に犬や猫などをペットとして売っているコーナーもあるそうです。



サランちゃんはその犬肉専門ではないスペースで売られていたみたいですけど
(犬は4万ウォンか5万ウォン、猫は5千位の値段。市内のペットショップに比べたら破格の値段。)



お店の人の動物に対するこの態度...。



市場のペット売り場の人全てがそうじゃないだろうと願いたいですが



少なからずこの市場には動物=商品、ただの物という考えしか持っていない人達が存在するのです。



あ...書いていてものすごくへこんでしまった...。



で、このサランちゃんとYさんがモラン市場で出会ったのが去年の12月。



Yさんはその間、サランちゃんをソウルの知り合いの家に預け日本に連れて帰る準備(検疫手続き等)を着々と進め



今回やっと一緒に帰れることになり
(Yさんは預けている間もサランちゃんに会いに何回もソウルに来ていたそうです。)



昨日、Yさんとサランちゃんは日本へと飛び立ちました。귺긞긵깓?긤긲?귽깑



サランちゃんはこれからもYさんの、そして家族や周りの愛情をいっぱい受けて



今まで以上に幸せな生活を送っていくことでしょう。



サランちゃん、いつまでも元気に長生きするんだよ~。



sarang.jpg
      (Yさんの隣で大人しく座るサランちゃん。一応バイリンガルです。)






おまけ。



タイトル 「二匹のサラン。」



Yさんがサランちゃんを預けていたKさんは



サランちゃんが日本に行ってしまうのが寂しいみたいでこの子と一緒に暮らし始めたそうです。



P091026007.jpg
(白ポメのサランちゃん。私と目を合わせてくれない...。)



P091026009.jpg
(甘えん坊でずっとKさんの椅子の下にいた。)



sarang2.jpg
(Kさんの膝に乗せてもらえてご満悦の白ポメサラン。そしてそれを見つめるサランちゃん。)







 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




スポンサーサイト
ダイナミックすぎる韓国わんこの食事風景。
今日はとても恐ろしい光景を目にしてしまいました。



夕方、家の近くを歩いていたら...



一匹のわんこ긲긏?깓?



牛か豚の頭の骨(多少肉付き)を夢中で食べていました。



遠くから見た時は



ボールか何かで遊んでいるのかと思ったんですけど



わんこに近づくにつれ



ボールとは思えない奇妙な形が見え出し(しかも巨大)



ボールからは普通聞こえてこないような



ゴロゴロ...という音が聞こえ、



わんこから3メートルの距離に来た時には



明らかにボールにはない、目と鼻らしきものが見え



そしてその物体の薄ピンクのリアルな質感



私は驚きのあまり足が止まってしまいました。



本当はすぐにでも逃げ出したかったんですけど



人間、あまりにも恐怖を感じるとすぐに動けないものなんですね。



10秒位その場から動けませんでした。orz



その10秒の間に



わんこは頬と思われる部分に残ったその薄ピンクのお肉を



むしゃむしゃとおいしそうに食べたり



目の辺りの骨をあむあむとこれまたおいしそうに噛んでいました。



あまりにも夢中に食べていたので



豚か牛の頭と思われる物体は



まるでダンサーのようにくるくると絶妙なスピンを披露してくれました。



ちなみに私がこのわんこちゃんと頭を見たのは



家の近くの小さな食堂の入り口のすぐ脇です。



頭の薄ピンク具合から



たぶん食堂で頭をスープか何かの材料に使った後



その家のわんこちゃんに「はいよっ。(`∀´)ノ〇」と言って



あげたものだと思うんですけどね...



あげるなら食堂の後ろとかであげてほしいっすわ...。



今までのブログで書いたかどうかわかりませんが



私...お肉って食べるのも(生の肉を)見るのも、触るのも嫌いなんです。
(挽肉はまだ我慢できる。)



でも韓国ではお肉が好きな人が多いのか



スーパーや市場に行くと



鶏肉を一羽まるごと됭売っていたり



豚さんの足긙깈긂깓が並んでいたり



もっとディープな時は豚さんの頭やわ〇このお肉が売っていたりして



目のやり場にとてもとても困ります。



だからお肉売り場の近くを歩く時は



肉エリアには絶対目をやらないように



顔をそむけるか、うつむきながらか、あるいはわざと焦点を定めないようにして歩きます。



そんな努力までしてお肉を避けてきた私が



まさか今日の夕方、道端であんな恐ろしい光景を目にしてしまうなんて...



本当に運がないとしか言いようがありません。



あ、でもそういえばこの間、家からちょこっと離れた食堂で飼っている中犬も



何かの足らしきものの骨(しかも大量)を食べてたっけなあ...。
(この時はこの食堂が家に行く通り道じゃなかったのでよく見なかった。)



さすがダイナミックKOREA듰뜎......。



食事のあげかたもダイナミックっす。



まあ、でも何かの足や頭の骨をもらっているのは



食堂のわんこちゃんぐらいだと思うので



これからは食堂で飼われているわんこちゃんを見るときは



十分注意しながら凝視(だってすんごく可愛いんですものっ。)しようと思います。







おまけ。



姉から送られてきた姉の友達のわんこちゃんの写真。


nuigurumigenmai.jpg



この子も何かの足や頭をもらったら



野獣のように夢中になって食べちゃうのかしら...。(‐ω‐;)






 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。




いっぱいわんにゃんに会ったよ。
昨日、早く寝たにもかかわらず昼12時まで爆睡したごもすけです。



なので今日は朝も昼も夜もにゃん太郎が料理귺긞긵깓?긤긲?귽깑をしました。
(私は朝ごはんを食べてまた寝た)



2007_09270564.jpg
(にゃん太郎が作ってくれたトマトとツナのパスタ。)




にゃん太郎...なんていいやつなんだ...。( ̄ω ̄〃)






今日はにゃん太郎と一緒にバドミントンをしに行きました。
(あ、私達、共通の趣味の1つがバドミントンですから...。結婚式でも二人の紹介のところで「二人の共通の趣味はバドミントンで...」と紹介されましたから...)



自転車で行ったのですが途中でカレーにゃんこを発見。



すぐ引き返して写真を撮りました。



2007_09270555.jpg
(でも一枚しか写真撮れなかった...궺궞갃



バドミントンは「今日は軽くしよう」と言っていたにもかかわらず



やっぱり今日も二人とも超真剣궸궯궞귟걭걭걭に打ちまくりました。



にゃん太郎をこてんぱんに負かし、これで昨日のストレスもちょっとは解消☆ってか!? ( ̄▽ ̄)ノ



帰り、家の近くにいつもいる白いわんこが一匹だけでいたので



写真を撮ってみました。



この犬、私好みのわんこちゃんで見かけるたびに心の中で叫んじゃいます궺궞갃



2007_09270558.jpg
(この子궺궞갃。にゃん太郎の動物的オーラに警戒してるわんこ。)




2007_09270560.jpg
(色といい、顔形といい、全て私好み궺궞갃



2007_09270556.jpg
(足長っ。これからたぶんもっともっと大きくなるんだろうなあ。成長が楽しみ☆)



今日は夜もにゃんこ二匹見られました。



一匹はたぶんお腹が大きかったからお母さんにゃんこ、



そしてもう一匹は中にゃんでした。



中にゃんは中学校の草むらでおっきいのを出そうと踏ん張っていました。



踏ん張っているにゃんこを見たらちょっとだけ実家の梅ちゃんを思い出しました。



梅ちゃんは何をしていてもかわいいんですよ...







唇のデキモノ、全くよくなる気配がありません。



土曜日には人に会う予定があるので



それまでに少しはよくなってほしいです。



にゃん太郎には「デキモノを気にしているからよくならないんだ」と言われましたが



気にしないようにしていても常にジンジンと痛みがあるので



それは無理な話なのですよね。



早く普通の顔になりたいです。
(今顔がかば夫みたいだから。)



しばらくは余計なことを考えないように脳と心を半分位使う(?)ことにします。



これ、韓国に住むにあたってはたまには必要なのよね。(○´艸`)





 뤵ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、(●`・ω・)⊃応援の猫パンチお願いします。



韓国の動物保護法
韓国では2000年頃からペットブーム귺긞긵깓?긤긲?귽깑긓?긎?が始まりました。(たぶん)



ペットブームの始まりの頃は、



尻尾や耳がショッキングピンクのプードルなどをよく見かけました。



目立ってなんぼの世界です。( ̄▼ ̄)



今は以前と比べたら落ち着いてきていますが、



やはり目立ってなんぼの世界です。( ̄▼ ̄)



電車の中で犬を抱っこしてる女の子(女子大生風)や、



スーパーに犬を連れてきてる女の子(女子大生風)も時々見ます。



もちろん紐などつけてませんよ。



籠などにも入れてませんよ。



普通に抱っこです。



それと家の近くは下町だからか、



紐をつけて散歩をしている人をあまり見かけません。



韓国の犬は自由です。



よく言えば西欧風??



で、すごいのが犬が一人で散歩をしたりすることです。



2007_04240395.jpg
こんな風に。



猫探索ツアー中に見かけたので、



一瞬、ばかでかい猫undefinedかと思いました。



この他にも、チワワが一人暴走깛긲してるのも見たことがあります。



韓国のチワワはどうやら弱くないようです。



それと、う○こ袋を持って歩いてる人もほとんど見たことがありません。



どこでう○こさせてるのでしょうか。(‐ω‐;;)







こんな自由な韓国のペット事情ですが、



この間、テレビでこんなニュースが流れてました。



次のような動物保護法が来年の1月末から試行されるそうです。(。・ω・。)



その内容とは...



外出時にはペットの認識票と紐をつけなければならない



ペットの排泄物はすぐ処理しなければならない



排泄物を処理しなかったり、紐をつけていない場合は10万ウォン以下の罰金귺긞긵깓?긤긲?귽깑が課される



認識票をつけていない場合は20万ウォン以下の罰金귺긞긵깓?긤긲?귽깑が課される



というようなもののようです。



他にも自治体によってはペット(今回は犬だけ)の登録が義務化されるとか。



登録義務を怠ると30万ウォン以下の罰金귺긞긵깓?긤긲?귽깑らしいです。



まさかと思っていたけど、登録は義務じゃなかったのですね。( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ



この法律が施行されて少しずつでもいいから何かが変わることを期待します。






↑↑ブログランキングに参加しています。ぽちっと一発、応援の猫パンチお願いします。





プロフィール

gomosuke2

Author:gomosuke2
ごもすけ(日本人・女)…78年7月生まれ。
にゃん太郎(韓国人・男)…77年1月生まれ。
2002年知り合い、2007年2月結婚しました。
ソウルの端っこ、金浦空港の近くに住んでます。
暇さえあれば空港内をうろうろしてる夫婦です。
2010年8月7日、にゃ子(娘)が産まれました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー
最近の記事
国際結婚&猫ブログランキング

ぽちっと一発 (●`・ω・)⊃ 応援の猫パンチお願いします。

月別アーカイブ

最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。